SharePoint のリストまたはライブラリで列を作成する

SharePoint のリストまたはライブラリで列を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint 列を使用すると、リストやライブラリで情報をグループ化、分類、追跡できます。これらの列には、1 行テキスト、選択肢のドロップダウン リスト、他の列から計算される数値、サイト上のユーザーの名前や写真などのコンテンツがあります。

また、SharePoint サイトの別の場所で作成された列を追加することもできます。既存の列を使用すると、他のページで列を作成できるメリットがあります。

ページまたはサイスの列を削除するには、「SharePoint のリストまたはライブラリで列を削除する」を参照してください。

注: リストまたはライブラリの列を作成するには、ユーザーが少なくともサイトの既定の Designers SharePoint グループのメンバーになっている必要があります。

お客様のフィードバック該当年 7 月、2017年を更新します。

SharePoint Online リストまたはライブラリで単純な列を作成する

リストまたはライブラリには、いくつかの方法で新しい列を追加できます。単純なテキストの列、数値の列、または日付の列を必要とするだけである場合は、以下の手順を実行します。

  1. 列を作成するリストまたはライブラリに移動します。

  2. リストまたはライブラリの上部にある最後の列名の右に列の追加  リスト列のボタンを追加する を選択します。

    注: SharePoint Online画面の外観が異なる例よりよいですか。管理者にならないリストまたはドキュメント ライブラリで、[クラシック エクスペリエンスもSharePoint Serverの以前のバージョンを使用しています。必要な場合は、 SharePoint Server 2016バージョン上のタブをクリックします。表示SharePoint のバージョンを使っているか?

  3. ドロップダウン メニューで、種類を選択する列の種類 (テキスト、数値、人、日付など)。

    グループ接続されているドキュメント ライブラリで列のドロップ ダウンを追加します。
  4. 新しい列] ダイアログ ボックスの[名前] フィールドにタイトルや列見出しを入力します。

    タイトルまたは見出しを入力するための新しいダイアログ ボックス
  5. [作成] をクリックします。

  1. 列を作成するリストまたはライブラリに移動します。

  2. すべてのアイテムまたはすべてのドキュメントのリストまたはライブラリの列を追加するビューでは、見出し行の最後にある列の追加 リスト列のボタンを追加する をクリックし、[その他…] をクリックします。 

    グループ接続されているドキュメント ライブラリで列のドロップ ダウンを追加します。

    注: 画面の外観が異なる例よりよいですか。管理者にならないリストまたはドキュメント ライブラリで、[クラシック エクスペリエンスもSharePoint Serverの以前のバージョンを使用しています。必要な場合は、 SharePoint Server 2016バージョン上のタブをクリックします。表示SharePoint のバージョンを使っているか?

  3. [名前と種類] セクションで、[列名] ボックスに任意の列名を入力します。

    [列名] ダイアログ ボックス

  4. [この列の情報の種類] で、列に表示する情報のタイプを選択します。列の種類の詳細については、「サイトの列の種類とオプション」を参照してください。

  5. [列の追加設定] セクションで、[説明] ボックスに説明を入力して、列の目的と列に保存するデータの種類をユーザーが理解できるようにします。 この説明は省略できます。

    選択した列のタイプに応じて、その他のオプションが [列の追加設定] セクションに表示される場合があります。目的の追加設定を選択します。列設定の詳細については、「サイトの列の種類とオプション」を参照してください。

  6. 期待される列のエントリが一致するように入力規則を追加することができます。セクションを展開する列の入力規則] をクリックし、データを検証するために使用する数式を入力します。無効なデータがどのように無効なデータを入力しやすくことを示すメッセージのユーザーを追加します。情報の入力規則と数式の構文には、 SharePoint リストの一般的な数式の例を参照してください。

    フィールドにサンプル データが入力された列の入力規則ダイアログ

    [列の検証] セクションは一部の種類の列で利用できません。

  7. [OK] をクリックして保存します。

  1. ポータル サイトのホーム ページで、[設定  SharePoint 2016 のタイトル バーにある設定ボタン ] をクリックし、[サイトの設定] をクリックします。

