SharePoint でコンテンツ検索 Web パーツを設定する

コンテンツ検索 Web パーツで単純なと高度なクエリを構成することによって、SharePoint ページにコンテンツを表示します。

コンテンツ検索 Web パーツ (CSWP) について

訪問者が CSWP ページを閲覧すると、Web パーツによってクエリが自動的に発行されます。 CSWP 内で検索結果が表示されます。 ほとんどの場合、現在目にしているコンテンツを表示するためにどのような技術が使用されているかを、訪問者が意識することはありません。 訪問者にとって、それらのコンテンツは他の Web ページに似た外観のように感じられます。

CSWP 内でクエリを設定すると、訪問者が CSWP を含むページを閲覧したときに、どのようなコンテンツが表示されるかを定義できます。 既定では、CSWP 内のクエリは、サイト内で最近変更された 3 つのアイテムを表示するように設定されています。 クエリを設定すると、CSWP 内で表示されるアイテムの数と、表示されるコンテンツを変更できます。 たとえば、CSWP で特定のリストから取得した 9 つのアイテムが表示されるように、または訪問者がドキュメント ライブラリ内で過去に作成した 6 つのドキュメントが表示されるように、クエリを設定することができます。

ページの先頭へ

コンテンツ検索 Web パーツを追加する

  1. 自分が、Web パーツの追加先サイトの SharePoint 編集者グループのメンバーであることを確認してください。

  2. Web パーツを追加するページに移動します。

  3. [設定] [サイトの設定] の代わりになる小さな [設定] ギア で、[ページの編集] を選びます。

  4. Web パーツを追加するゾーンで、[Web パーツの追加] を選びます。

  5. [カテゴリ] リストで、[おすすめコンテンツ] をクリックします。

  6. [パーツ] リストで、[コンテンツ検索]、[追加] の順にクリックします。

ページの先頭へ

コンテンツ検索 Web パーツ内で単純なクエリを設定してコンテンツを表示する

単純なクエリの場合、CSWP を発行するのには、たとえば、する場合や、特定のタグなったり元に、検索結果を制限することが考えられますのみ場合 [基本] タブで設定オプションを使用してください。

コンテンツ検索 Web パーツ内でクエリを設定する場合の [基本] タブ

  1. 自分が、CSWP を含むサイトの SharePoint 編集者グループのメンバーであることを確認してください。

  2. 編集する CSWP を含むページに移動します。

  3. [設定] [サイトの設定] の代わりになる小さな [設定] ギア で、[ページの編集] を選びます。

  4. Web パーツで、Web パーツ メニューの矢印をクリックし、[Web パーツの編集] をクリックします。

  5. Web パーツのツール ウィンドウで、[プロパティ] セクションの [検索条件] セクションにある [クエリの変更] をクリックします。

    上の図のようなダイアログ ボックスが表示されます。 ここで、次の表で説明するようにクエリを設定できます。

クエリの選択

検索先を選んで、検索対象のコンテンツを指定します。

アプリで制限する

特定のサイト、ライブラリ、リスト、または URL に結果を制限するためのオプションを一覧から選びます。

タグで制限する

特定の用語でタグ付けされているコンテンツのみに、結果を制限します。

次のいずれかを選びます。

どのタグでも制限しない

検索結果を用語で制限しません。

現在のページのナビゲーション用語で制限する

検索結果は、現在のページのナビゲーション用語でタグ付けされたコンテンツに制限されます。 ナビゲーション用語はフレンドリ URL の最後の部分に表示されます。 このオプションは、管理ナビゲーションを使用しているサイトでのみ有効です。

現在のナビゲーション用語と子の用語で制限する

検索結果は、現在のページのナビゲーション用語 (フレンドリ URL の最後の部分として表示される) でタグ付けされたコンテンツ、および現在のナビゲーション用語の下位用語でタグ付けされたコンテンツに制限されます。 このオプションは、管理ナビゲーションを使用しているサイトでのみ有効です。

注: クロス サイト発行のシナリオでこの選択肢が機能するのは、[クエリの選択] メニューから選んだ検索先が、発行サイトをカタログに接続したときに作成されたカタログ検索先である場合だけです。

このタグで制限

検索結果は、ボックスに入力したタグでタグ付けされたコンテンツに制限されます。

ページの先頭へ

コンテンツ検索 Web パーツ内で高度なクエリを設定してコンテンツを表示する

キーワード クエリ言語 (KQL) 構文のリファレンスを使用するたとえば、CSWP を発行クエリを拡張している場合は、基本] タブの [詳細モードで使用できる設定オプションを使用する必要があります

