SharePoint のリストまたはライブラリへのユーザー アクセスをカスタマイズする

SharePoint サイト内のリストまたはライブラリをカスタマイズして、そのリストまたはライブラリにアクセスできるユーザーを制御したり、リストまたはライブラリのコンテンツに対してユーザーが実行できる操作を制御したりできます。ここでは、ユーザー アクセスをカスタマイズする最も一般的な方法について順を追って説明し、続いて、その他のカスタマイズの手順について説明します。

この記事の内容

概要

リストまたはライブラリへのユーザー アクセスをカスタマイズする一般的な手順

リストまたはライブラリへのユーザー アクセスをカスタマイズするその他の方法

オンライン試用版の利用

概要

既定では、リストまたはライブラリは、それらが存在しているサイトからアクセス許可を継承します。リストまたはライブラリのあるサイトは、親サイトと呼ばれます。親サイトのアクセス許可を変更すると、これらのリスト、ライブラリ、およびこの親サイトからアクセス許可を継承するその他のコンテンツのすべてに変更が適用されます。

注: セキュリティ保護可能なオブジェクトとも呼ばれるサイト コンテンツには、サイト、ページ、リスト、ライブラリ、フォルダ、リスト アイテム、およびライブラリ ファイルがあります。

Microsoft Office SharePoint Server 2007 では、親サイトからアクセス許可を継承しないようにして、リストまたはライブラリに固有のアクセス許可を作成できます。たとえば、従業員レコードが含まれたリストや未確定の製品計画ドキュメントに対して固有のアクセス許可を設定できます。

既定では、サイトの所有者は、そのサイトと、すべてのリスト、ライブラリ、およびサイトからアクセス許可を継承するコンテンツのアクセス許可を管理できます。ライブラリなど、セキュリティ保護可能な特定のオブジェクトに対してフル コントロールまたは権限の管理のアクセス許可を持つユーザーは、そのセキュリティ保護可能なオブジェクトのアクセス許可を管理できます。

ページの先頭へ

リストまたはライブラリへのユーザー アクセスをカスタマイズする一般的な手順

既定では、リストまたはライブラリは、それらが存在しているサイトからアクセス許可を継承します。このセクションでは、アクセス許可を継承するように構成されているリストまたはライブラリに固有のアクセス許可を作成するときの、一般的な手順について説明します。リストまたはライブラリへのユーザー アクセスをカスタマイズする方法の詳細については、「リストまたはライブラリへのユーザー アクセスをカスタマイズするその他の方法」を参照してください。

手順 1. グループを作成する

手順 2. グループにユーザーを追加する

手順 3. リストまたはライブラリにグループを追加する

手順 4. リストまたはライブラリからユーザーを削除する

ページの先頭へ

手順 1. グループを作成する

リストまたはライブラリへのユーザー アクセスをカスタマイズする最初の手順では、ユーザーにリストまたはライブラリへの固有のアクセス許可を付与するのに使用する SharePoint グループを作成します。

SharePoint グループを使用して、リストやライブラリなどのセキュリティ保護可能なオブジェクトへのアクセスをユーザーに許可することをお勧めします。多数のユーザー アカウントのアクセス許可を個別に追加して管理する方法に比べ、多数のユーザー アカウントが含まれた少数の SharePoint グループは簡単に管理できます。

  1. 新しい SharePoint グループを作成するリストまたはライブラリを開きます。

  2. [設定] メニューの [ドキュメント ライブラリの設定] または [リストの設定] をクリックします。

  3. [権限と管理] 列の [このドキュメント ライブラリに対する権限] または [このリストに対する権限] をクリックします。

  4. [操作] メニューの [親の権限の管理] をクリックします。

    注記: 

