SharePoint に保存する (PowerPivot)

データ モデル アクセスをサポートするように拡張された SharePoint サイトには、Power Pivot データ モデルを含む Excel ブックを保存できます。 ブックの発行後、他のユーザーがブックを表示したり使ったりできるかどうかは、SharePoint のアクセス許可とドキュメントのプロパティによって決まります。

準備

ブックを SharePoint に発行する場合、十分なアクセス許可、ソフトウェア、発行するブックを準備するための知識が必要になります。

サーバー ソフトウェア

ブラウザーでブックを閲覧するには、使っている SharePoint Server 上に Power Pivot for SharePoint と Excel Services が必要になります。 SharePoint 上でブックを処理してレンダリングするには、両方のサービスが必要です。

ライブラリやサイトのコンテキスト メニューを調べると、正しいソフトウェアが搭載されているかどうかを確認できる場合があります。ただし、必要なサーバー ソフトウェアがインストールされているかどうかは、SharePoint 管理者への問い合わせが必要になることもあります。 サイトに Power Pivot ギャラリーが含まれている場合、Power Pivot for SharePoint はインストール済みです。 同様に、Excel デスクトップ アプリケーションにファイルをダウンロードしなくても、Excel ブックをブラウザー ウィンドウで開くことができる場合、Excel Services が SharePoint Server 上で稼働しています。

ブックに対して自動データ更新をスケジュールする場合、サーバー管理者に問い合わせて、データのインポートに使ったデータ プロバイダーがサーバー上でも使用できることを確認してください。

権限

ドキュメントを SharePoint に保存する場合、SharePoint のアクセス許可によって、作業を表示、編集、または削除できるユーザーが決まります。 次の表では、SharePoint のアクセス許可ごとに、発行するブックに与えられる権限について説明します。

権限

権限の説明

表示

表示のアクセス許可を持つユーザーは、ファイルの URL アドレスにアクセスしてブックを開くことができます。 また表示のアクセス許可では、その他の Excel ブックまたはレポートのための読み取り専用外部データ ソースとして、他のユーザーがブックを使うこともできます。

投稿

投稿のアクセス許可では、SharePoint ライブラリでドキュメントを追加、編集、または削除する許可が与えられるため、権限がさらに強くなっています。

フル コントロール

フル コントロールでは、投稿に関連するすべてのアクセス許可が与えられ、さらにリストやライブラリを作成、管理する権限、チェックアウトを取り消す権限も与えられます。

SharePoint サイトまたはライブラリへのアクセス権は、サイト管理者またはサイト所有者がグループや個々のユーザーに指定するアクセス許可を通じて与えられます。

大多数のユーザーには、表示または投稿のアクセス許可が与えられます。 SharePoint サイトで [サイトの操作] メニューを見ると、与えられているアクセス許可を確認できます。 メニュー項目が [すべてのサイト コンテンツの表示] だけである場合、表示のアクセス許可が与えられており、ファイルをその SharePoint サイトに発行することはできません。 メニュー項目の一覧が長くなっている場合、またはリボン内に [ライブラリ ツール] が表示される場合、投稿のアクセス許可が与えられています。

ブックを準備する

Power Pivot データを含む Excel ブックを発行する前に、このチェックリストに従ってドキュメントを準備することをお勧めします。

  1. ファイルを発行した後でも、そのまま変わらずに有効な接続情報でブックを作成するには、参考資料を確認してください。

  2. SharePoint で Power Pivot データを発行する場合は、セキュリティ上の懸念事項を理解してください。

  3. 以下のお勧めの方法では、SharePoint にあるブックの視覚表現を向上させることができます。

    • Excel ワークシートに説明的な名前を付けます。 ドキュメントを Power Pivot ギャラリーに発行すると、ワークシート名はページ ラベルになります。

    • 使っていない視覚要素をオフにします。 Excel ウィンドウを開き、[表示] リボンの [表示/非表示] 領域で [枠線]、[数式バー]、[見出し] をオフにします。

    • 空白になっている Excel ワークシートやレポートに関係ない Excel ワークシートを非表示にします。 Excel ウィンドウでシート タブを右クリックして [シートを表示しない] を選びます。

