SharePoint のクラウド ハイブリッド検索を計画する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint にクラウド ハイブリッド検索をセットアップするには、綿密な計画が必要です。この記事は、信頼性の高い、セキュリティで保護された拡張性の高いクラウド ハイブリッド検索ソリューションを設計することに役立ちます。

ユーザーが必要としている検索エクスペリエンスは何か?

SharePointServer でクラウド ハイブリッド検索の検索アーキテクチャを計画する

オンプレミスのコンテンツのクロール管理の方法を決定する

Active Directory を同期する方法を決定する

組織に機密性の高いオンプレミスのコンテンツがある

クラウド ハイブリッド検索をユーザーに公開する前に検証することを計画する

ユーザーが必要としている検索エクスペリエンスは何か?

クラウド ハイブリッド検索とオンプレミスのコンテンツのフル クロールのセットアップを完了すると、Office 365 の検索センターが Office 365 インデックスからのハイブリッド検索を自動的に表示します。

バーティカル検索 -バーティカル検索は、たとえばビデオだけを表示するなど、コンテンツの特定のセットに検索結果を絞り込みます。SharePoint Server の検索センターで現在バーティカル検索を使用している場合は、Office 365 の SharePoint Online の検索センターでバーティカル検索を再作成する必要があります。

サイトの検索 – 検索インデックスを Office 365 に移動すると、SharePoint Server 内のドキュメント ライブラリの既存の検索が結果を返さなくなります。ユーザーが検索インデックスと同じ環境にある検索センターを使用すると、検索が最も高速になるため、Office 365 検索センターから検索することでエクスペリエンスが高まります。SharePoint Server 2010 の既存のチーム サイトのように、ユーザーがオンプレミスの SharePoint サイトで Office 365 検索インデックスからの結果を必要としている場合、SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 から検索をセットアップできます。SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 で Office 365 検索インデックスからの結果を受け取るリモートの検索先を計画し、クエリ フェデレーションの使用を計画します。Office 365 の SharePoint Online はクエリを処理するため、ユーザーは SharePoint Online がサポートするクエリ構文を使用する必要があります。詳細については、「Show results from Office 365 in on-premises SharePoint Server 2013 with cloud hybrid search (クラウド ハイブリッド検索を使用して、オンプレミスの SharePoint Server 2013 で Office 365 からの結果を表示する)」または「Show results from Office 365 in on-premises SharePoint Server 2016 with cloud hybrid search (クラウド ハイブリッド検索を使用して、オンプレミスの SharePoint Server 2016 で Office 365 からの結果を表示する)」をご覧ください。

電子情報開示 – SharePoint Server および Office 365 の SharePoint Online で電子情報開示を個別に設定する必要があります。

クロスサイト発行- クロスサイト発行では利用できませんクラウド ハイブリッド検索します。

プレビュー - ユーザーが Office 365 から取得された検索結果にポインターを置くと、コンテンツに関する情報とコンテンツのプレビューが表示されます。オンプレミスからの検索結果のコンテンツに関する情報は自動的に表示されますが、このコンテンツのプレビューの表示は設定する必要があります。Office Web Apps Server ファームを計画し、Office Web Apps Server を使用するように SharePoint Server 2013 を構成します。詳細については、「Enable previews of on-premises search results in SharePoint Online (SharePoint Online でオンプレミスの検索結果のプレビューを有効にする)」(SharePoint Server 2013 をお使いの場合)、「Enable previews of on-premises search results in SharePoint Online (SharePoint Online でオンプレミスの検索結果のプレビューを有効にする)」 (SharePoint Server 2016 をお使いの場合) をご覧ください。

ユーザー設定のセキュリティによるトリミング- SharePoint OnlineOffice 365では、カスタムのセキュリティによるトリミングをサポートしていません。

クラウド ハイブリッド検索で場合がありますSharePoint Server使い慣れた検索機能のいくつかの働きが異なります。違いについて、ユーザーに通知する予定です。

おすすめコンテンツ -おすすめコンテンツは、SharePoint Server 2010 の機能です。代わりに Office 365 の SharePoint Online ではクエリ ルールを使用します。

カスタムの検索範囲 - カスタムの検索範囲は、SharePoint Server 2010 の機能です。代わりに、Office 365 の SharePoint Online では検索先を使用します。

