SharePoint のクラウド ハイブリッド検索の詳細

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint のクラウド ハイブリッド検索ソリューションでは、Office 365 の検索インデックスで、オンプレミスのコンテンツを含む、すべてのクロールされたコンテンツにインデックスを作成します。ユーザーが Office 365 で検索インデックスにクエリを実行すると、オンプレミスと Office 365 コンテンツの両方から検索結果が得られます。

クラウド ハイブリッド検索ありとなしの 2 つの環境での検索を示す図

検索センターは、Office 365 検索インデックスからの結果を 1 つの結果ブロックに表示してランク付けし、オンプレミスからの結果と Office 365 コンテンツからの結果に関係なく、すべての検索結果を対象に、検索関連ランキングと絞り込み条件を計算します。

クラウド ハイブリッド検索による検索結果を統一されたランク付けで示す図

これはインデックスが作成されるコンテンツのメタデータで、このメタデータは Office 365 で検索インデックスに転送される際に暗号化されるため、オンプレミスのコンテンツはセキュリティで保護された状態のままです。オンプレミスのネットワーク (Windows Server Active Directory) と Office 365 テナント (Windows Azure Active Directory) 間で Active Directory (AD) を同期している場合、Office 365 はオンプレミスのユーザーを参照するドキュメントのアクセス許可を、対応する Office 365 ユーザーを参照するように変更します。ユーザーには、アクセス権のあるコンテンツの検索結果だけが表示されます。

詳細情報:

利点とは

どの検索エクスペリエンスはクラウド ハイブリッド検索では、よいですか。

クラウド ハイブリッド検索を管理する場所

どの検索機能のハイブリッド クラウドですか?

利点

  • 組織のコンテンツがオンプレミスと Office 365 の両方にある場合でも、ユーザーは統一された検索結果、検索関連ランキング、絞り込み条件を得られます。

  • 組織が既存の SharePoint Online サーバーを更新しなくても、ユーザーには最新の SharePoint 検索が自動的に提供されます。

  • 検索インデックスの容量を心配する必要がありません。検索インデックスは Office 365 に置かれているからです。つまり、SharePoint Server 検索ファームの足跡が少なくなり、検索の総所有コストが減ります。

  • SharePoint Server 2013 は既存の SharePoint Server 2007 と SharePoint Server 2010 コンテンツ ファームのクロールをサポートしています。

  • SharePoint Server 2016 は、既存の SharePoint Server 2007、SharePoint Server 2010、SharePoint Server 2013 コンテンツ ファームのクロールをサポートしています。

  • 検索インデックスを SharePoint Server の新しいバージョンに移行する必要がありません。Office 365 で自動的に移行されるためです。

クラウド ハイブリッド検索で提供できる検索エクスペリエンス

クラウド ハイブリッド検索をセットアップしているし、内部設置型のコンテンツのフル クロールが完了したら、 Office 365で検索センターが自動的には、 Office 365インデックスからハイブリッドの結果を示します。

バーティカル検索 -バーティカル検索は、たとえばビデオだけを表示するなど、コンテンツの特定のセットに検索結果を絞り込みます。SharePoint Server の検索センターで現在バーティカル検索を使用している場合は、Office 365 の SharePoint Online の検索センターでバーティカル検索を再作成する必要があります。

サイトの検索: SharePoint Server内のドキュメント ライブラリで、既存の検索は、 Office 365に、検索インデックスを移動すると、結果を返すが停止します。検索は、ユーザー エクスペリエンスを向上させるには、 Office 365検索センターから検索するために、検索インデックスと同じ環境では検索センターを使用するときに最もすばやく行う。ユーザーに、オンプレミスの SharePoint サイトでOffice 365検索インデックスからの結果が必要がある場合などSharePoint Server 2010またはSharePoint Server 2013、既存のチーム サイトに設定できますSharePoint Serverで検索をOffice 365インデックスからハイブリッドの結果を表示します。SharePoint Onlineクエリでは、ユーザーは、クエリの構文を使用する必要があるOffice 365プロセスでそのSharePoint Onlineがサポートされます。SharePoint Server でクラウド ハイブリッド検索結果を表示で詳しく説明します。

