SharePoint でメディア ソリューションを作成します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

コードを使わなくても、SharePoint 2013 でメディア ソリューションを簡単に作成できるのをご存じでしょうか。

現在は、ほぼあらゆる企業が音声やビデオを Web サイトに使う時代です。特にビデオは、情報を共有するための優れた手段となっています。ビデオの用途はさまざまで、エンターテイメント、ブランド化、コミュニケーション、トレーニング、顧客サービス、製品カタログにまで広がっています。範囲もさまざまで、ビジネス プランの背景を説明するための長時間のドキュメンタリーであったり、コンピューター画面のプロセスを示す 30 秒間のスナップショットであったりします。ビデオは今や一部の専門家が特権的に制作するものではなく、携帯電話で誰もが作成し、ボタンを押すだけで世界中に送信できる身近なメディアになっています。

企業では、ビジネス資産を管理するのと同じ方法で、ビデオ コンテンツを管理することが求められています。企業や組織の業種を問わず、ビデオを使うニーズがある、また今後使う見込みは十分にあります。SharePoint 2013 はこれに役立ちます。同僚とのビデオの共有からビデオ リソース用の企業レベルのインターネット ポータル構築まで、幅広いニーズに対応します。

次のセクションでは、独自のメディア ソリューションの作成に役立つ情報を紹介します。

新機能についての詳細については、 SharePoint 2013 で拡張されたビデオ機能を参照してください。

この記事の内容

手順 1: 機能をアクティブにします。

手順 2: メディア ライブラリを設定します。

手順 3: メディア コンテンツを追加します。

手順 4: ビデオ プレーヤーとプレーヤー ページを使う

手順 1: 機能をアクティブ化する

拡張メディア処理機能を SharePoint 2013 で有効にするには、サイト コレクション機能を変更する権限を持っている必要があります。

  1. [サイトの設定] ページで、サイト コレクションの管理] で [サイト コレクションの機能] をクリックします。

  2. [サイト コレクションの機能] ページ] で [ビデオとリッチ メディアをアクティブにする] をクリックします。

ページの先頭へ

手順 2: メディア ライブラリを設定する

メディア ライブラリとは、特別な SharePoint ライブラリ アプリであり、画像、音声、ビデオなどのリッチ メディア資産を管理するのに役立つ機能を使うように事前に構成されています。たとえば、メディア ライブラリには次の機能があります。

  • サムネイル中心のビュー

  • オーバーレイの吹き出し

  • RSS によるポッドキャストのサポート

  • デジタル メディア コンテンツ タイプ

  • 画像ファイルからの自動的なメタデータの抽出

メディア ライブラリを SharePoint サイトに追加する方法については、イメージ、オーディオ、またはビデオ ファイルを保存するメディア ライブラリを設定するを参照してください。エンタープライズ デジタル メディア ライブラリを計画する方法については、デジタル資産ライブラリの SharePoint Server 2013 の計画を参照してください。

ページの先頭へ

手順 3: メディア コンテンツを追加する

新しいコンテンツはメディア ライブラリに簡単に追加できます。ライブラリ ページで [新しいアイテム] をクリックする、またはリボンの [新しいドキュメント] をクリックします。どちらの場合でも、使い慣れたオプションが表示され、ファイル情報 (パスとファイル名) を入力するか、参照して指定します。[ビデオ] を [新しいドキュメント] メニューから選んだ場合、コンピューターからアップロードする、ビデオにリンクする、ビデオを埋め込む Web からのコードを入力するオプションも表示されます。

個別のオプションの使い方を覚えておく必要はなく、選んだオプションに応じて SharePoint に表示される手順に従って操作します。

メディア ライブラリにコンテンツを追加する方法の詳細については、ビデオ、オーディオ、または画像をメディア ライブラリにアップロードするを参照してください。または、埋め込みメディア ファイルを SharePoint ページで、ビデオまたはオーディオをページに追加する方法について説明します。

ページの先頭へ

手順 4: ビデオ プレーヤーとプレーヤー ページを使う

SharePoint 2013 には HTML 5 プレーヤーと Silverlight プレーヤーの 2 つのビデオ プレーヤーがあります。SharePoint では、ビデオ セット (ドキュメントやビデオのさまざまな表示などの関連ファイルのコレクション) 内で見つかったビデオ フォーマットに応じて自動的にプレーヤーが選ばれます。HTML 5 プレーヤーがそのビデオ フォーマットを再生できない場合、SharePoint で Silverlight プレーヤーが使われます。

ビデオに複数の表示を設けることもでき、すべての表示は同じビデオ セットに保存されます。ビデオ セット コレクションには、さまざまなデバイス向け、またはさまざまな帯域幅向けに、異なるビデオ表示が含められることがあります。異なる表示を動的に切り替えることができます。

ビデオ プレーヤー ページには、特定のビデオに関連する情報が表示されます。ビデオでは、サムネイル、およびなどでは、(トレーニング ビデオ演習ブック) などの関連するドキュメント、ビデオの所有者、表示するユーザーを指定できます。サムネイル] をクリックして、プレーヤー ページが開きます。ビデオ: すべてのメタデータ、可能なその他の任意の表示と縮小表示のすべてのアイテムへのアクセスがあります。

サムネイルは、ほとんどのユーザーが Web 上のビデオを操作するときに最初に目にする情報です。サムネイルは検索、ファイル リスト、ポータル ページなどのさまざまな場所に表示されます。サムネイルを見ることで、利用者はビデオの内容を事前にイメージできます。

SharePoint を使うと、SharePoint ライブラリ内のビデオのサムネイルを取り込んだり、ライブラリ内のビデオのサムネイル画像をアップロードしたりする作業が簡単になります。ビデオ プレーヤー ページのオプションを使って簡単に操作できます。ビデオ ファイルが SharePoint サイトに格納されている場合、ビデオ自体からサムネイルを実際に取り込むことができます。簡単なだけでなく、ビデオのアクションからさまざまな静止画を取り込むのは楽しい過程でもあり、後でどれを使うかを決めることができます。または、コンピューターや Web アドレスから画像ファイルをアップロードできます。

縮小表示を作成する方法を発見、取り込む、またはビデオのサムネイルの変更を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×