    ドキュメント ライブラリからサイトの設定
  2. [サイトの設定] ページで、[Web デザイナー ギャラリー] の [サイト列] をクリックします。

    サイト設定ページのサイト列オプション
  3. [サイト列] ページで、[作成] をクリックします。

    サイト列ページの [作成] ボタン
  4. [名前と種類] セクションで、[列名] ボックスに任意の名前を入力します。

  5. 列に保存する情報の種類を選択します。

    列の種類の詳細については、「サイトの列の種類とオプション」を参照してください。

  6. [グループ] セクションで、新しいサイト列を保存する既存グループを選択するか、列を保存するグループを新規作成します。

    既存グループの一覧は SharePoint のバージョンや追加されているグループによって異なります。

  7. [列の追加設定] セクションで、追加の列設定を選択します。このセクションの選択肢は [名前と種類] セクションで選択した列の種類によって異なります。

    列設定の詳細については、「サイトの列の種類とオプション」を参照してください。

  8. [OK] をクリックします。

  1. 列を作成するリストまたはライブラリに移動します。

    ページで、リストまたはライブラリの名前が表示されない場合は、設定  SharePoint 2016 のタイトル バーにある設定ボタン をクリックし、サイト コンテンツ] をクリックし、リストまたはライブラリの名前をクリックします。

    リストが選択されたサイト コンテンツ ページ
  2. 設定 SharePoint 2016 のタイトル バーにある設定ボタン ] をクリックし、[リストの設定] または [ライブラリの設定] をクリックします。 

    [ライブラリの設定] が選択されている [設定] メニュー
  3. [設定] ページで下にスクロールし、[] セクションの [サイト内の既存の列から追加] をクリックします。

    設定ページの既存の列追加リンクのクローズアップ
  4. [サイト列から列を追加] ページの [列の選択] セクションで、サイト列のグループを [サイト列の選択元] ドロップダウン リストから選びます。

    3 つの列が選択された既存の列追加ページ

    リストから列のグループを選んだ場合、使用可能なサイト列が [利用可能なサイト内の列] リストに表示されます。

    サイト内の列から列を追加する

    注: [利用可能なサイト内の列] リストは既定で [すべてのグループ] になりますが、フィールドの数を限定できます。探しているものが含まれている可能性があるグループを選択してください。たとえば、主要ドキュメントの列やユーザー設定の列に限定します。

  5. 追加するサイト列を選び、[追加] をクリックします。[追加する列] のボックスの一覧に列が表示されます。サイトのユーザーがリストまたはライブラリを最初に開くときに自動的に表示される既定のビューに列を追加するには、[既定のビューに追加] がオンになっていることを確認します。タスク リストなど、一部のリストには、[すべてのコンテンツ タイプに追加する] というオプションもあります。このオプションは既定で選択されています。列をすべてのコンテンツ タイプに追加する場合は、[すべてのコンテンツ タイプに追加する] が選択されていることをご確認ください。

    リストまたはライブラリのタイプによっては、その他のオプションが [オプション] セクションに表示される場合があります。 目的の追加オプションを選択します。

  6. [OK] をクリックして保存します。

SharePoint Server 2016 または SharePoint Server 2013 のリストまたはライブラリで列を作成する

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、ページまたはサイド リンク バーでその名前をクリックします。

    ページにリストまたはライブラリの名前が表示されない場合は、[設定] Office 365 の [設定] ボタン をクリックし、[サイト コンテンツ] をクリックして、リストまたはライブラリの名前をクリックします。