電子情報開示検索 – SharePoint Server および Office 365 の SharePoint Online で電子情報開示を個別に設定する必要があります。

クロスサイト発行検索 -クロスサイト発行はクラウド ハイブリッド検索では利用できません。

プレビュー - ユーザーが Office 365 から取得された検索結果にポインターを置くと、コンテンツに関する情報とコンテンツのプレビューが表示されます。オンプレミスからの検索結果のコンテンツに関する情報は自動的に表示されますが、このコンテンツのプレビューの表示は設定する必要があります。

カスタムのセキュリティ トリミング - Office 365 の SharePoint Online では、カスタムのセキュリティ トリミングがサポートされていないため、クラウド ハイブリッド検索でカスタムのセキュリティ トリミングは使用できません。

おすすめコンテンツ -おすすめコンテンツは、SharePoint Server 2010 の機能です。代わりに Office 365 の SharePoint Online ではクエリ ルールを使用します。

カスタムの検索範囲 - カスタムの検索範囲は、SharePoint Server 2010 の機能です。代わりに、Office 365 の SharePoint Online では検索先を使用します。

検索結果の昇格/降格 - 検索結果の昇格/降格は、SharePoint Server 2010 の機能です。代わりに、Office 365 の SharePoint Online では検索先を使用します。

オンプレミスの検索結果の削除 - SharePoint Server の中央管理では、Search service アプリケーションを選択し、[インデックスのリセット] オプションを使用して検索インデックスからすべてのコンテンツを削除できます。SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 のクラウド検索サービス アプリケーションと Office 365 の検索インデックスとの間に直接のコミュニケーションがないため、このオプションはクラウド ハイブリッド検索では機能しません。Office 365 検索インデックスから一部のオンプレミスのメタデータだけを削除したい場合は、オンプレミスのコンテンツ ソースを削除するか、ファイルの URL をクロールしないクロール ルールを作成します。Office 365 で検索インデックスからのオンプレミスのコンテンツからすべてのメタデータを削除する必要がある場合は、Microsoft サポートでチケットを開きます。

利用状況レポート: SharePointサイトのクロールされたコンテンツとユーザーの操作に関する情報に基づくレポートを使用します。クラウドSharePoint Server 2013またはSharePoint Server 2016で Search service アプリケーションSharePoint Onlineの利用状況レポートにはSharePoint Server 2013またはSharePoint Server 2016のサイトでユーザーの操作に関する情報が含まれていないようにSharePoint Onlineの使用状況分析とのやり取りされません。

SharePoint Server 2013 または SharePointServer 2016 ファームでのマルチテナント - Office 365 の SharePoint Online 内の 1 つのテナントに添付できるのは、1 つの SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 ファームだけなので、SharePoint Online は、マルチテナントの SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 ファームにテナント分離を保持することはできません。

カスタム エンティティ抽出 - カスタム エンティティ抽出は、Office 365 の SharePoint Online ではサポートされていないため、クラウド ハイブリッド検索で使用することはできません。

コンテンツ エンリッチメント Web サービス - Office 365 の SharePoint Online では、カスタム エンリッチメント Web サービスがサポートされていないため、クラウド ハイブリッド検索でコンテンツ エンリッチメント Web サービスの呼び出しを使用することはできません。

類義語辞典 - 類義語辞典は、Office 365 の SharePoint Online ではサポートされていないため、クラウド ハイブリッド検索で使用することはできません。

クラウド ハイブリッド検索を管理する場所

SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 ファームの全体管理でオンプレミスのコンテンツのクロールを設定します。

Office 365 の SharePoint Online の検索管理でその他のすべての設定を管理します。

クラウド ハイブリッド検索を使用クローラーは同じコンテンツ ソースのクロールを実行し、以前のバージョンの SharePoint サーバーと同じ検索コネクタを使用できます。これにより、クロールし、 Office 365検索インデックスに、SharePoint Server 2007、 SharePoint Server 2010、 SharePoint Server 2013およびSharePoint Server 2016ファームからコンテンツをプッシュすることができます。ただし、 SharePoint OnlineOffice 365では、追加するカスタム セキュリティはさみをサポートしていないために、カスタムのセキュリティ トリミングを必要とするコンテンツのインデックスを作成することはできません。