検索結果の昇格/降格 - 検索結果の昇格/降格は、SharePoint Server 2010 の機能です。代わりに、Office 365 の SharePoint Online では検索先を使用します。

削除の内部設置型の検索結果のサーバーの全体管理でSharePoint Serverで Search service アプリケーションを選択して"インデックスのリセット] オプションを使用して検索インデックスからすべてのアイテムを削除します。Search service アプリケーションをクラウドには、このオプションを使っていない、オプションは、クロールのデータベースからクロール履歴を削除しますが、クラウドSharePoint Serverで Search service アプリケーションと、検索インデックスOffice 365間の直接の通信がないために、 Office 365インデックスから内部設置型のアイテムを削除しません。これらの内部設置型のアイテムでは、 Office 365インデックス孤立した状態になります。Office 365 の検索インデックスからすべての内部設置型のメタデータを削除する場合は、すべてのオンプレミス コンテンツ ソースを削除します。内部設置型のアイテムを左、Office 365、検索インデックスにプロセスが完了したらは孤立したアイテム、 の孤立したアイテムを削除する方法について説明します。

SharePoint Server で使い慣れている検索機能の一部は、クラウド ハイブリッド検索では使用できません。ユーザーに通知することを計画します。

SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 ファームのマルチテナント - SharePoint Server 2013 またはSharePoint Server 2016 ファームは、Office 365 の SharePoint Online 内の 1 つのテナントにのみ添付できます。そのため、SharePoint Online はマルチ テナントの SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 ファームのテナント分離を保持できません。

カスタム エンティティ抽出 - カスタム エンティティ抽出は、Office 365 の SharePoint Online ではサポートされていないため、クラウド ハイブリッド検索で使用することはできません。

コンテンツ エンリッチメント Web サービス - Office 365 の SharePoint Online では、カスタム エンティティ抽出がサポートされていないため、クラウド ハイブリッド検索でコンテンツ エンリッチメント Web サービスの呼び出しを使用することはできません。

類義語辞典のSharePoint OnlineOffice 365では、類義語辞典をサポートしていないために、類義語辞典がクラウド ハイブリッド検索で使用できません。

SharePointServer でクラウド ハイブリッド検索の検索アーキテクチャを計画する

クラウド ハイブリッド検索をセットアップする際の手順の 1 つは、SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 検索ファームでクラウド検索サービス アプリケーション (クラウド SSA) を作成することです。このクラウド SSA を作成すると、クラウド SSA を実行しているサーバー上に既定の検索アーキテクチャが作成されます。各検索ファームではクラウド SSA を 1 つしか持てませんが、クラウド SSA と組み合わせることで複数の SSA を持つことができます。

クラウド ハイブリッド検索の検索アーキテクチャは、トポロジを形成する検索コンポーネントとデータベース、およびそのトポロジをホストするサーバーで構成されます。トポロジ (検索コンポーネントとデータベースをホストするサーバー) のクロール コンポーネントの数と、各サーバーに必要なハードウェアを計画する必要があります。

作業を開始する前に、クラウド ハイブリッド検索の検索アーキテクチャの検索コンポーネントに慣れるにクラウド ハイブリッド検索の検索トポロジについてお読みください。

手順 1: Office 365 でインデックスを作成できるオンプレミスのコンテンツの量

各 1 TB の記憶域プール領域が、あなたのテナントがSharePoint OnlineのOffice 365では、検索インデックスにコンテンツを内部設置型のアイテムを 100万インデックスを作成できます。20 個のアイテムのしきい値になるまでのクォータを高めるためにスペースを購入することができます。内部設置型のコンテンツの 20 個以上の項目のインデックスを作成する必要がある場合は、このしきい値を高めるためには、 Microsoft サポートにお問い合わせください。

手順 2: クラウド検索アーキテクチャに必要なサイズ

クラウド ハイブリッド検索には、クラウド SSA を作成すると得られる既定の検索アーキテクチャの使用をお勧めします。

サーバーと検索コンポーネントがある検索ファームを示す図です。

灰色のコンポーネントがクラウド ハイブリッドの検索]、[アクティブではありませんが、それらを示すように、サーバー上に配置する必要があります。クラウド ハイブリッド検索の検索トポロジについてで無効になっているコンポーネントについて説明します。