    • これにより、リストまたはライブラリから、サイトの階層を上へ移動し、固有のアクセス許可が構成されている最初のサイトに到達します。たとえば、契約書ライブラリが、その親サイトである販売からアクセス許可を継承するように構成されているとします。この販売サイトは、その親サイトであるトップレベルの飛騨物産株式会社のサイトからアクセス許可を継承するように構成されています。この例では、契約書ライブラリで [親の権限の管理] をクリックすると、トップレベルの飛騨物産株式会社のサイトに移動します。

    • 開始位置に関係なく、SharePoint グループはすべて、サイト コレクション レベルに作成されます。これは、すべての SharePoint グループが、サイト コレクション内のすべてのサイトで使用できることを意味します。

  5. [新規] メニューの [新しいグループ] をクリックします。

  6. [新しいグループ] ページで新しい SharePoint グループの設定を指定しますが、グループのアクセス許可レベルは選択せずに、[作成] をクリックします。

    目標は、特定のリストまたはライブラリに対するアクセス許可を持つグループを作成することです。ここでアクセス許可を選択すると、サイトおよびそのサイトからアクセス許可を継承するすべてのオブジェクトのアクセス許可がグループに付与されます。

前の飛騨物産株式会社の例では、販売契約書グループが作成されます。

[作成] をクリックすると、新しいグループの [ユーザーとグループ] ページが表示されます。これで、グループにユーザーを追加できるようになりました。

セクションの先頭へ

手順 2. グループにユーザーを追加する

SharePoint グループを作成した後、そのグループにユーザーを追加する必要があります。Windows セキュリティ グループを SharePoint グループに追加して、リストやライブラリなどのセキュリティ保護可能なオブジェクトへのアクセスをユーザーに許可することをお勧めします。多数のユーザー アカウントのアクセス許可を個別に追加して管理する方法に比べ、小数の SharePoint グループの少数の Windows セキュリティ グループは簡単に追加して管理できます。

  1. グループの [ユーザーとグループ] ページで、[新規] メニューの [ユーザーの追加] をクリックし、追加する Windows セキュリティ グループとユーザー アカウントを入力または参照します。

    注: [すべての認証されたユーザーを追加] をクリックすると、すべてのドメイン ユーザー アカウントが追加されます。たとえば、ライブラリに対して読み取りアクセス許可レベルを持つグループについてこの操作を実行すると、すべてのドメイン ユーザー アカウントにライブラリ内のコンテンツを読み取る許可を与えることができます。

  2. [SharePoint グループへのユーザーの追加] がオンになっていること、および正しいグループが表示されていることを確認します。

    可能な場合は SharePoint グループを使用して、サイトとそのコンテンツへのアクセスをユーザーに許可することをお勧めします。[ユーザーへの権限の直接付与] をクリックして、個別のユーザーにアクセス許可を付与することがまれに必要になる場合があります。ただし、多数の個別のユーザーにアクセス許可を割り当てると、すぐに管理が困難になったり時間がかかるようになる可能性があります。

  3. オプションで、[新しいユーザーに招待メールを送信する] を選択して、SharePoint グループに追加したグループおよびユーザーに電子メールを送信します。

    注: 送信電子メールは、SharePoint 管理者がサイト コレクションに対して有効にする必要があります。[新しいユーザーに招待メールを送信する] を選択し、送信電子メールを有効にしなかった場合、グループとユーザーは SharePoint グループに追加され、電子メール メッセージを送信できなかったことを示すエラー メッセージが表示されます。

  4. [OK] をクリックします。

    注: "必要な権限を選択してください。" というメッセージが表示された場合は、[ユーザーへの権限の直接付与] を選択し、[SharePoint グループへのユーザーの追加] をもう一度選択します。次に、[OK] をクリックします。

前の飛騨物産株式会社の例では、適切な Windows セキュリティ グループが販売契約書グループに追加されます。

セクションの先頭へ

手順 3. リストまたはライブラリにグループを追加する

リストまたはライブラリへのユーザー アクセスをカスタマイズする次の手順では、必要なアクセス許可を設定したリストまたはライブラリに SharePoint グループまたはユーザーを追加します。

