Services の Web データベース テンプレートを使用して、見積を支払い済み請求書に変換する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Access 2010 Services Web データベース テンプレートでは、見積、請求、顧客、およびサービス業務の運営に関連するその他のデータを追跡できるように、すぐに使用可能なデータベースが作成されます。

次のビデオでは、このテンプレートを使用する方法の簡単なシナリオを示します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

されていない場合は、サービス テンプレートをダウンロードします。

このテンプレートを使用して独自のデータベースを作成し、そのデータベースをビジネスに活用する方法を習得します。

この記事の内容

初めてデータベースを起動します。

はじめに: サービス データベースに既存のデータを追加します。

ダッシュ ボード]: アクティブな見積と請求書を追跡します。

[見積]: すべての見積を管理します。

請求書]: すべての請求書を管理します。

レポート センター]: を表示して、レポートを印刷します。

詳細設定]: サービス、製品、社員、および顧客を管理します。

次のステップ

初めてデータベースを起動する

ダイアログ ボックスが表示され、サンプル データを保持するか、独自のデータを入力できるようにサンプル データを削除するかを選択できます。

サービス Web データベース テンプレートの開始フォーム

1. データベースを開き、サンプル データを操作するのには、左側のボタンをクリックします。Access は、Northwind Traders の架空の会社のデータをサービス データベースに表示されます。

2. 独自の入力を開始できるようにサンプル データを削除するのには、右側のボタンをクリックします。

サンプル データを削除すると、それ以降スタートアップ ダイアログ ボックスも表示されなくなります。

3.] ダイアログ ボックスを後でもう一度表示されないようにするのにチェック ボックスをオフにします。

注: サービス テンプレートでは、通貨データを表示するすべてのフィールドおよびコントロールに、通貨記号としてドル記号 ($) が使用されます。お住まいの地域で異なる通貨記号が使用されている場合は、サンプル データを削除する前に、関連するフィールドとコントロールの調整を検討する必要があります。 詳細については、参照のリンク先を参照してください。

はじめに: サービス データベースに既存のデータを追加します。

[概要] タブには、次の他のタブが含まれており、ビジネス データの整理と準備に役立ちます。

[概要] タブ

機能

ようこそ

便利なリソースへのリンク

会社情報

請求書および他のレポートで使用するための会社に関する情報を保存するフィールド

従業員

社員のデータシート ビュー。ログインした社員が新しい見積と請求書に記録されます。

サービス

見積と請求書に追加できるサービスのデータシート ビュー

製品

再販売または使用する製品のデータシート ビュー。ここにある製品を見積と請求書に追加できます。

見積と請求書

2 つのデータシート ビュー: 見積と請求書

スタートアップ ダイアログ ボックスの [データの入力を開始する] をクリックすると、[概要] の [ようこそ] タブに移動し、新しいサービス データベースにデータを入力することができます。

サービス Web データベース テンプレートの [開始フォーム] タブ

[概要] タブを使用してすべてのデータを入力する必要はありません。すばやく作業できるようにこのタブがあります。上記の [概要] タブに入力できるほとんどの情報は、[見積] タブまたは [請求書] タブなどのメインのタブにも入力することができます。ただし、会社情報 (見積と請求書に表示される) を入力できるのは、[会社情報] タブを使用した場合だけです。

[ようこそ] タブ: ヘルプとその他のリソース

[ようこそ] のリンクは、サービス データベースを最大限に活用するのに役立つ最新のリソースを示します。リンクは変わりませんが、リンク ターゲットが更新され、新しいリソースが利用可能になります。

  • [ようこそ] タブの情報を確認したら、[次へ] をクリックして [会社情報] タブに進みます。

会社情報] タブ: 会社情報の入力

[会社情報] タブで、会社名、所在地、電話番号、電子メール アドレスなど、会社に関する情報を入力できます。また、この情報は、データベースを基に作成される請求書やその他のレポートにも表示されます。

