SharePoint の予定表を表示および更新する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

表示し、Outlook の予定表を操作するのと同じように、SharePoint の予定表を更新できます。Microsoft Outlook 2010 を使用して予定表を表示する SharePoint サイトのサイド バイから Outlook の予定表と予定表のオーバーレイが 1 つの 1 つの予定表のように表示し、[予定表間でイベントをコピーします。

注: この記事で説明する機能には、組織の環境での Microsoft SharePoint テクノロジが必要です。これらの機能は、SharePoint 2007 を使用した最適な以降に機能します。Microsoft SharePoint のバージョンが、サーバーで実行されていることを確認していない場合は SharePoint 管理者に依頼します。

SharePoint の予定表を Outlook に接続するときに,の下に表示他の予定表の予定表フォルダーにします。

  1. Web ブラウザーで SharePoint サイトの予定表を開きます。

    予定表が見つからない場合は、すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、予定表の名前をクリックします。

  2. [予定表] タブの [アクション] で [Outlook に接続] をクリックします。

  3. Web サイトからプログラムを開くことを許可するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[許可] をクリックします。SharePoint の予定表を Outlook に接続するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

    Outlook の [予定表] の [その他の予定表] の下にあるナビゲーション ウィンドウに、SharePoint の予定表が追加されます。

一度にすべてのイベントを確認できるように、SharePoint の予定表と Outlook の予定表またはその他の SharePoint の予定表を重ねて表示ことができます。

既定では、SharePoint の予定表を他の予定表のナビゲーション ウィンドウで [予定表ビューで開きます。サイド バイ サイドの予定表] ビューで、既定の予定表の横にある他の予定表として表示されますが、その他の予定表を表示したくないのチェック ボックスをオフことができます。

  1. [予定表] のナビゲーション ウィンドウで、他の予定表のチェック ボックスをオンまたはオフにして、重ねて表示する予定表をすべて選択します。

    選択した予定表は、直前に開いた予定表の右側に開きます。

  2. [予定表] タブの ボタンの画像 の矢印をクリックします。

    ポイントまたはクリックすると、矢印の色が変わります。矢印をクリックすると、タブが左側に移動します。これで、予定表が重ねて表示されます。

  3. 別の予定表を重ねて表示するには、上記の手順を繰り返します。

重ねて表示されている予定表を削除するには、[予定表] タブの矢印をクリックするか、ナビゲーション ウィンドウで予定表のチェック ボックスをオフにします。

SharePoint の予定表には、Outlook の予定表と同じように予定および終日のイベントを追加できます。

  1. Outlook では、SharePoint の予定表を開きます。[ホーム] タブの [新規作成] で、追加するイベントの種類をクリックします。

    カスタムの定期的なパターンをいくつか、SharePoint の予定表ではありませんが、定期的なイベントを作成することもできます。

  2. Outlook と同じように、イベントに関する情報を入力します。

  3. [保存して閉じる] をクリックします。

ヒント: SharePoint の予定表と Outlook の個人の予定表の間でアイテムをドラッグするか、またはコピーして貼り付けできます。

  1. 予定表のナビゲーション ウィンドウの [その他の予定表] で、削除する予定表を選択します。

  2. 予定表を右クリックし、[予定表フォルダーの名前を削除] をクリックします。

  3. 削除の確認メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

注: この手順では、予定表は Outlook からのみ削除され、SharePoint サイトからは削除されません。

予定表、サイトで有効にコンテンツを受信するメールの場合、予定表アイテムを電子メールの送信で追加できるようには、SharePoint の予定表を設定できます。

SharePoint サイトの予定表に会議出席依頼を送信するときは、SharePoint サイトの予定表で他のイベントを操作するときと同じように操作できます。ただし、会議出席依頼を変更しても、SharePoint サイトの予定表から出席者に更新が自動的に送信されません。たとえば、会議の開催場所を変更した場合は、出席者に変更を通知する必要があります。

予定表のアイテムを送信するには、通常どおりに Outlook を使用して、会議出席依頼または予定を送信します。会議出席依頼の [する] または [ Cc ] ボックスに、SharePoint の予定表のアドレスを追加します。または、SharePoint グループには、既に予定表が含まれている場合は、代わりに SharePoint グループのメール アドレスを追加します。

予定表は、そのアイテムの添付ファイルを受信するようにしてメールを設定できます。リスト アイテムと添付ファイルを含めるには、通常どおり会議出席依頼にこのファイルを添付します。

メールを送信するには、予定表に、前に、予定表は、メールを受信し、アドレスを取得する場合は、セットアップしているかどうかを知る必要があります。

予定表のメール アドレスを取得するのには、次のいずれかの操作を行います。

  • アドレス帳に表示されます。メール アドレスが登録されていない場合は、予定表を設定した人物から取得できます。[追加できます、連絡先リストに後から簡単に検索できるようにします。