  1. グループに固有のアクセス許可を設定するリストまたはライブラリを開きます。

  2. [設定] メニューの [ドキュメント ライブラリの設定] または [リストの設定] をクリックします。

  3. [カスタマイズ] ページの [権限と管理] 列の [このドキュメント ライブラリに対する権限] または [このリストに対する権限] をクリックします。

  4. [操作] メニューの [権限の編集] をクリックし、[OK] をクリックして、固有のアクセス許可を作成することを承認します。

  5. [新規] メニューの [ユーザーの追加] をクリックします。

  6. [ユーザーの追加] セクションで、このリストまたはライブラリに追加する SharePoint グループを入力または参照します。

  7. [権限の付与] セクションで、[ユーザーへの権限の直接付与] を選択し、リストまたはライブラリのグループに付与するアクセス許可を選択します。アクセス許可レベルの詳細については、「アクセス許可レベルを管理する」を参照してください。

  8. [OK] をクリックします。

前の飛騨物産株式会社の例では、販売契約書グループに契約書ライブラリの投稿アクセス許可が付与されます。

セクションの先頭へ

手順 4. リストまたはライブラリからユーザーを削除する

前の手順で、このリストまたはライブラリに固有のアクセス許可の作成を選択したときに、親のすべての SharePoint グループとユーザーのコピーがこのライブラリに作成されました。アクセス許可レベルが関連付けられたこれらのグループの一部は不要な場合があります。そのため、必要なユーザーにのみアクセスが許可されるように、リストまたはライブラリから SharePoint グループとユーザーの削除が必要になることがあります。

注: SharePoint グループまたはユーザーには常に、リストやライブラリなどのセキュリティ保護可能なオブジェクトに対するフル コントロール アクセス許可レベルを付与して、これらのオブジェクトを管理できるようにすることをお勧めします。

手順 3. が完了した直後のときは、リストまたはライブラリの SharePoint グループとユーザーが表示された [権限] ページが開いたままになっています。次の手順を実行して、不要な SharePoint グループとユーザーを削除します。

  1. リストまたはライブラリの [権限] ページで、このリストまたはライブラリから削除するユーザーおよび SharePoint グループのチェック ボックスをオンにします。

  2. [操作] メニューの [ユーザー権限の削除] をクリックし、[OK] をクリックして操作を承認します。

前の飛騨物産株式会社の例では、契約書ライブラリから飛騨物産株式会社のメンバ グループを削除すると、このグループのライブラリに対する投稿アクセス許可が解除されます。

セクションの先頭へ

ページの先頭へ

リストまたはライブラリへのユーザー アクセスをカスタマイズするその他の方法

組織のユーザーが既にリストまたはライブラリに固有のアクセス許可を設定している場合、または設定状況が不明な場合、手順を追ったユーザー アクセスのカスタマイズ方法ではニーズが満たされないことがあります。このセクションでは、SharePoint リストおよびライブラリへのユーザー アクセスをカスタマイズするその他の方法について説明します。

リストまたはライブラリに関連付けられたユーザーとグループを表示する

リストまたはライブラリにユーザーと SharePoint グループを追加する

リストまたはライブラリに対するユーザーのアクセス許可レベルを変更する

アクセス許可を継承するようにリストまたはライブラリを再構成する

リストまたはライブラリに対するユーザー権限を削除する

ページの先頭へ

リストまたはライブラリに関連付けられたユーザーとグループを表示する

  1. ユーザーと SharePoint グループを表示するリストまたはライブラリを開きます。

  2. [設定] メニューの [ドキュメント ライブラリの設定] または [リストの設定] をクリックします。

  3. [カスタマイズ] ページの [権限と管理] 列で、[このドキュメント ライブラリに対する権限] または [このリストに対する権限] をクリックします。

    [権限: <セキュリティ保護可能なオブジェクトの名前>] ページに、このセキュリティ保護可能なオブジェクトで使用されているすべてのユーザーと SharePoint グループ (および、それらに割り当てられているアクセス許可レベル) が表示されます。次の図に示されているように、このページには、リストまたはライブラリが、アクセス許可を継承するかまたは固有のアクセス許可が設定されているかどうかが示されます。