    • セル A1 を選んでから、ブックの保存や発行を行います。 発行されたファイルをブラウザー ウィンドウで開くと、フォーカスはブックで最後にアクティブだったセルに配置されます。 カーソルをセル A1 に配置すると、ワークシートの左上隅がブラウザー ウィンドウの左上隅に確実に表示されます。

認証と更新の設定を確認する

最良の結果を得るために、認証とデータの更新には Excel の既定の設定を使います。

Windows 認証を確認する

既定の Excel では、Windows 認証が使われるように設定されています。したがって、データ モデルのデータにアクセスする場合、ブックを表示しているユーザーの ID が使われます。 既定の設定をそのまま使うと、Power Pivot サーバー ソフトウェアは、Power Pivot ブックを使っているユーザーについて正確な情報を取得できます。したがって、ユーザーは自分のデータを使っている同僚とより効果的に共同作業を進めることができます。 [なし] または [Secure Store Service (SSS) ID] を指定した場合、組織の実際のユーザーではなく、Excel Services 無人ユーザー アカウント (または SSS ID) に対してブックの使用状況データが記録されます。

  1. Excel の [データ] リボンで [既存の接続] をクリックします。

  2. [既存の接続] ダイアログ ボックスで、ブック内の接続をクリックして [開く] をクリックします。

  3. [プロパティ]、[定義]、[認証の設定] の順にクリックします。

  4. [認証済みのユーザー アカウントを使用する] がオンになっていることを確認します。

更新の制御設定を指定する

更新の制御設定は、Power Pivot ギャラリー ライブラリで Power Pivot ブックをプレビューする方法に影響を及ぼします。 たとえば、ブックで “開く” プロパティに更新を使っており、データ更新操作に対して警告を出すように Excel Services を設定してある場合、ドキュメントのプレビュー イメージではなく、Excel のデータ更新警告の縮小版イメージが表示されます。

  1. Excel の [データ] リボンで [接続]、[プロパティ] の順にクリックします。

  2. [使用状況]、[コントロールの更新] で、以下の推奨事項に基づいて、[ファイルを開くときにデータを更新する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。この推奨事項は、データ モデル データへのアクセス方法によって異なります。

データ アクセス

コントロールの更新に関する推奨事項

ブックに埋め込まれている場合 (最も一般的なシナリオ)

[ファイルを開くときにデータを更新する] チェック ボックスをオフにします。 すべてのデータが埋め込まれているため、ブックを開くたびに更新する必要はありません。

外部データ ソースとして格納されている場合 (たとえば、データのインポートではなく、ブックへの外部データ接続を設定した場合)

[ファイルを開くときにデータを更新する] チェック ボックスをオンにします。 データは別の場所にあるため、 データに対する最新の変更を適用するために更新が必要になります。

プレビュー イメージの生成を可能にするには、Excel Services で [更新時の警告] 設定をカスタマイズするように SharePoint 管理者に依頼してください。 詳細については、TechNet の「PowerPivot サイト用の信頼できる場所の作成」を参照してください。

サーバー側でデータ更新操作を実行する場合 (SharePoint に保存しており、Power Pivot データ更新をスケジュールしたブックの場合)

[ファイルを開くときにデータを更新する] チェック ボックスをオンにします。 このブックではデータ更新がスケジュールされているため、Power Pivot はこのブックで [ファイルを開くときにデータを更新する] を自動的に有効にして、PivotTable キャッシュが新しいデータに確実に置き換わるようにします。 このチェック ボックスをオフにしても、ブックを SharePoint に再び保存するときに自動的にオンにされます。

ファイルの場所を選ぶ

通常、サイトで共有するドキュメントは、ドキュメント ライブラリに入れられます。共有ドキュメントは、最も一般的なドキュメント ライブラリですが、Power Pivot for SharePoint がある SharePoint サイトには、多くの場合、Power Pivot ギャラリーがあります。このギャラリーでは、プレビュー、カスタム ライブラリ ビューの機能があり、ブックのデータ更新設定スケジュールに簡単にアクセスできます。

Power Pivot for SharePoint がある SharePoint Server を選ぶ必要があります。 Power Pivot サーバー ソフトウェアがないサーバーに発行すると、ライブラリからドキュメントを開くときにデータがロードされません。

