SharePoint のエンタープライズ コンテンツ管理

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

組織はコンピューターを利用することで、大量のコンテンツや、さまざまなコンテンツを作成できるようになりました。情報は常に求められ、情報を取得するために実にさまざまな方法が考え出されています。たとえば、ドキュメント、電子メール メッセージ、ワークシート、図、プレゼンテーション、ビデオ、Web ページなど、多くの情報があります。

このようなコンテンツが管理されていない場合、必要な情報を見つけたり、状況を追跡したりするのが困難になることがあります。エンタープライズ コンテンツ管理 (ECM) に SharePoint 製品を使うことで、作成からアーカイブまで、というコンテンツのライフ サイクル全体について、コンテンツを整理し、管理することができます。SharePoint ECM によって、Microsoft Office システムの使い慣れたツールと、SharePoint 製品およびテクノロジの一元管理機能とコラボレーション機能とを統合できます。

この記事の内容

ドキュメント管理

デジタル メディア管理

レコード管理

Web コンテンツ管理

ドキュメント管理

SharePoint 製品およびテクノロジの ECM によって生産性が改善され、次の機能が提供されるので、ドキュメントのコレクションを管理しやすくなります。

  • さまざまなコンテンツを一元管理します。    ストアのコンテンツを支援する中央リポジトリで検索するには、共有、および情報を使用します。

  • ドキュメントのプロパティを簡単に操作する    ドキュメント情報パネルを使うと、ドキュメントのプロパティ (メタデータ) をドキュメントで直接参照および編集できるようになります。

  • メタデータをグローバル管理する    コンテンツの整理と検索が容易になるように、用語セットおよびグループを作成できます。

  • すべてのドキュメントを固有のものにする    ドキュメント ID には、コンテンツ コレクションのアセットごとに一意の識別子が用意されています。

  • 時間を節約し設定を再利用します。   コンテンツ タイプを使用すると、マニュアルや仕様書などのコンテンツの特定の種類の共有設定を割り当てることができます。

  • 情報へのアクセスを制御   します。一意に定義された権限を付与するサイト自体に 1 つの文書からすべてのレベルにある情報へのアクセスを制御するためのツールの豊富な

  • 共同作業のドキュメント処理を整理する    組み込みのドキュメント ワークフローを使うと、ドキュメント指向プロセスの開始、追跡、および共同作業を Office デスクトップ プログラムから直接行うことができます。

デジタル メディア管理

SharePoint 製品およびテクノロジは、ビデオやオーディオなどのデジタル メディア コンテンツを再生および管理する機能を統合しました。この機能の特徴は次のとおりです。

  • メディア コンテンツを直接再生する    ビデオ プレーヤーおよびオーディオ プレーヤーは SharePoint 製品に組み込まれています。ビデオおよびオーディオは、ポータル サイト、チーム サイト、公開サイト、コミュニティが生成したサイト、管理されている学習およびトレーニング サイトから、直接再生できます。

  • 最適化されたメディア ライブラリを使う    SharePoint Server のメディア アセット ライブラリは、メディア コンテンツに合わせて最適化されています。メタデータ、コンテンツ タイプ、一意の ID など、ドキュメント ライブラリに役立つすべての管理機能を利用できます。メディア アセット ライブラリには画像およびビデオのサムネイル ビューも用意されています。また、ビデオのプレビューを再生する組み込みの機能もあります。

レコード管理 

SharePoint 製品の統合されたレコード管理機能を使うと、最終的な状態でビジネス レコードを保存し、保護できます。また、組織の情報管理ポリシーをビジネス レコードに適用できます。結果として規制や会社のビジネス ポリシーに確実に準拠した情報にすることができるので、訴訟のリスクを軽減できます。

  • 法律および規制への準拠を改善する    情報の保存、保護、および監査に関するポリシーをビジネス レコードに実装することで、レコードを適切に保持できます。内部/外部の監査担当者は監査記録によって、レコードが正しく保持された証拠を残すことができます。

  • セキュリティで保護されたビジネス レコードと重要なレコード   セキュリティで保護されたリポジトリによりにロックされた最終的な状態にレコードを保存します。

いることを確認証拠開示を容易   優れた方法で法的証拠開示に必要な情報を取得することを確認します。特定のレコードの破棄を防ぐために特別な保留を配置します。

Web コンテンツ管理

Web コンテンツ管理機能を使うと、次の操作を実行できます。

  • コンテンツをすばやく簡単に作成および公開する    使い慣れたツールで、適時に Web コンテンツの作成と管理を行います。

  • Web サイト全体で一貫した外観を維持する    正規のマスター ページおよびページ レイアウトを作成することで、サイトのブランド設定とナビゲーションを指定し、その後は複数のコンテンツ作成者が再利用できるようになります。

  • Web サイトの導入コストおよび管理コストを節約する    イントラネット サイト、エクストラネット サイト、およびインターネット サイトにコンテンツを公開する単一の多層インフラストラクチャを実装できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×