    [共有ドキュメント] ライブラリの [権限] ページ。

セクションの先頭へ

リストまたはライブラリにユーザーと SharePoint グループを追加する

次の手順を実行して、リストまたはライブラリに関連付けられている SharePoint グループに Windows セキュリティ グループとユーザー アカウントを追加します。構成するリストまたはライブラリが固有のアクセス許可を使用している場合は、目的のアクセス許可を持つリストまたはライブラリにユーザーまたは SharePoint グループを直接追加できます。

注: Windows セキュリティ グループを SharePoint グループに追加して、リストやライブラリなどのセキュリティ保護可能なオブジェクトへのアクセスをユーザーに許可することをお勧めします。多数のユーザー アカウントのアクセス許可を個別に追加して管理する方法に比べ、少数の SharePoint グループの少数の Windows セキュリティ グループは簡単に追加して管理できます。

このリストまたはライブラリがアクセス許可を継承する場合は、そのリストまたはライブラリにユーザーまたは SharePoint グループを直接追加することはできません。この場合、親サイトに追加するのに必要なアクセス許可を持っているときは、親サイトの既存の SharePoint グループにユーザーのみを追加できます。ただし、継承を解除してリストまたはライブラリに固有のアクセス許可を作成すると、リストまたはライブラリにユーザーまたは SharePoint グループを直接追加できます。

  1. ユーザーまたは SharePoint グループを追加するリストまたはライブラリを開きます。

  2. [設定] メニューの [ドキュメント ライブラリの設定] または [リストの設定] をクリックします。

  3. [カスタマイズ] ページの [権限と管理] 列で、[このドキュメント ライブラリに対する権限] または [このリストに対する権限] をクリックします。

  4. リストまたはライブラリがアクセス許可を継承する場合は、まず、アクセス許可を継承しないようにする必要があります。継承を解除するには、[操作] メニューの [権限の編集] をクリックし、[OK] をクリックして、固有のアクセス許可を作成することを承認します。

  5. [新規] メニューの [ユーザーの追加] をクリックします。

  6. [ユーザーの追加] セクションで、このリストまたはライブラリに追加するユーザーと SharePoint グループを入力または参照します。

  7. [権限の付与] セクションで、既存の SharePoint グループにユーザーを追加するか、リストまたはライブラリへのアクセス許可をユーザーに直接付与し、1 つ以上のチェック ボックスをオンにして必要なアクセス許可をユーザーに付与します。アクセス許可レベルの詳細については、「アクセス許可レベルを管理する」を参照してください。

    注: SharePoint グループを別の SharePoint グループに追加することはできません。手順 6. で SharePoint グループを追加する場合は、[ユーザーへの権限の直接付与] を選択する必要があります。

  8. [OK] をクリックします。

セクションの先頭へ

リストまたはライブラリに対するユーザーのアクセス許可レベルを変更する

次の手順を実行して、選択したユーザーと SharePoint グループのリストまたはライブラリに対するアクセス許可レベルを変更します。リストまたはライブラリがアクセス許可を継承する場合は、次の手順を実行して継承を解除し、リストまたはライブラリに対する固有のアクセス許可を作成します。

  1. アクセス許可レベルを編集するリストまたはライブラリを開きます。

  2. [設定] メニューの [リストの設定] または [ドキュメント ライブラリの設定] をクリックします。

  3. [カスタマイズ] ページの [権限と管理] 列で、[このリストに対する権限] または [このドキュメント ライブラリに対する権限] をクリックします。

  4. リストまたはライブラリがアクセス許可を継承する場合は、アクセス許可の継承を解除してから、このリストまたはライブラリのアクセス許可レベルを編集する必要があります。継承を解除するには、[操作] メニューの [権限の編集] をクリックし、[OK] をクリックして固有のアクセス許可を作成することを承認します。