サービス データベース テンプレートの [会社情報] タブ

  • ボックスに会社の情報を入力し、[次へ] をクリックします。

社員] タブ: 社員情報を入力

[社員] タブで、データベースに社員を追加できます。これは、社員の作業内容を管理するのに役立ちます。たとえば、新しい見積が作成されると、ログインした社員が新しい見積の一部として記録されます。

  • 各社員の情報をデータシートに入力して、[次へ] をクリックします。

    また、メインの [社員] タブで社員の表示、編集、および追加を行うこともできます。

[サービス] タブ: サービス情報を入力

[サービス] タブで、各サービスの時間単価など、提供するサービスに関する情報を追加します。また、サービスを削除したり、サービスを廃止とマークしたりすることで、サービスを削除することもできます。サービスを削除できるのは、見積または請求書にサービスが表示されない場合だけです。

サービスを見積または請求書に追加すると、そのサービスの既定の時間単価が見積または請求書に追加されます。ただし、特定の見積または請求書を送信する前に、サービスの時間単価を調整することができます。見積または請求書での時間単価は、サービスの既定の時間単価には影響しません。

Excel で保存したサービスのサービスを追加する

Excel からデータをコピーして Access データシートに貼り付けることができます。データをコピーして貼り付けると、特にデータシートの列と同一、またはよく似ている行や列に Excel のデータが既に入力されている場合に時間の節約になります。

Excel データをコピーして Access に貼り付ける際には、主に 2 つの注意事項があります。

  • Excel のデータが (列) ではなく行に配置されている場合、する必要がありますExcel でデータを入れ替えるAccess に貼り付ける前にします。

  • Excel の列が Access データシートの列と同じ順序でない場合は、する必要があるExcel で列を並べ替えるAccess に貼り付ける前に

重要: [サービス コード] 列では、サービスごとに値を設定する必要があり、値は一意でなければなりません。すなわち、2 つ以上のサービスを同じ名前にすることはできません。

注:  この手順では、[サービス] データシートの 4 つの列すべてにデータが入力されていることを前提とします。それらの列のすべてにデータがない場合、保持しているデータをコピーできます。サービス コードは、必須であり、値を一意にする必要がある唯一の列です。

Excel データを行から列に入れ替える

ヒント:  データが Access データシートの列と同じ順序で配置されていない場合は、Excel でワークシートを挿入し、データを新しいワークシートに入れ替えることを検討してください。新しいワークシートを使用すると、簡単に Access データシート列と同じ順序でデータを配置することができます。

  1. Excel でデータを選択し、Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

    ヒント:  隣接していない複数のセルのグループを選択するには、Ctrl キーを押しながら選択します。

  2. [貼り付けのオプション] では、選択したデータ (たとえば、セル選択の最下位の行の下) の外側のセルを右クリックし、[置換] をクリックします
    行列を入れ替えて貼り付ける

サービス データシートとは順序が異なる Excel データの列を並べ替える
  1. サービスに関するデータを含む Excel ブックを開きます。

  2. 新しいワークシートを挿入します。この手順については、Excel の記事挿入または削除するワークシートを参照してください。

  3. 新しいワークシートで次の操作を行います。

    1. 入力するか、セル A1 にサービス コードを貼り付けます。

    2. 入力するか、セル B1 にサービスの説明を貼り付けます。

    3. 入力するか、セル C1 に既定の時間単価を貼り付けます。

    4. 入力するか、セル D1 にノートを貼り付けます。

  4. 列 A にサービスの名前やコードをコピーする場合、次の操作を行います。

    1. 名前またはコードが記載されているワークシートのタブをクリックします。

    2. 名前またはコードのリストを選択し、Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

    3. 新しいワークシートのタブをクリックします。

    4. セル A2 を選択して、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

  5. サービスの説明を列 B にコピーする場合、次の操作を行います。

    1. セル B2 をクリックし、等号 (=) を入力します。

    2. 説明が記載されているワークシートのタブをクリックします。

    3. 最初の説明が含まれているセルをクリックして、Enter キーを押します。
      Excel でセル参照が新しいワークシートのセル B2 に貼り付けられます。