内部設置型の唯一のエンタープライズ検索] の場合と同様、検索アーキテクチャを拡大することができます。主な違いがクラウド ハイブリッド検索のあるのみクロール コンポーネント スケーリングに関連します。クロールを調整する必要がある場合の特定のパフォーマンス要件については、SharePoint 2013 でエンタープライズ検索トポロジのデザインを変更するでクロールの指示に従います (クロールのガイダンスはハイブリッド検索をクラウドにも適用されます)。頻繁に内部設置型のコンテンツをクロールする場合、システム可能性があります調整Office 365テナントを保護するOffice 365検索インデックスに注意してください。検索アーキテクチャに最大 2 つのクロール コンポーネントがある場合は、十分なと許容クロール レートこのなったりする必要があります。

手順 3: クラウド検索アーキテクチャで注意すべきハードウェア要件

仮想マシンを使用した検索アーキテクチャを推奨していますが、物理コンピューターを使用することもできます。詳細については、「サーバーを物理的に実行するか仮想的に実行するかを選択する」をご覧ください。

次の表は、各アプリケーション サーバーまたはデータベース サーバーで最低限必要なハードウェアのリソースを示しています。

サーバー

ホスト上

記憶域

RAM

プロセッサ1

アプリケーション サーバー

A

100 GB

16 GB

1.8 GHz 4x CPU コア

データベース サーバー

B

100 GB

16 GB

1.8 GHz 4x CPU コア

1ここで指定されているのは CPU コア数で、CPU スレッド数ではありません。

上記に加え、

  • 各ホスト サーバーに Windows Server オペレーティング システムの基本インストールと SharePoint Server プログラム ファイル用に十分なディスク領域があることを確認します。ホスト サーバーには、ログ、デバッグ、メモリ ダンプの作成などの診断用、日常業務用、およびページ ファイル用のハード ディスクの空き領域も必要です。通常、Windows Server オペレーティング システムと SharePoint Server プログラム ファイルには、80 GB のディスク領域があれば十分です。

  • SQL ログ領域用の記憶域を各データベース サーバーに追加します。データベースを頻繁にバックアップするデータベース サーバーを設定しない場合、SQL ログ領域によって多くの記憶域が使用されます。SQL データベースを計画する方法の詳細については、「ストレージおよび SQL Server の容量計画と構成 (SharePoint Server 2013)」をご覧ください。

検索コンポーネントとオペレーティング システムからのデータを記憶域間で分散する方法は、検索のパフォーマンスに影響を及ぼします。以下をお勧めします。

  • Windows Server オペレーティング システムのファイル、SharePoint Server プログラム ファイル、および診断ログを、通常のパフォーマンスの 3 つの別々の記憶域ボリュームまたはパーティションに分割します。

  • 検索コンポーネントのデータを、高パフォーマンスの別の記憶域ボリュームまたはパーティションに格納します。

ヒント: ホストに SharePoint Server をインストールする際に、検索コンポーネント データのカスタムの場所を設定できます。データを格納する必要があるホスト上の任意の検索コンポーネントは、この場所にデータを格納します。後からこの場所を変更するには、そのホストに SharePoint Server を再インストールする必要があります。

使用する記憶域が検索コンポーネントとデータベースからのトラフィックを処理できるくらい高速であることを確認します。クロール データベースは、クラウド ハイブリッド検索の検索アーキテクチャで IOPS 要件を持つ唯一のコンポーネントです。クロール データベースには中~高の IOPS が必要です。I/O サブシステムでの一般的な負荷は、1 DPS (1 秒あたりのドキュメント) クロール レートあたり 10 IOPS です。

クラウド SSA の検索トポロジは、SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 での標準 SSA の検索トポロジと同じタイプの検索コンポーネントとデータベースで構成されます。ただし、いくつかの違いがあります。

未使用の検索コンポーネントとクラウド ハイブリッド検索でデータベースを - でクラウド ハイブリッドの検索] はコンテンツを処理し、インデックスを格納し、分析を処理するOffice 365できます。クラウド SSA 処理コンポーネント、インデックス コンポーネント、分析処理コンポーネント、リンクのデータベース、または分析データベースのコンテンツは使用しません。これらのコンポーネントとデータベースがアイドル状態です。