  2. リボンの [リスト] または [ライブラリ] をクリックします。

    リボンのライブラリと参照タブ
  3. [ビューの管理] グループの [列の作成] をクリックします。

    SharePoint Online ライブラリの列の作成のリンク
  4. [名前と種類] セクションで、[列名] ボックスに任意の列名を入力します。

    [列名] ダイアログ ボックス

  5. [この列の情報の種類] で、列に表示する情報のタイプを選択します。列の種類の詳細については、「サイトの列の種類とオプション」を参照してください。

  6. [列の追加設定] セクションで、[説明] ボックスに説明を入力して、列の目的と列に保存するデータの種類をユーザーが理解できるようにします。 この説明は省略できます。

    選択した列のタイプに応じて、その他のオプションが [列の追加設定] セクションに表示される場合があります。目的の追加設定を選択します。列設定の詳細については、「サイトの列の種類とオプション」を参照してください。

  7. 期待される列のエントリが一致するように入力規則を追加することができます。セクションを展開する列の入力規則] をクリックし、データを検証するために使用する数式を入力します。無効なデータがどのように無効なデータを入力しやすくことを示すメッセージのユーザーを追加します。情報の入力規則と数式の構文には、 SharePoint リストの一般的な数式の例を参照してください。

    フィールドにサンプル データが入力された列の入力規則ダイアログ

    [列の検証] セクションは一部の種類の列で利用できません。

  8. [OK] をクリックして保存します。

  1. ポータル サイト ホーム ページで、[設定] Office 365 の [設定] ボタン をクリックし、[サイトの設定] をクリックします。

  2. [サイトの設定] ページで、[Web デザイナー ギャラリー] の [サイト列] をクリックします。

    サイト設定ページのサイト列オプション
  3. [サイト列] ページで、[作成] をクリックします。

    サイト列ページの [作成] ボタン
  4. [名前と種類] セクションで、[列名] ボックスに任意の名前を入力します。

  5. 列に保存する情報の種類を選択します。

    列の種類の詳細については、「サイトの列の種類とオプション」を参照してください。

  6. [グループ] セクションで、新しいサイト列を保存する既存グループを選択するか、列を保存するグループを新規作成します。

    既存グループの一覧は SharePoint のバージョンや追加されているグループによって異なります。

  7. [列の追加設定] セクションで、追加の列設定を選択します。このセクションの選択肢は [名前と種類] セクションで選択した列の種類によって異なります。

    列設定の詳細については、「サイトの列の種類とオプション」を参照してください。

  8. [OK] をクリックします。

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、ページまたはサイド リンク バーでその名前をクリックします。

    ページにリストまたはライブラリの名前が表示されない場合は、[設定] Office 365 の [設定] ボタン をクリックし、[サイト コンテンツ] をクリックして、リストまたはライブラリの名前をクリックします。

    リストが選択されたサイト コンテンツ ページ
  2. リボンの [リスト] または [ライブラリ] をクリックします。

    リボンで選択されたリスト タブ
  3. [設定] グループの [リストの設定] または [ライブラリーの設定] をクリックします。

    SharePoint のリボンの [ライブラリの設定] ボタン

  4. [設定] ページで下にスクロールし、[] セクションの [サイト内の既存の列から追加] をクリックします。

    設定ページの既存の列追加リンクのクローズアップ
  5. [サイト列から列を追加] ページの [列の選択] セクションで、サイト列のグループを [サイト列の選択元] ドロップダウン リストから選びます。

    3 つの列が選択された既存の列追加ページ

    注: [利用可能なサイト内の列] リストは既定で [すべてのグループ] になりますが、フィールドの数を限定できます。探しているものが含まれている可能性があるグループを選択してください。たとえば、主要ドキュメントの列やユーザー設定の列に限定します。

    リストから列のグループを選んだ場合、使用可能なサイト列が [利用可能なサイト内の列] リストに表示されます。

    サイト内の列から列を追加する

  6. 追加するサイト列を選び、[追加] をクリックします。[追加する列] のボックスの一覧に列が表示されます。サイトのユーザーがリストまたはライブラリを最初に開くときに自動的に表示される既定のビューに列を追加するには、[既定のビューに追加] がオンになっていることを確認します。タスク リストなど、一部のリストには、[すべてのコンテンツ タイプに追加する] というオプションもあります。このオプションは既定で選択されています。列をすべてのコンテンツ タイプに追加する場合は、[すべてのコンテンツ タイプに追加する] が選択されていることをご確認ください。