  5. アクセス許可レベルを編集するユーザーと SharePoint グループのチェック ボックスをオンにします。

  6. [操作] メニューの [ユーザー権限の編集] をクリックします。

  7. [権限の選択] セクションで、目的のアクセス許可レベルをオンに、不要なアクセス許可レベルはオフにして、[OK] をクリックします。アクセス許可レベルの詳細については、「アクセス許可レベルを管理する」を参照してください。

セクションの先頭へ

アクセス許可を継承するようにリストまたはライブラリを再構成する

既定では、リストまたはライブラリは親サイトからアクセス許可を継承します。ただし、この継承を解除してリストまたはライブラリに固有のアクセス許可を作成できます。またいつでも、固有のアクセス許可を使用しているリストまたはライブラリを、再びアクセス許可を継承するように再構成できます。

次の手順を実行して、固有のアクセス許可を使用しているリストまたはライブラリを、再びその親サイトからアクセス許可を継承するように構成します。

アクセス許可を再び継承すると、固有のアクセス許可を使用するように構成したときに、そのリストまたはライブラリに作成した固有の SharePoint グループやアクセス許可レベルの割り当てなど、そのリストまたはライブラリに対して作成した固有のアクセス許可は破棄されます。また、リストまたはライブラリ内のフォルダ、リスト アイテム、およびライブラリ ファイルから固有のアクセス許可が破棄されます。

  1. 再びアクセス許可を継承するリストまたはライブラリを開きます。

  2. [設定] メニューの [リストの設定] または [ドキュメント ライブラリの設定] をクリックします。

  3. [カスタマイズ] ページの [権限と管理] 列で、[このリストに対する権限] または [このドキュメント ライブラリに対する権限] をクリックします。

  4. [操作] メニューの [権限の継承] をクリックし、[OK] をクリックして操作を承認します。親サイトから既にアクセス許可が継承されている場合、[操作] メニューの [権限の継承] オプションは使用できません。

セクションの先頭へ

リストまたはライブラリに対するユーザー権限を削除する

次の手順を実行して、リストまたはライブラリからユーザーまたは SharePoint グループを削除します。

  1. ユーザー権限を削除するリストまたはライブラリを開きます。

  2. [設定] メニューの [リストの設定] または [ドキュメント ライブラリの設定] をクリックします。

  3. [カスタマイズ] ページの [権限と管理] 列で、[このリストに対する権限] または [このドキュメント ライブラリに対する権限] をクリックします。

    アクセス許可が親から継承されている場合、このリストまたはライブラリから直接ユーザーを削除するには、まず継承を解除する必要があります。このリストまたはライブラリがアクセス許可を継承している親サイトからユーザーと SharePoint グループを削除する場合は、親のアクセス許可を管理する必要があります。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 親のアクセス許可を管理するには、[操作] メニューの [親の権限の管理] をクリックします。

    • 現在親からアクセス許可を継承していて、この継承を解除してこのセキュリティ保護可能なオブジェクトに対する固有のアクセス許可を作成する場合は、[操作] メニューの [権限の編集] をクリックし、[OK] をクリックして操作を承認します。

    • リストまたはライブラリが既に、親サイトから継承しない固有のアクセス許可を使用している場合は、次の手順に進んでください。

  5. このリストまたはライブラリから削除するユーザーと SharePoint グループのチェック ボックスをオンにします。

  6. [操作] メニューの [ユーザー権限の削除] をクリックし、[OK] をクリックして操作を承認します。

セクションの先頭へ

ページの先頭へ

オンライン試用版の利用

試用版には、SharePoint Server 2007 などの Microsoft Office プログラムの無料のオンライン体験サイトが用意されています。

オンライン試用版で SharePoint 製品およびテクノロジを体験する

重要: 試用版サイトの [Enterprise Content Management と Office SharePoint Server] をクリックしてください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×