SharePoint の [サイト コンテンツ] ページ

SharePoint の [サイト コンテンツ] ページ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

新しい SharePoint Online の [サイト コンテンツ] ページは再設計され、サイト訪問者、人気上昇中のコンテンツなどのサイト内のアクティビティを、サイト所有者、メンバー、訪問者が簡単に確認できるようになりました。さらに、リスト、ドキュメント ライブラリ、サブサイト、アプリを追加するアクセスがわかりやすくなりました。以前に [サイト コンテンツ] ページを使用したことがある場合、使用したすべての機能も表示されます。

[サイト コンテンツ] ページ

注: [サイト コンテンツ] ページが次のような表示でないことがあります。新しい [サイト コンテンツ] ページは、今後数か月間をかけて展開する予定です。新しいページに更新されるまでお待ちください。

[サイト コンテンツ] ページに移動する

[サイト コンテンツ] ページに移動するには:

  1. サイト コンテンツを表示するサイトに移動します。

  2. 左側にある [サイト コンテンツ] をクリックします。または、[設定] [サイトの設定] の代わりになる小さな [設定] ギア に移動し、[サイト コンテンツ] を選びます。

新しい [サイト コンテンツ] ページに表示される内容

サイトの訪問者と人気上昇中のコンテンツ

過去 7 日間のサイトの訪問者数を簡単に確認できるようになりました。また、過去 2 週間の人気上昇中のコンテンツ (サイトの人気の高いコンテンツ) も確認できます。

サイト コンテンツの訪問者数と人気上昇中のボックス

サイト訪問者の詳細を確認するには、[サイト訪問者] ボックスの上部にある [レポートの表示] リンクをクリックします。その他のコンテンツやビュー数を表示するには、[人気上昇中のコンテンツ] ボックスの上部にある [レポートの表示] リンクをクリックします。次のようなレポートが表示されます。

サイト レポート

ヒント

コンテンツの作成と設定の基本的な操作方法については、[ヒント] ボックスを参照してください。設定するページに直接移動し、サイト、リスト、ライブラリなどをカスタマイズできます。[次を表示] をクリックして各ヒントを表示します。

[サイト コンテンツ] の [ヒント] ボックス

新しいリスト、ドキュメント ライブラリ、サブサイト、またはアプリの作成

よく使うアイテムを作成し始めるには、[ヒント] ボックスを使用する以外に、ページの上部にある [新規] をクリックし、使用するページに移動して新しいアイテムを指定して設定します。

すべてのコンテンツとサブサイトの表示と編集

[コンテンツ] を選ぶと、サイトのすべてのコンテンツの使用している表示と操作機能 (ドキュメント、サイトのリソース ファイル、ページなど) が表示されます。

[サイト コンテンツ] ページの [コンテンツ] セクション

[サブサイト] を選ぶと、サブサイトとそれぞれのビュー数が表示されます。また、操作するには、目的のサブサイトをクリックします。省略記号 (...) をクリックし、そのサブサイトの [サイト コンテンツ] ページに移動します。

[サイト コンテンツ] ページの [サブサイト] セクション

どうすれば戻るには従来の操作環境ですか。

場合はの左下にある [クラシック SharePoint に戻る] をクリックして、サイト コンテンツ] ページの [クラシック エクスペリエンスに戻ることができます。ブラウザー セッションの残りの部分の従来のエクスペリエンスになります。場合、ブラウザーを閉じて、[サイト コンテンツ] ページをもう一度開くが発生する新しいサイト コンテンツもう一度表示されます。

管理者が既定の環境をユーザー用にクラシックに変更する必要がある場合は、以下の手順に従います。

  1. [管理センター]、[SharePoint] を順に選択します。

    管理者, SharePoint

  2. [設定] を選びます。

  3. [SharePoint リストとライブラリの環境] の横で、[クラシック環境] または [新しい環境 (自動検出)] のいずれかを選びます。

    既定のリストやライブラリ環境の設定

注: このセクションではリストとライブラリが対象になっていますが、サイト コンテンツ用に既定の環境を設定する場合にも使用します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×