    4. 新しいワークシートでは、セル B2 をもう一度クリックし、[ フィル ハンドル フィル ハンドル をダブルクリックします。
      リストの他のセル参照を列 B に貼り付けられます

  6. 手順 5 を繰り返し、列 C を使用してサービスの既定の時間単価をコピーします。

  7. 手順 5 を繰り返し、列 D を使用してサービスのメモをコピーします。

サービス データシートの列と順序が同じ列からデータを貼り付ける
  1. Excel でデータを選択し、Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

    隣接していない複数のセルのグループを選択するには、Ctrl キーを押しながら選択します。

  2. Access の [サービス] タブで、データシートのアスタリスクを右クリックし、[貼り付け] をクリックします。
    サービス データシートのショートカット メニュー

サービスを 1 つずつ追加する

  • [新しいサービスの追加] をクリックし、"サービスの詳細" フォームを開き、サービスに関する情報を入力します。
    または

  • [サービス] タブで、データシートにデータを入力します。

製品] タブ: 製品の情報を入力します。

[製品] タブで、サービス時に再販売または使用する製品に関する情報を追加します。

製品を見積または請求書に追加すると、単価が見積または請求書または一部として記録されます。ただし、特定の見積または請求書を送信する前に製品の単価を調整できます。見積または請求書での価格調整は、製品の単価に影響しません。

Excel で保存した製品データを追加する

Excel からデータをコピーして Access データシートに貼り付けることができます。データをコピーして貼り付けると、特にデータシートの列と同一、またはよく似ている行や列に Excel のデータが既に入力されている場合に時間の節約になります。

Excel データをコピーして Access に貼り付ける際には、主に 2 つの注意事項があります。

  • Excel のデータが (列) ではなく行に配置されている場合、する必要がありますExcel でデータを入れ替えるAccess に貼り付ける前にします。

  • Excel の列が Access データシートの列と同じ順序でない場合は、する必要があるExcel で列を並べ替えるAccess に貼り付ける前に

重要: [製品コード] 列では、サービスごとに値を設定する必要があり、値は一意でなければなりません。すなわち、2 つ以上のサービスを同じ名前にすることはできません。

注:  この手順では、[製品] データシートの 4 つの列すべてにデータが入力されていることを前提とします。それらの列のすべてにデータがない場合、保持しているデータをコピーできます。[製品コード] は、必須であり、値を一意にする必要がある唯一の列です。

Excel データを行から列に入れ替える

データが (列ではなく) 行にある場合、そのデータを Access に貼り付ける前に Excel のデータを入れ替える必要があります。

ヒント:  データが Access データシートの列と同じ順序で配置されていない場合は、Excel でワークシートを挿入し、データを新しいワークシートに入れ替えることを検討してください。新しいワークシートを使用すると、簡単に Access データシート列と同じ順序でデータを配置することができます。

  1. Excel でデータを選択し、Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

    隣接していない複数のセルのグループを選択するには、Ctrl キーを押しながら選択します。

  2. [貼り付けのオプション] では、選択したデータ (たとえば、セル選択の最下位の行の下) の外側のセルを右クリックし、[置換] をクリックします
    行列を入れ替えて貼り付ける