    リストまたはライブラリのタイプによっては、その他のオプションが [オプション] セクションに表示される場合があります。 目的の追加オプションを選択します。

  7. [OK] をクリックして保存します。

SharePoint Server 2010 リストまたはライブラリで列を作成する

次の手順は、列を追加するリストまたはライブラリ ページから開始します。

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイドリンク バーでその名前をクリックします。リストまたはライブラリの名前が表示されない場合は、[サイトの操作] [サイトの操作] メニュー をクリックし、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、リストまたはライブラリの名前をクリックします。

  2. リボンの [リスト] タブまたは [ライブラリー] タブをクリックします。 タブの名前はリストまたはライブラリのタイプに応じて異なる場合があります。 たとえば、リストが予定表の場合、タブの名前は [予定表] になります。

  3. [ビューの管理] グループの [列の作成] をクリックします。

  4. [リストの作成] ダイアログ ボックスで次の操作を行います。

    [列の作成] ダイアログ ボックス

    1. [名前と種類] セクションで、[列名] ボックスに任意の列名を入力します。

    2. [この列の情報の種類] で、列に表示する情報のタイプを選択します。列の種類の詳細については、「サイトの列の種類とオプション」を参照してください。

    注:  選択する列のタイプによっては、作成後に列のタイプを変更できない場合があります。

  5. [列の追加設定] セクションで、[説明] ボックスに説明を入力して、列の目的と列に保存するデータの種類をユーザーが理解できるようにします。 この説明は省略できます。

    選択した列のタイプに応じて、その他のオプションが [列の追加設定] セクションに表示される場合があります。 目的の追加設定を選択します。

  6. サイト上のユーザーがリストまたはライブラリを最初に開く際に自動的に表示される既定のビューに列を追加するには、[既定のビューに追加] がオンになっていることを確認します。

    列内のデータが検証されるようにするには、[列の検証] セクションに、データの検証に使用する [数式] と、検証されたユーザーが有効なデータを入力するために参照する [ユーザー メッセージ] を入力します。 [列の検証] セクションは、すべての列のタイプに使用できるわけではありません。

  7. [OK] をクリックします。

  1. [サイトの操作] [サイトの操作] メニュー をクリックして、[サイトの設定] をクリックします。

    [サイトの操作] メニューの [サイトの設定]
  2. [サイトの設定] ページで、[ギャラリー] の [サイト列] をクリックします。

    サイト設定ページのサイト列オプション
  3. [サイト列] ページで、[作成] をクリックします。

    サイト列ページの [作成] ボタン
  4. [名前と種類] セクションで、[列名] ボックスに任意の名前を入力します。

  5. 列に保存する情報の種類を選択します。

    列の種類の詳細については、「サイトの列の種類とオプション」を参照してください。

  6. [グループ] セクションで、新しいサイト列を保存する既存グループを選択するか、列を保存するグループを新規作成します。

    既存グループの一覧は SharePoint サーバーのバージョンや追加されているグループによって異なります。

  7. [列の追加設定] セクションで、追加の列設定を選択します。このセクションの選択肢は [名前と種類] セクションで選択した列の種類によって異なります。

    列設定の詳細については、「サイトの列の種類とオプション」を参照してください。

  8. [OK] をクリックします。

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでその名前をクリックします。

    目的のリストまたはライブラリの名前が表示されない場合は、[サイトの操作] [サイトの操作] メニュー または [すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、リストまたはライブラリの名前をクリックします。

  2. リボンの [リスト] タブまたは [ライブラリー] タブをクリックします。 タブの名前はリストまたはライブラリのタイプに応じて異なる場合があります。 たとえば、リストが予定表の場合、タブの名前は [予定表] になります。

