SharePoint のハイブリッド フェデレーション検索の詳細

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ハイブリッド フェデレーション検索では、SharePoint Server のインデックスと Office 365 のインデックスの両方を使用します。SharePoint Server と SharePoint Online の検索サービスは、どちらも他の環境で検索インデックスにクエリを実行して、フェデレーション検索結果を返すことができます。ユーザーが検索センターから検索を実行すると、SharePoint Server の検索インデックスと Office 365 の検索インデックスの両方から検索結果が返されます。

図は、ハイブリッド フェデレーション検索ありとなしの 2 つの環境での検索を示しています。

検索センターでは、環境からの結果を 2 つの別の結果ブロックに表示します。各検索センターは、独自の環境からの検索結果を表示およびランク付けし、他の環境の検索結果に対しては、他の環境からのランク付けを使用します。例として Office 365 の SharePoint Online で検索センターを使用してみましょう。この検索センターは、Office 365 での検索インデックスからの検索結果を表示およびランク付けしますが、SharePoint Server の検索インデックスからの検索結果に対しては、この検索センターは SharePoint Server からのランク付けを使用してこれらの検索結果を受信順に表示します。

図は、ハイブリッド フェデレーション検索を使用した検索結果を、オンプレミスと Office 365 コンテンツのランク付けを分けて示しています。

オンプレミスのネットワーク (Windows Server Active Directory) と Office 365 テナント (Windows Azure Active Directory) 間で Active Directory (AD) を同期している場合、Office 365 はオンプレミスのユーザーを参照するドキュメントのアクセス許可を、対応する Office 365 ユーザーを参照するように (またはその逆に) 変更します。ユーザーには、アクセス権のあるコンテンツの検索結果だけが表示されます。

ハイブリッド フェデレーション検索のシナリオとは

SharePoint Server でのハイブリッド フェデレーション検索結果

図は、Office 365 での検索インデックスと SharePoint Server での検索インデックスから結果を得ているオンプレミスの検索センターを示しています。

SharePoint Server の検索センターで SharePoint Online からの検索結果を示します。送信接続はリバース プロキシ デバイスを必要としないため、これは最も簡単なセットアップ シナリオです。

SharePoint Online でのハイブリッド フェデレーション検索結果

図は、Office 365 での検索インデックスと SharePoint Server での検索インデックスから結果を得ている Office 365 の検索センターを示しています。

SharePoint Online の検索センターで SharePoint Server からの検索結果を示します。このシナリオでは、リバース プロキシ デバイスが必要です。「ハイブリッド SharePoint 2013 の概要 (技術意思決定者向け)」をご覧ください。

SharePoint Server と SharePoint Online からのハイブリッド フェデレーション検索

図は、Office 365 での検索インデックスと SharePoint Server での検索インデックスから結果を得ている Office 365 検索センターと SharePoint Server での検索センターを示しています。

SharePoint Online と SharePoint Server の両方の検索センターで、両方の環境からの検索結果を示します。このシナリオでは、リバース プロキシ デバイスが必要です。「ハイブリッド SharePoint 2013 の概要 (技術意思決定者向け)」をご覧ください。

SharePoint Server ファームまたは SharePoint Online のどちらでハイブリッド フェデレーション検索を設定するべきか

  • 通常、ユーザーが最もよく使用する環境でハイブリッド フェデレーション検索を設定した方が、ユーザーの利便性が高くなります。その方が、ユーザーはコンテンツを検索するためのリモート環境に移動する必要がなくなります。

  • しかし、パフォーマンス上の理由から、通常はほとんどのコンテンツが保存されている環境でハイブリッド フェデレーション検索を設定することをお勧めします。検索結果のほとんどがローカルの配置からの場合、リモートでの展開からの結果が多い場合と比べて、全体のクエリの待機時間が少なくなる可能性があります (ほかの条件が等しい場合)。また、一般的に、ユーザーがローカル コンテンツの検索結果をクリックしてそのコンテンツを開く応答時間は、リモートで保存されているコンテンツを開く場合に比べて短くなります。これは特に大きなファイルの場合に顕著になります。

  • SharePoint Server と SharePoint Online の環境で作業しているユーザーの数がほぼ同じ場合、どちらの環境にも同じくらいの量のコンテンツがある場合、またはほとんどのユーザーが一方の環境で作業していて、ほとんどのコンテンツがもう一方の環境にある場合は、どちらの環境でもハイブリッド フェデレーション検索を設定できます。

重要:  機密性の高いオンプレミスのコンテンツがあり、規制や法的、または地理的な制約により、オンプレミス ネットワークの外部でインデックスを作成できない場合には、そうしたコンテンツに対してクロール除外ルールや別の検索サービス アプリケーションなどを使用して、これを実施するためのいくつかの方法があります。

ハイブリッド フェデレーション検索を管理する場所

ハイブリッド フェデレーション検索は、2 つの環境からのフェデレーション検索結果に基づいているため、ハイブリッド フェデレーション検索をセットアップしない場合と同じく、各環境で個別に検索を管理します。

ハイブリッド フェデレーション検索のしくみ

ハイブリッド フェデレーション検索の重要な要素は、検索先です。ローカル検索インデックスからの結果とリモート検索インデックスからの結果をそれぞれ提供する 2 つの検索先が必要です。たとえば、SharePoint Server の検索センターの SharePoint Online から検索結果を取得する場合、リモートの検索結果のプロバイダーとして SharePoint Online を指定する SharePoint Server で検索先を作成します。検索先およびフェデレーションの詳細については、「SharePoint Server 2013 でクロールとフェデレーションを計画する」、「SharePoint Server 2013 の検索に関する結果ソースの概要」、「SharePoint Server 2013 から SharePoint Online へのハイブリッド フェデレーション検索の構成 - ロードマップ」をご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

SharePoint Server 2013 用のハイブリッド検索を計画する

SharePoint Server 2013 から SharePoint Online へのハイブリッド フェデレーション検索の構成 - ロードマップ

SharePoint Online から SharePoint Server 2013 へのハイブリッド フェデレーション検索の構成 - ロードマップ

SharePoint のハイブリッド検索

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×