  • 予定表のタイトルのすぐ下に表示される、予定表の説明を表示します。サイトの所有者が、説明を予定表のメール アドレスを追加している場合します。

  • 予定表の設定を表示する権限がある場合は、リストの電子メールの設定を参照します。

    1. Web ブラウザーで SharePoint サイトで、予定表を開きます。

      予定表の名前が表示されていない場合、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックしてから予定表名をクリックします。

    2. [予定表] タブの [設定] で [リストの設定] をクリックします。

      予定表が有効なメールを受信] ボックスの一覧については、電子メール アドレスの横にある [アドレスが表示されます。

組織は、メンバーを相互にメールを送信する、SharePoint グループを使用して可能性があります。SharePoint グループのアドレスは、グループのメンバーに会議出席依頼を送信すると、アイテムが、SharePoint の予定表に自動的に追加できるように、予定表のアドレスを含めることができます。この例では、予定表の SharePoint グループのアドレスを使用することができます。

SharePoint の予定表は、Outlook の予定表と同じように表示したり更新したりできます。

SharePoint サイトの予定表を Outlook の予定表と並べて表示したり、両方の予定表を 1 つの予定表のように重ねて表示したり、両方の予定表の間でイベントをコピーしたりできます。

SharePoint の予定表を Outlook 2007 に接続すると、SharePoint の予定表が、[その他の予定表] の下に他の予定表フォルダと共に表示されます。チームの休暇予定表とプロジェクトのスケジュールなど、同時に複数の予定表を接続できます。必要に応じて、SharePoint サイトの 1 つの予定表、SharePoint の複数の予定表 (予定表が複数ある場合)、または Outlook の予定表から、作業する予定表を選択できます。

Outlook に表示された SharePoint サイトからの予定表

チームのプロジェクトのスケジュール、会議、または休暇が SharePoint の予定表に保存されている場合は、チームの予定表と自分の予定表を同時に表示して、競合がないかどうかをチェックできます。さらに、Outlook の画面から、SharePoint の予定表と Outlook の予定表の間でアイテムをコピーできます。

  1. Web ブラウザで、SharePoint サイトの予定表を開きます。

    予定表が見つからない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、予定表の名前をクリックします。

  2. [アクション] メニューの [ メニューの画像Outlook に接続] をクリックします。

    SharePoint サイトから Outlook への予定表の接続

  3. SharePoint の予定表を Outlook に接続するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

    Outlook の [予定表] の [その他の予定表] の下に、SharePoint の予定表が追加されます。SharePoint の予定表のチェック ボックスと Outlook の既定の予定表のチェック ボックスがオンになっている場合は、両方の予定表が [予定表] ビューに並べて表示されます。

SharePoint の予定表を Outlook の予定表や SharePoint の他の予定表と重ねて表示して、すべてのイベントを同時に表示できます。たとえば、SharePoint チームの休暇予定表に表示されている休暇が、自分の Outlook の予定表でスケジュール設定しようとしている会議と重ならないかどうかを調べることができます。

最初に別の予定表と SharePoint の予定表を重ねて表示するには、予定表を Outlook に接続する必要があります。詳細については、この記事の接続を Outlook に SharePoint の予定表を参照してください。

既定では、SharePoint の予定表はナビゲーション ウィンドウの [その他の予定表] の下の [予定表] ビューに開きます。この予定表は既定の予定表の横に追加の予定表として並べて表示されますが、不要な予定表が表示される場合は、その予定表のチェック ボックスをオフにすると表示されなくなります。

  1. [予定表] のナビゲーション ウィンドウで、他の予定表のチェック ボックスをオンまたはオフにして、重ねて表示する予定表をすべて選択します。

    選択した予定表は、先に表示されていた予定表の右側に開きます。

  2. 予定表] タブの [ SharePoint サイトの予定表のタブ ボタンの画像 の矢印をクリックします。

    ポイントまたはクリックすると、矢印の色が変わります。矢印をクリックすると、タブが左側に移動します。これで、予定表が重ねて表示されます。

    オーバーレイ モードの 2 つの予定表のタブ

  3. 別の予定表を重ねて表示するには、上記の手順を繰り返します。

注: 少なくとも 1 つの予定表を、常に表示させる必要があります。

ヒント: 重ねて表示された予定表を並べて表示するには、重ねて表示された予定表のタブにある矢印をクリックします。矢印が、重ねて表示された予定表から離れた位置に移動します。

SharePoint の予定表には、Outlook の予定表と同じように予定および終日のイベントを追加できます。予定および終日のイベントに関する一般的な情報については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