  3. [設定] グループの [リストの設定] または [ライブラリーの設定] をクリックします。

    リストの設定

  4. [リストの設定] ページまたは [ライブラリーの設定] ページで下にスクロールし、[] セクションの [サイト内の既存の列から追加] をクリックします。

    設定ページの既存の列追加リンクのクローズアップ
  5. サイト列] ページで、[列の選択] セクションで、列にで利用可能なサイト列] の一覧で、列を選択し、[追加] をクリックします。

    [利用可能なサイト内の列] の列を選択した場合、列のグループが含まれ、説明がある場合は表示されます。

    サイト列の追加

    注: [利用可能なサイト内の列] リストは既定で [すべてのグループ] になりますが、フィールドの数を限定できます。探しているものが含まれている可能性があるグループを選択してください。たとえば、主要ドキュメントの列やユーザー設定の列に限定します。

  6. サイト上のユーザーがリストまたはライブラリを最初に開く際に自動的に表示される既定のビューに列を追加するには、[既定のビューに追加] がオンになっていることを確認します。

    リストまたはライブラリのタイプによっては、その他のオプションが [オプション] セクションに表示される場合があります。 目的の追加オプションを選択します。

  7. [OK] をクリックします。

列の名前など、列の設定は変更できます。 列のタイプやリストのタイプによっては、ユーザーが入力できるテキストの量など、その他の変更を加えることもできます。 SharePoint Designer 2010 などのプログラムには、列幅の指定などの列を変更するためのオプションがさらに多く用意されています。

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでその名前をクリックします。

    目的のリストまたはライブラリの名前が表示されない場合は、[サイトの操作] [サイトの操作] メニュー または [すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、リストまたはライブラリの名前をクリックします。

  2. リボンの [リスト] タブまたは [ライブラリー] タブをクリックします。 タブの名前はリストまたはライブラリのタイプに応じて異なる場合があります。 たとえば、リストが予定表の場合、タブの名前は [予定表] になります。

  3. [設定] グループの [リストの設定] または [ライブラリーの設定] をクリックします。

    リストの設定

  4. [リストの設定] ページまたは [ライブラリーの設定] ページの [] セクションで、変更する列の名前をクリックします。

    [リストの設定] の [列] セクション

  5. 目的に合わせて設定を変更して、[OK] をクリックします。

SharePoint Server 2007 リストまたはライブラリで列を作成する

注: 次の手順は、列を追加するリストまたはライブラリのページから開始します。リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでその名前をクリックします。目的のリストまたはライブラリの名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックして、リストまたはライブラリの名前をクリックします。

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイドリンク バーでその名前をクリックします。リストまたはライブラリがない場合、[サイトの操作] [サイトの操作] メニュー をクリックし、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、リストまたはライブラリの名前をクリックします。

    [サイトの操作] メニュー。[すべてのサイト コンテンツの表示] が強調表示されています
  2. [設定] メニューの [ 設定メニュー 列の作成] をクリックします。

  3. [名前と種類] セクションで、[列名] ボックスに任意の名前を入力します。

    名前フィールドに列の名前を入力する
  4. [この列の情報の種類] で、列に表示する情報のタイプを選択します。列の種類の詳細については、「サイトの列の種類とオプション」を参照してください。

  5. [列の追加設定] セクションで、[説明] ボックスに説明を入力して、列の目的と列に保存するデータの種類をユーザーが理解できるようにします。 この説明は省略できます。

    列の作成ページで設定を追加する
  6. 選択した列のタイプに応じて、その他のオプションが [列の追加設定] セクションに表示される場合があります。 目的の追加設定を選択します。

  7. サイト上のユーザーがリストまたはライブラリを最初に開く際に自動的に表示される既定のビューに列を追加するには、[既定のビューに追加] をクリックします。

  8. [OK] をクリックします。

列の名前など、列の設定は変更できます。列の種類やリストの種類によっては、ユーザーが入力できるテキストの量など、その他の変更を加えることができます。

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでその名前をクリックします。

    目的のリストまたはライブラリの名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックして、リストまたはライブラリの名前をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • [設定] メニューの [ 設定メニュー には、リストの設定] または [設定] のオプションをクリックします。