ブックの保存には、共有ドキュメント、Power Pivot ギャラリー、その他のドキュメント ライブラリを選ぶことができます。 これらの場所を使うには、ライブラリの Web URL アドレスを知っている必要があります。 既定の SharePoint サイトでは、これらのライブラリの Web URL アドレスは次のとおりです。

  • http://<サーバー名>/Shared%20Documents

  • http://<サーバー名>/PowerPivot%20Gallery

  • ライブラリの Web URL アドレスを確認するには、ライブラリでドキュメントを右クリックして [プロパティ] を選びます。 [アドレス (URL)] には、ドキュメントへの SharePoint パスが表示されます。 マウスを使って URL 全体を確実に選んでください。 長い URL の場合、一部が画面上で見えていないこともあります。

  • 多くの場合、URL は使うために編集する必要があります。 特に URL にビューアーやソースのプロパティが含まれている場合、これらのプロパティを削除して、サーバー、サイト、ライブラリ名で構成された有効な場所に変更する必要があります。 たとえば、URL が http://Contoso/Sales/_layouts/xlviewer.aspx?id=/PowerPivot%20Gallery/ContosoSales.xlsx&Source=http%3A%2F%2FContoso%2FPowerPivot%2520Gallery%2FForms%2FAllItems%2Easpx&DefaultItemOpen=1 である場合、太字の部分を残してそれ以外を削除すると、実際の URL パスを得ることができます。 URL プロパティに応じて、発行に使う実際のパスは異なります。たとえば、ContosoSales.xlsx ファイルを発行する場合は 'http://Contoso/Sales/PowerPivot%20Gallery/ContosoSales.xlsx' になり、サイトおよびライブラリだけが必要な場合は、単に 'http://Contoso/Sales/PowerPivot%20Gallery' になります。

  • 場所を選ぶ場合は、ブックの共有相手がアクセスできるライブラリを選びます。ブックへのアクセスを確実に可能にするには、ライブラリまたはドキュメントに対するアクセス許可を要求しなければならない場合があります。

SharePoint にファイルを保存する

  1. Excel で [ファイル]、[名前を付けて保存]、[SharePoint] または [サイト]、 [参照] の順にクリックして場所を選びます。

  2. 既存の場所を使う場合は、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、[ファイル名] ボックスにファイルの名前を入力します。 また、[場所の参照] を選んだ場合は、SharePoint サイト URL の全部または一部を入力します。 http://<サーバー名> など、URL アドレスの一部を入力する場合は、[保存] をクリックして指定したサーバーへの接続を開き、サイト内を参照して使うライブラリを見つけます。 SharePoint URL の例については、このトピックにある「ファイルの場所を選ぶ」を参照してください。

  3. [保存] をクリックして、ブックをライブラリに発行します。

ブラウザー ウィンドウでドキュメントがライブラリに表示されることを確認します。 新たに発行されたドキュメントが一覧に表示されます。 ドキュメントが表示される順位は、ライブラリの設定で決まります (たとえば、日付で昇順で並べ替えられる、または名前でアルファベット順に並べ替えられるなど)。 最新の追加を表示するには、ブラウザー ウィンドウで最新の情報に更新しなければならない場合があります。

SharePoint から Power Pivot ブックをアップロードする

Power Pivot ブックを追加するもう 1 つの方法は、SharePoint サイトからアップロードする方法です。 SharePoint から始める場合は、この方法を使います。

  1. SharePoint サイトで、ドキュメント ライブラリを開きます。

  2. [ライブラリ ツール] で、[ドキュメント]、[ドキュメントのアップロード]、[ドキュメントのアップロード] の順にクリックします。

  3. 保存済み .xlsx ファイルの場所を参照して選び、[OK] をクリックします。

ファイルは SharePoint サイトにアップロードされ、フォルダー内に表示されます。 表示するには、ブラウザー内で [最新の情報に更新] をクリックしなければならない場合があります。 これで SharePoint 内で開くことができるようになります。 ファイルの URL アドレスを伝えて、ファイルがある場所を他のユーザーに知らせることができます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×