製品データシートとは順序が異なる Excel データの列を並べ替える
  1. 製品に関するデータが含まれている Excel ブックを開きます。

  2. 新しいワークシートを挿入します。この手順については、Excel の記事挿入または削除するワークシートを参照してください。

  3. 新しいワークシートで次の操作を行います。

    1. 入力するか、セル A1 に製品コードを貼り付けます。

    2. 入力するか、セル B1 に製品の説明を貼り付けます。

    3. 入力するか、セル C1 に単価を貼り付けます。

    4. セル D1 に単位あたり数量を入力するか貼り付けます。

    5. 入力するか、セル E1 にノートを貼り付けます。

  4. 列 A に製品の名前やコードをコピーする場合、次の操作を行います。

    1. 名前またはコードが記載されているワークシートのタブをクリックします。

    2. 名前またはコードのリストを選択し、Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

    3. 新しいワークシートのタブをクリックします。

    4. セル A2 を選択して、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

  5. 製品の説明を列 B にコピーする場合、次の操作を行います。

    1. セル B2 をクリックし、等号 (=) を入力します。

    2. 説明が記載されているワークシートのタブをクリックします。

    3. 最初の説明が含まれているセルをクリックして、Enter キーを押します。
      Excel でセル参照が新しいワークシートのセル B2 に貼り付けられます。

    4. 新しいワークシートでは、セル B2 をもう一度クリックし、[ フィル ハンドル フィル ハンドル をダブルクリックします。
      リストの他のセル参照を列 B に貼り付けられます

  6. 手順 5 を繰り返し、列 C を使用して製品の単価をコピーします。

  7. 手順 5 を繰り返し、列 D を使用して製品の単位あたり数量をコピーします。

  8. 手順 5 を繰り返し、列 E を使用して製品のメモをコピーします。

製品データシートの列と順序が同じ列からデータを貼り付ける
  1. Excel でデータを選択し、Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

    隣接していない複数のセルのグループを選択するには、Ctrl キーを押しながら選択します。

  2. Access の [製品] タブで、データシートのアスタリスクを右クリックし、[貼り付け] をクリックします。
    サービス データシートのショートカット メニュー

製品を 1 つずつ追加する

  • [新しい製品の追加] をクリックして "製品の詳細情報" フォームを開き、製品の情報を入力します。
    または

  • [製品] タブのデータシートにデータを入力します。

見積と請求書] タブ: 見積と請求書を入力します。

一部の見積と請求書が手元にある場合は、[見積と請求書] タブのデータシートに入力できます。

  1. 見積を入力するには、[新しい見積の追加] をクリックします。請求書を入力するには、[新しい請求書の追加] をクリックします。

  2. 開いている詳細フォームに、状態、見積または請求書を作成した社員、顧客などの情報を入力します。

  3. データベースにない顧客を入力した場合、新しい顧客の入力を求めるメッセージが表示されます。[はい] をクリックして、新しい顧客に関する情報を入力します。データシートを閉じると、入力した顧客が [顧客] ドロップダウン リストに表示されるようになります。