詳細モードでクエリを設定するときに使用することもクエリ変数します。クエリ変数は、クエリの実行時に、値に置き換えをプレース ホルダーです。クエリ変数の例は、{User.Name} プレース ホルダーは、ページ、または {URLToken.1} を表示したユーザーの名前を参照される URL の最初の値のプレース ホルダー右から左に計算の対象とします。

  1. 自分が、CSWP を含むサイトの SharePoint 編集者グループのメンバーであることを確認してください。

  2. 編集する CSWP を含むページに移動します。

  3. [設定] [サイトの設定] の代わりになる小さな [設定] ギア で、[ページの編集] を選びます。

  4. Web パーツのツール ウィンドウで、[プロパティ] セクションの [検索条件] セクションにある [クエリの変更] をクリックします。

  5. 表示されるダイアログ ボックスで、[詳細モードへの切り替え] をクリックします。

  6. 次の表の説明に従って、クエリを設定します。

[基本] タブ

クエリの選択

検索先を選んで、検索対象のコンテンツを指定します。

キーワード フィルター

キーワード フィルターを使用すると、クエリ変数をクエリに追加します。利用可能なクエリ変数のリストは、 SharePoint Server 2013 のクエリ変数を参照してください。

ドロップダウン リストから定義済みのクエリ変数を選び、[キーワード フィルターの追加] をクリックして、クエリにそのクエリ変数を追加することができます。

プロパティ フィルター

プロパティ フィルターを使って、検索スキーマ内で [クエリ可能] に設定されている管理プロパティのコンテンツを照会できます。

[プロパティ フィルター] ドロップダウン リストから管理プロパティを選ぶことができます。[プロパティ フィルターの追加] をクリックして、フィルターをクエリに追加します。

注: プロパティ フィルターの一覧では、ユーザー設定の管理プロパティは表示されません。クエリ テキスト] ボックスで、クエリにユーザー設定の管理プロパティを追加するには、 MyCustomColorProperty:Greenなど、クエリの条件が続く、ユーザー設定の管理プロパティの名前を入力します。

クエリ テキスト

キーワード クエリ言語 (KQL)] を使用して、クエリを入力するか、キーワード フィルター ] および [プロパティ フィルターリストを使用してクエリを作成します。

キーワード クエリは、フリーテキスト キーワード、プロパティ フィルター、または演算子で構成することができます。 クエリ変数はかっこで囲みます。 クエリの実行時、クエリ変数は値に置き換えられます。

キーワード クエリの最大長は 2,048 文字です。

[絞り込み条件] タブ

このタブを使用して、検索結果を、絞り込み条件の値を 1 つ以上含むアイテムのみに制限することができます。 [絞り込み条件を選択] セクションで表示されている検索スキーマで、絞り込み条件として有効になっている管理プロパティです。 この一覧で絞り込み条件の値を選び、[追加] をクリックしてクエリに追加します。

1 つ以上の管理プロパティに対して検索結果をグループとして表示するには、[詳細表示] を選びます。 これは、指定したアイテムに対して複数のバリエーションを表示し、1 つの結果にグループ化したい場合に便利です。

[並べ替え] タブ

このタブで、検索結果を並べ替える方法を指定できます。 [並べ替え] ドロップダウン リストで一覧表示されている検索スキーマで、並べ替え可能として設定されている管理プロパティです。 一覧で管理プロパティを選び、[降順] または [昇順] を選びます。 さらに並べ替えレベルを追加するには、[並べ替えレベルの追加] をクリックします。

[並べ替え] の一覧から [ランク] を選んだ場合は、並べ替えに使うランク付けモデルを [ランク付けモデル] 一覧から選びます。 [動的順序付けのルールの追加] を選んで、複数のルールと条件を追加することもできます。

[設定] タブ

クエリ ルール

クエリ ルールを使用するかどうかを選びます。

URL の書き換え

発行サイトをカタログに接続したときの定義に従って、URL を、各カタログ アイテムに対する相対的なアイテム詳細ページに書き換えたい場合に選びます。 [URL を書き換えない] を選んだ場合は、カタログ アイテムに対応する URL は、接続先カタログのライブラリ アイテムを直接指すようになります。