検索コンポーネントとクラウド ハイブリッド検索でデータベースの間の相互作用- 検索コンポーネントとデータベースは、標準的なスロットの検索トポロジと比較して SSA クラウドの検索トポロジで異なる操作します。

コンテンツ ソース、検索ファームと検索コンポーネント、および Office 365 を示す図です。情報はコンテンツ ソースからクロール コンポーネントを経由して Office 365 に流れます。
  1. クロール コンポーネントは、オンプレミス ファームからコンテンツを取得し、このコンテンツを Office 365 の検索インデックスに送信します。また、コネクタを使用してコンテンツ ソースとやり取りし、標準クロール コンポーネントと同じように、クロール データベースを使用してクロールするアイテムに関する一時情報と履歴情報の両方を格納します。

  2. 検索管理コンポーネントは、標準 SSA と同じように、検索に不可欠なシステム プロセスを実行します。

  3. クラウド ハイブリッド検索は Office 365 用に最適化されているため、すべての検索をここから実行することをお勧めします。ただし、SharePoint Server でサイトの検索を設定して、Office 365 で検索インデックスから検索結果を取得することができます。オンプレミスのサイト コレクションで検索を設定して、Office 365 インデックスに対してクエリを実行する場合、このクエリの処理コンポーネントは検索ボックスからのクエリを Office 365 インデックスに渡し、Office 365 インデックスからの結果を検索ボックスに渡します。

オンプレミスのコンテンツのクロール管理の方法を決定する

コンテンツ ソースを効果的に使用する、クロールをスケジュールする、クロール ルールを使用するなど、クロールを管理する方法は、クロールのパフォーマンスと検索の鮮度に影響を与えます。オンプレミスのみを検索するためのクロール管理のガイダンスは、クラウド ハイブリッド検索にも適用されます。詳細については、「SharePoint Server 2013 でクロールするためのベスト プラクティス」をご覧ください。

Active Directory を同期する方法を決定する

オンプレミス コンテンツがクロール、解析、および暗号化される際に、各アイテムのアクセス制御リスト (ACL) もクロールされます。Office 365 検索インデックスは、アイテムと共に ACL を格納するため、システムはオンプレミス ユーザーを Office 365 の同じユーザーとして認識できる必要があります。オンプレミス ネットワーク (Windows Server Active Directory) と Office 365 テナント (Windows Azure Active Directory) 間で Active Directory の同期をセットアップしている場合、システムは ACL を適切なユーザーにマップおよび解釈し、ユーザーは Office 365 インデックスからセキュリティ トリミングされた検索結果を取得します。

作業中のディレクトリ同期を 2 つの方法があります。

  • パスワード同期による Active Directory の同期

  • シングル サインオン (SSO) による Active Directory の同期

SSO オプションを選択すると、SSO のバックアップとして、必要に応じてパスワード同期も構成できますが、少なくともパスワード同期または SSO のいずれかを構成する必要があります。2 つの方法の構成方法の詳細については、「Office 365 とオンプレミス環境との統合」をご覧ください。

一部の組織では、Windows Server Active Directory (AD) で既定のセキュリティ グループのいずれか 1 つ (ドメイン ユーザーのセキュリティ グループなど) を使用して、オンプレミスのコンテンツへのアクセス権を割り当てています。

Azure Active Directory Connect の同期ツールは、既定で一部のオブジェクトを同期から除外します。属性 IsCriticalSecurityObject=true を持つセキュリティ グループは、このツールが除外するオブジェクトの 1 つのセットで、Domain Users はこのようなセキュリティ グループの一例です。そのため、Domain Users のメンバーのアクセス権は Azure Active Directory (AAD) では使用できません。ユーザーがオンプレミスのコンテンツへのアクセスがある場合でも、そのコンテンツに対する検索の結果は得られません。

代わりに、IsCriticalSecurityObject がないグループを使用してアクセス権限を割り当てる = true の場合、たとえば、すべてのユーザー グループ、認証されたユーザー グループ、またはユーザー設定のグループ。オブジェクトと詳細については、同期が予期しない結果を除外するための条件のリストは、 1 つまたは複数のオブジェクトが Azure Active Directory 同期ツールを使用しているときに同期しないを参照してください。