注: 会議出席依頼は、SharePoint の予定表では機能しません。たとえば、SharePoint の予定表でイベントが変更されても、出席者は自動的には更新情報を受け取りません。

Outlook 2007を使用して、SharePoint の予定表にイベントを追加、まず [予定表を Outlook に接続する必要があります。詳細については、この記事の接続を Outlook に SharePoint の予定表を参照してください。

既定では、SharePoint の予定表はナビゲーション ウィンドウの [その他の予定表] の下の [予定表] ビューに開きます。この予定表は既定の予定表の横に追加の予定表として並べて表示されますが、不要な予定表が表示される場合は、その予定表のチェック ボックスをオフにすると表示されなくなります。

  1. SharePoint の予定表が表示されない場合は、ナビゲーション ウィンドウの [予定表] をクリックします。

  2. [その他の予定表] で、SharePoint の予定表のチェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  3. SharePoint の予定表を Outlook の予定表と並べて表示していて、SharePoint の予定表がアクティブな予定表になっていない場合は、SharePoint の予定表内のセルをクリックします。

    アクティブな予定表のタイトルは、他の予定表のタイトルよりも濃い色で表示されます。

  4. [アクション] メニューで、[新しい予定]、[新しいイベント] など、追加するイベントの種類をクリックします。

    定期的なイベントを作成することもできますが、カスタムの定期的な予定の中には SharePoint 予定表で利用できないものもあります。

  5. Outlook と同じように、イベントに関する情報を入力します。

  6. [保存して閉じる] をクリックします。

ヒント: SharePoint の予定表と Outlook の個人の予定表の間でアイテムをドラッグするか、またはコピーして貼り付けできます。

  1. 予定表のナビゲーション ウィンドウの [その他の予定表] で、削除する予定表を選択します。

  2. 予定表を右クリックし、ショートカット メニューの [予定表フォルダーの名前を削除] をクリックします。

  3. 削除の確認メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

    注: この手順では、予定表は Outlook からのみ削除され、SharePoint サイトからは削除されません。

サイトと予定表が電子メールでコンテンツを受信できる場合、ユーザーが電子メールを送信して SharePoint の予定表に予定表アイテムを追加できるように設定できます。

SharePoint サイトの予定表に会議出席依頼を送信するときは、SharePoint サイトの予定表で他のイベントを操作するときと同じように操作できます。ただし、会議出席依頼を変更しても、SharePoint サイトの予定表から出席者に更新が自動的に送信されません。たとえば、会議の開催場所を変更した場合は、出席者に変更を通知する必要があります。

電子メールを予定表に送信するには、予定表が電子メールを受信する設定になっているかどうかを確認し、受信する設定の場合はアドレスを入手する必要があります。

  1. 予定表の電子メール アドレスは、次の方法で入手できます。

    • アドレス帳を検索します。アドレス帳の中に電子メール アドレスがない場合、予定表を設定した人からアドレスを入手できます。そのアドレスを連絡先リストに追加すると、後で簡単に検索できます。

    • 予定表のタイトルのすぐ下に表示されている、予定表についての説明を読みます。サイト所有者が、説明の中に予定表の電子メール アドレスを記入している場合があります。

    • 予定表の設定を参照する権限がある場合は、次の手順で予定表の電子メール設定を参照します。

      1. Web ブラウザーで SharePoint サイトで、予定表を開きます。
        、予定表の名前が表示されない場合は、すべてのサイト コンテンツの表示] クリックして、予定表の名前をクリックします。

      2. [設定] メニューの [ 設定メニュー リストの設定] をクリックします。
        電子メールを受信する予定表が有効な場合に、ボックスの一覧については、電子メール アドレスの横にある [アドレスが表示されます。

    • SharePoint グループの電子メール アドレスを使用して、会議出席依頼や予定などの予定表アイテムを電子メールで送信します。組織で SharePoint グループという独自の電子メール リストを持っている場合があり、このリストを使用するとグループのメンバーは相互にメールを送信できます。SharePoint グループ アドレスには、予定表のアドレスも含めることができるので、グループのメンバーに会議出席依頼を送信すると、アイテムが SharePoint の予定表に自動的に追加されます。

  2. 予定表アイテムを送信するには、Outlook を使用して通常どおり会議出席依頼または予定を送信します。

    電子メールでアイテムの添付ファイルを受信するように予定表を設定することもできます。リスト アイテムに添付ファイルを含めるには、通常どおり会議出席依頼にファイルを添付します。

  3. 会議出席依頼の [宛先] ボックスまたは [CC] ボックスで、予定表のアドレスを追加します。予定表が既に SharePoint グループに含まれている場合は、SharePoint グループの電子メール アドレスを追加します。

  4. [送信] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×