  4. 各見積または請求書の入力を終了した後に [保存して閉じる] をクリックします。データが保存され、フォームを閉じます。

  5. 既存の見積と請求書の追加を終了するには、[次へ] をクリックします。

ページの先頭へ

ダッシュ ボード]: アクティブな見積と請求書を追跡します。

[ダッシュボード] タブには、未処理の見積と未払いの請求書を追跡したり、新しい見積または請求書を追加したりするための便利な機能が用意されています。

サービス データベース テンプレートの [ダッシュボード] タブ

見積または請求書に関する詳細を表示する

  • [見積番号] の値をクリックし、その見積の "見積の詳細" フォームを開きます。

    ステータスが [新規作成場合、送信前 – などに、に、見積の詳細を編集することができます。

  • [請求書番号] の値をクリックし、その請求書の "請求書の詳細" フォームを開きます。

新しい見積または請求書を作成する

  • [新しい見積] または [新しい請求書] をクリックし、表示されるフォームに入力します。

    注: データベースにログインしていない場合には、[営業担当者] ドロップダウン リストから名前を選択し、見積または請求書に追加します。

ページの先頭へ

[見積]: すべての見積を管理します。

[見積] タブには、見積をその状態に基づいて管理するのに役立つビューが用意されています。

サービス データベース テンプレートの [見積書] タブ

見積は以下のタブに一覧表示されます。

  • アクティブ    請求されていない、却下されている、または期限が切れている見積を一覧表示します。

  • 承認済み    承認または請求されている見積を一覧表示します。

  • 請求済み    請求されている見積を一覧表示します。表示されている見積の請求書を表示できます。

  • 期限切れ    請求されずに期限切れとなった見積を一覧表示します。

  • 却下済み    却下された見積を一覧表示します。却下された見積を請求用に使用できるように承認することができます。

見積に関する詳細を表示する

  • [見積番号] の値をクリックし、その見積の "見積の詳細" フォームを開きます。

    ステータスが [新規作成場合、送信前 – などに、に、見積の詳細を編集することができます。

"見積の詳細" フォーム

"見積の詳細" フォーム

1. [見積番号と状態は、見積の詳細フォームの左上隅に表示されます。

2. ボタンを使用して、見積の詳細フォームの上部にある送信、承認、却下、または、見積の複製を作成して印刷の準備をするの見積を表示する、見積を請求します。

3. 見積に関する一般的な情報は、見積の詳細フォームの上部にあるボタンのすぐ下のボックスに移動します。

4 見積の詳細については、見積の詳細] フォームの中央には、、タブが: 場所、税金および用語、およびノート品目 (サービスと製品) サービスを提供します。関連付けられているサービスや製品の既定値に影響を与えずに、単価と、見積上のアイテムを行単位の価格を調整できます。

5. サービス、製品、および税の合計金額は、[見積の詳細] フォームの右下隅に表示されます。[品目] タブまたは [税金と用語] タブの詳細については、更新する場合は、ここに示すように更新する更新の合計をクリックします。

新しい見積を作成する

  • [見積] タブの [新しい見積] をクリックし、"見積の詳細" フォームに入力します。

    注: データベースにログインしていない場合には、[営業担当者] ドロップダウン リストから名前を選択し、見積に追加します。

承認のために見積を送信する

送信されていない見積には、見積番号はありません。[見積番号] は、値[...]が表示されます。

  1. [見積] タブで、送信する見積を含む行にある [...] をクリックします。
    Access で "見積の詳細" フォームが開き、見積が表示されます。

  2. 見積の一般情報と詳細を確認し、必要に応じて受注明細の追加や削除、受注明細のレートや単価の調整、メモの追加などの変更を行います。

  3. "見積の詳細" フォームの上部にある [送信] ボタンをクリックします。

送信済み見積を承認または却下する

  1. [見積] タブで、[見積番号] の値をクリックして、"見積の詳細" フォームを開き、見積を表示します。

  2. 見積情報を確認して、次のいずれかの操作を行います。

    • 見積が受け入れ可能である場合、"見積の詳細" フォームの上部にある [承認] をクリックします。

    • 見積が多少の変更付きで受け入れ可能である場合、"見積の詳細" フォームの上部にある [複製] をクリックします。元の見積に基づいて新しい見積が作成されます。その後、新しい見積を変更および送信し、承認できます。

    • 見積が受け入れ可能である場合、"見積の詳細" フォームの上部にある [拒否] をクリックします。

承認済み見積を請求書に変換する

  1. [見積] タブの [承認済み] タブをクリックします。
    既に請求されている見積を含む、承認されている見積が表示されます。

  2. [見積番号] の値をクリックし、その見積の "見積の詳細" フォームを開きます。

  3. 見積情報を確認します。

    注: 承認されている見積の詳細を変更することはできません。ただし、重複する] をクリックして重複する見積を作成、変更し重複している見積を送信して承認し、請求書を作成するのには、その見積を使用します。