組織に機密性の高いオンプレミスのコンテンツがあるか

一部の組織では、規制、法的、または地理的な制約により、機密性が高いと考えられるオンプレミスのコンテンツを持っています。機密性の高いオンプレミスのコンテンツからメタデータを Office 365 検索インデックスに追加することが禁止されている場合もあります。または、機密性の高いオンプレミスのコンテンツからのメタデータを Office 365 検索インデックスに追加することはできても、限られた人数のユーザーだけしか機密性の高いコンテンツからの検索結果を開くことを許可していない場合もあります。

これらの制約を遵守するハイブリッド検索を設定する方法の 2 つの例を紹介します。

クラウド ハイブリッド検索を設定して、機密性の高いコンテンツへのアクセス権を慎重に計画し、適切なユーザーだけが検索結果を選択したときに機密性の高いコンテンツにアクセスできるようにします。

クラウド ハイブリッド検索をハイブリッド フェデレーション検索と組み合わせて設定します。

クラウド ハイブリッド検索、ハイブリッド フェデレーション検索、エンタープライズ検索を組み合わせたセットアップを示す図です。
  • SharePoint Server で、機密性の高いコンテンツを除くすべてのオンプレミスのコンテンツをカバーする、クラウド検索サービス アプリケーション (クラウド SSA) のコンテンツ ソースを計画します。クロールされたコンテンツのメタデータは、Office 365 の検索インデックスに追加されます。

  • SharePoint Server 2013 で検索を計画するを参照してください機密性の高い、内部設置型のコンテンツをクロールSharePoint Serverのエンタープライズ検索を計画します。機密性の高いコンテンツを含む要件コンテンツ ソースを計画します。メタデータの機密性の高いコンテンツのクロールされたSharePoint Serverで検索インデックスに追加されます。

  • ユーザーがオンプレミスの SharePoint サイトで Office 365 検索インデックスからの結果を必要とする場合、SharePoint Server からハイブリッド フェデレーション検索を計画して、SharePoint Server の検索インデックスと Office 365 検索インデックスから検索結果を表示します。詳細については、「SharePoint Server 2013 用のハイブリッド検索を計画する」をご覧ください。

クラウド ハイブリッド検索をユーザーに公開する前に検証することを計画する

クラウド SSA を作成して設定し、フル クロールが完了すると、Office 365 検索センターは、オンプレミスとオンラインの両方の検索結果を表示します。元の検索エクスペリエンスは変更せずに保持したまま、別の検索センターで新しい検索エクスペリエンスを検証して調整することをお勧めします。

ユーザー設定の検索先をのみOffice 365コンテンツを表示するOffice 365で、検索センターの制限を計画します。次の図は、環境を検証し、ハイブリッドの検索結果の表示方法を微調整することを示しています。

Office 365 との両方を SharePoint Server コンテンツ ファームからにコンテンツが、Office 365 のインデックスを入力する方法を示す図。
  1. オンプレミスの内容です。クロール中、このコンテンツからのメタデータが Office 365 の検索インデックスに追加されます。

  2. Office 365 コンテンツです。クロール中、このコンテンツからのメタデータが Office 365 の検索インデックスに追加されます。

  3. 既定値 (または [既存の) Office 365検索センターします。Office 365コンテンツのみを表示する検索結果を制限する] この検索センターのユーザー設定の検索先を作成します。SharePoint Server 2013を使っている場合にする方法について説明SharePoint Server 2013 でユーザー設定の検索先を作成する、 SharePoint Server 2016を使っている場合は方法について説明に SharePoint Server 2016 でユーザー設定の検索先を作成します。

  4. 新しい Office 365 検索センターで、ここでハイブリッド検索結果の検証や表示方法の調整ができます。この検索センターは既定の検索先を使用し、オンプレミスと Office 365 の両方のコンテンツからの検索結果を表示します。テスト担当者と管理者だけがこのサイトにアクセスできるようにアクセスを設定します。

注: 調整する間、元の検索エクスペリエンスを変更せずに保持しておくことはできますが、元の Office Delve エクスペリエンスを変更せずに保持しておくことはできません。オンプレミスのコンテンツからのメタデータが Office 365 検索インデックスにある場合、Delve でこのコンテンツが表示されます。

関連トピック

SharePoint のクラウド ハイブリッドの検索について理解します。
SharePoint Server 2013 を構成するクラウド ハイブリッド検索
と SharePoint Server 2016 構成クラウド ハイブリッド検索
sharepoint ハイブリッド検索

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×