読み込み時の動作

CSWP によって返された検索結果を Web ページに表示したいときに選びます。 既定のオプションである [同期オプション: サーバーからクエリを発行します] を使用する場合は、クエリはサーバーから発行され、検索結果は、SharePoint から返されるページ応答の中に含まれます。 [非同期オプション: ブラウザーからクエリを発行します] を選んだ場合は、ページ全体を受信した後、クエリはユーザーのブラウザーから発行されます。 [おすすめ候補] や [人気のあるアイテム] のようなコンテンツに対して、このオプションを使用できます。

優先度

他の検索 Web パーツに関連して、この Web パーツで表示されるコンテンツの優先度を選びます。 負荷が大きい時に SharePoint が実行されている場合は、優先度に従って各クエリが実行されます。

キャッシュ

ある Active Directory セキュリティ グループのユーザーの検索結果をキャッシュする場合、そのグループを選びます。 セキュリティ グループの検索結果をキャッシュすると、ページの読み込み時間を短縮できます。

注: 検索結果が同じグループ内のすべてのユーザーのセキュリティ グループを選択する必要があります。詳細については、コンテンツ検索 Web パーツのキャッシュを高速にロードするページを参照してください。

[テスト] タブ

このタブで、CSWP から送信される詳しいクエリをプレビューできます。

クエリ テキスト

CSWP によって実行されるクエリを表示します。

[詳細表示] をクリックして詳しい情報を表示します。

クエリ テンプレート

クエリに適用されるクエリ テンプレートのコンテンツを表示します。

絞り込み条件

クエリに適用される絞り込み条件。[絞り込み条件] タブで定義します。

グループ化

[絞り込み条件] タブの定義に従って、管理プロパティによってグループ化された検索結果を表示します。

適用されたクエリ ルール

クエリに適用されるクエリ ルールを表示します。

クエリ テンプレート変数

クエリに適用されるクエリ変数および現在のページに適用される変数の値を表示します。 結果をプレビューするには、[クエリのテスト] をクリックします。

さまざまなユーザー セグメントの用語に対してクエリがどのように動作するかをテストするには、[ユーザー セグメントの追加] の用語を選びます。 結果をプレビューするには、[クエリのテスト] をクリックします。

クエリ テキスト

CSWP によって発行されるクエリを表示します。

ページの先頭へ

コンテンツ検索 Web パーツ内でコンテンツが表示される方法を制御する

CSWP 内でコンテンツが表示される方法を制御するには、表示テンプレートをカスタマイズするのにがあります。カスタム表示テンプレートを作成する方法については、 SharePoint 2013 のデザイン マネージャー表示テンプレートを参照してください。

ページの先頭へ

ページの読み込み時間を小さくために、コンテンツ検索 Web パーツを構成する方法に関するヒント

CSWP には、多くのクエリを設定するための柔軟性が用意されています。ただし、 SharePointが、クエリでは、もう一度につながるが強化されるページの読み込み時間を解決するのには作業量を増やすには非常に複雑なクエリを使用する Web パーツを構成する場合。検索の専門用語でが強化されるクエリ待機時間と同じです。

次のヒントは、クエリの複雑さとページの読み込み時間を軽減することができます。

  • 複数の OR 演算子を使用しないでください。クエリの複雑さと演算子をより OR 演算子の増加。クエリに OR 演算子が含まれている場合は、代わりに演算子を使用するクエリを変更してみてください。

  • ワイルドカード演算子 (*) を使用しないでください。完全一致を使用するクエリを構成するのには、代わりにしてください。

  • キーワード句を使用しないでください。代わりに、1 つのキーワードを使ってみてください。

  • ユーザーのプロパティまたは用語と用語セットのプロパティが含まれるクエリ変数を使用しないでください。およびこれらのプロパティの例については、 SharePoint Server 2013 のクエリ変数を参照してください。

  • 並べ替えレベル、動的順序付けルールなどのユーザー設定の並べ替えを追加しないようにします。既定の並べ替えの [並べ替え] タブで、基準にして並べ替えるランク付けモデルプルダウン メニューからオプションを使用しようとするは、代わりに

  • クエリ ルールを使用しているのではない場合は、[設定] タブからクエリ ルールを使用しないを選択します。

  • いないを使っている CSWP製品カタログから内容を表示する場合は、[設定] タブからUrl の書き換えしないを選択します。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

関連項目

検索結果 Web パーツの設定を変更します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×