    • ブログ サイトの [管理リンク] で、[投稿の管理] をクリックして投稿リストを表示します。[設定] メニューで、[リストの設定] をクリックします。

  3. [] で、変更する列の名前をクリックします。

  4. 目的に合わせて設定を変更して、[OK] をクリックします。

注: 列にインデックスが作成されるように指定できます。インデックスを作成すると、複数のフォルダーにまたがるリストまたはライブラリをすばやく切り替えて表示できます。リストまたはライブラリの設定を表示するには、設定をカスタマイズするメイン ページで [インデックス付きの列] をクリックします。インデックスを作成する列を選択し、[OK] をクリックします。インデックスの詳細については、「SharePoint で大規模なリストとライブラリを管理する」を参照してください。

サイト列は再利用できる列定義、つまりテンプレートであり、複数の SharePoint サイトの複数のリストに割り当てることができます。サイト列は、組織でリストとライブラリに一貫性のある設定を適用する場合に便利です。設定は複数のリストやライブラリをまたいで共有できます。設定を毎回、再作成する必要がありません。

  1. ポータル サイト ホーム ページで、[サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定] をポイントし、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

    [サイトの設定] の [すべてのサイト設定の変更] オプション
  2. [サイトの設定] ページで、[ギャラリー] の [サイト列] をクリックします。

  3. [サイト列ギャラリー] ページで、[作成] をクリックします。

  4. [名前と種類] セクションで、[列名] ボックスに任意の名前を入力します。

    名前フィールドに列の名前を入力する
  5. [この列の情報の種類] で、列に表示する情報のタイプを選択します。

    列の種類の詳細については、「サイトの列の種類とオプション」を参照してください。

  6. [グループ] セクションで、新しいサイト列を保存する既存グループを選択するか、列を保存するグループを新規作成します。

    既存グループの一覧は SharePoint のバージョンや追加されているグループによって異なります。

    次の表に、既定で利用できるグループについてまとめてあります。

    選択肢

    表示する列

    基本の列

    さまざまな種類のリストまたはライブラリで便利な列。

    主要連絡先と予定表の列

    連絡先と予定表のリストで便利な列。これらの列は一般的に、Microsoft Outlook のような、クライアントの連絡先と予定表プログラムからメタデータを同期するために使用されます。

    主要ドキュメントの列

    Microsoft Office プロパティ セットと Dublin Core メタデータ セットの標準ドキュメント列。

    主要タスクと案件の列

    タスク リストと案件リストに便利な列。これらの列は一般的に、Office Outlook のような、クライアントのタスクと案件プログラムからメタデータを同期するために使用されます。

    ユーザー設定の列

    リストまたはライブラリの目的に合わせて追加する列。

    拡張した列

    特別な目的の列セット。

    主要業績評価指標

    主要業績評価指標データを表示するのに便利な列。

    ページ レイアウトの列

    ページ レイアウト情報の追加に便利な列。

    発行に関する列

    発行情報の追加に便利な列。

    レポート

    レポートの作成に便利な列。

  7. [列の追加設定] セクションで、[説明] ボックスに説明を入力して、列の目的と列に保存するデータの種類をユーザーが理解できるようにします。 この説明は省略できます。

    列の作成ページで設定を追加する
  8. 選択した列のタイプに応じて、その他のオプションが [列の追加設定] セクションに表示される場合があります。 目的の追加設定を選択します。

  9. [OK] をクリックします。

列で実行できるその他の作業

ご意見をお待ちしています。

この記事はお役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や足りない点をお知らせください。検索によってここに移動してきて、意図した情報ではなかった場合は、お探しになっていた情報をお知らせください。SharePoint、OS、およびブラウザーのバージョンを含めてください。その内容を反映してこちらの手順を見直し、記事を更新します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×