クローラは、以前のバージョンの SharePoint Server と同じ既定ファイルの種類をクロールできます。オンプレミスで他のファイルの種類をクロールする必要がある場合は、カスタムの iFilter を SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 ファームに追加します。SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 ファームからは、クローラがクロールして Office 365 の検索インデックスに含めるファイルの種類を変更することもできます。

SharePoint Online で検索スキーマを管理します。詳細については、「SharePoint Online で検索センターを管理する」をご覧ください。

Office 365 の検索スキーマでクロールされ、管理されているプロパティ間の既定のマッピングは、オンプレミスのコンテンツにも適用されます。既存の標準 SSA を削除しない限り、SharePoint Server で検索スキーマを設定することはできますが、この検索スキーマはクラウド SSA をクロールするオンプレミスのコンテンツには適用されません。

SharePoint Online の検索スキーマを管理するためのユーザー インターフェイスでは、カテゴリ、クロールされたプロパティ、自動的に作成された管理対象プロパティなどのプロパティの発行元の違いはわかりません。

Office 365 に保存されているコンテンツでは、テナントとサイト コレクション レベルで検索スキーマをカスタマイズすることができます。オンプレミスに保存されているコンテンツの場合は、テナント レベルで検索スキーマのみをカスタマイズできます。検索インデックスでは、オンプレミスに格納されているコンテンツのメタデータは、true に設定された管理プロパティ IsExternalContent を持っています。

検索結果は、ユーザーの Office 365 ID に基づいてセキュリティ トリミングされます。ランク付けでは、オンプレミスと Office 365 コンテンツは区別されず、検索センターの絞り込み条件は Office 365 とオンプレミスのコンテンツの両方を表示します。ただし、いくつかの違いがあります。

  • 検索結果からリンクを開く。オンプレミスのコンテンツから取得した検索結果からリンクを開くには、ユーザーは、仮想プライベート ネットワーク (VPN) 接続を使用してオンプレミスのイントラネットに接続するか、コンテンツが保存されている場所にログオンする必要があります。または、SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 のリバース プロキシ デバイスをインストールして、こうしたリンクをユーザーが開けるようにします。

  • プレビュー。ユーザーが Office 365 から取得された検索結果にポインターを置くと、コンテンツに関する情報とコンテンツのプレビューが表示されます。オンプレミスからの検索結果のコンテンツに関する情報は自動的に表示されますが、このコンテンツのプレビューを表示できるように設定する必要があります。

クラウド ハイブリッド検索のしくみ

重要な要素は クラウド検索サービス アプリケーション (SSA) です。SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 を実行している SharePoint ファームを設定し、このファーム上にクラウド SSA を作成します。サポートされるのは、SharePoint Server ファームあたり 1 つのクラウド SSA だけです。

その手順は次のとおりです。

図は、SharePoint Server コンテンツ ファーム、SharePoint Server とクラウド SSA、Office 365 を示しています。情報は、オンプレミス コンテンツから クラウド SSA を経由して Office 365 の検索インデックスに流れます。
  • オンプレミスのコンテンツ (1) は、クラウド SSA のクローラ (2) によってクロールされ、Office 365 の検索インデックス (3) にプッシュされます。

  • ユーザーが SharePoint Online 検索センターにクエリ (4) を入力し、そのクエリが Office 365 の検索インデックス (3) に送信され、結果が SharePoint Online 検索センター (4) に返されます。

  • 必要に応じて、SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 でサイトの検索を設定して、Office 365 で検索インデックスから検索結果を取得することができます。ユーザーがオンプレミスのサイト検索ボックス (5) にクエリを入力し、そのクエリがクラウド SSA (2) があるサーバーを経由して、Office 365 の検索インデックス (3) に送信されます。結果がクラウド SSA (2) があるサーバーを経由して、オンプレミスのサイト検索ボックス (5) に返されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

SharePoint のクラウド ハイブリッド検索を計画する

Configure cloud hybrid search with SharePoint Server 2013 (SharePoint Server 2013 でクラウド ハイブリッド検索を構成する)

Configure cloud hybrid search with SharePoint Server 2016 (SharePoint Server 2016 でクラウド ハイブリッド検索を構成する)

SharePoint のハイブリッド検索

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×