  4. "見積の詳細" フォームの上部にある [請求書] をクリックします。

見積を印刷する、または電子メールで送信する

  1. [見積] タブで、[見積番号] の値をクリックして、"見積の詳細" フォームを開き、見積を表示します。

  2. "見積の詳細" フォームの上部にある [見積の表示] をクリックします。
    印刷に使用されるフォームで見積が開きます。

    注:  最終コピーでは、見積の上部にあるボタンは表示されません。

  3. 見積の上部にある該当ボタンをクリックします。

 ページの先頭へ

請求書]: すべての請求書を管理します。

[請求書] タブで、新しい請求書を作成し、状態別に請求書を確認することができます。

サービス データベース テンプレートの [請求書] タブ

請求書は以下のタブに一覧表示されます。

  • 未払い    期限切れになっていない、未払いの請求書を一覧表示します。

  • 期限切れ   期限切れ、未払いの請求書を一覧表示します

  • 支払い済み   支払い済み請求書を一覧表示します

請求書に関する詳細を表示する

  • [請求書番号] の値をクリックし、その請求書の "請求書の詳細" フォームを開きます。

    ステータスが [新規作成場合、送信前 – などに、に、請求書の詳細を編集することができます。

[請求書の詳細] フォーム

[請求書の詳細] フォーム

1. [請求書番号と状態は、請求書の詳細フォームの左上隅に表示されます。

2. ボタンを使用して、請求書の詳細フォームの上部にある請求書または請求書の複製を作成するのには、支払にマークを送信する、内容を表示する請求書に印刷されるとき、請求書に変更を保存して、請求書の詳細フォームを閉じるに表示されます。

3. 請求書に関する一般的な情報は、請求書の詳細フォームの上部にあるボタンのすぐ下のボックスに移動します。見積を請求書を作成した場合、その見積からこの情報を継承が送信元の見積に影響を与えずに、請求書に変更を加えることができます。

4 請求書の詳細については、請求書の詳細フォームの中央にあるタブ: 品目 (サービスと製品) サービスの場所、税金および用語、およびメモします。見積を請求書を作成した場合、その見積の詳細を継承が送信元の見積に影響を与えずに、請求書の詳細に変更を加えることができます。関連付けられているサービスや製品の既定値に影響を与えずに、単価と、請求書のアイテムを行単位の価格を調整することもできます。

5. サービス、製品、および税の合計金額は、請求書の詳細フォームの右下隅に表示されます。[品目] タブまたは [税金と用語] タブの詳細については、更新する場合は、ここに示すように更新する更新の合計をクリックします。

新しい請求書を作成する

  • [新しい請求書] をクリックし、"請求書の詳細" フォームに入力します。

    注: データベースにログインしていない場合には、[営業担当者] ドロップダウン リストから名前を選択し、見積に追加します。

支払いの請求書を送信する

送信されていない請求書には、請求書番号はありません。[請求書番号] は、値[...]が表示されます。

  1. [請求書] タブで、支払いに送信する請求書を含む行にある [...] をクリックします。
    Access で "請求書の詳細" フォームが開き、請求書が表示されます。

  2. 請求書の一般情報と詳細を確認し、必要に応じて受注明細の追加や削除、受注明細のレートや単価の調整、メモの追加などの変更を行います。

  3. "請求書の詳細" フォームの上部にある [送信] ボタンをクリックします。

請求書を印刷する、または電子メールで送信する

  1. [請求書] タブで、[請求書番号] の値をクリックし、"請求書の詳細" フォームを開き、請求書を表示します。

  2. "請求書の詳細" フォームの上部にある [納品書の表示] をクリックします。
    印刷に使用されるフォームで請求書が開きます。

    注:  最終コピーでは、請求書の上部にあるボタンは表示されません。

  3. 請求書の上部にある該当ボタンをクリックします。

請求書を支払済みにマークする

  1. [請求書] タブの [未払い] タブで、[請求書番号] の値をクリックし、"請求書の詳細" フォームを開き、請求書を表示します。

  2. "請求書の詳細" フォームの上部にある [支払い済みにマーク] をクリックします。

ページの先頭へ

レポート センター]: を表示して、レポートを印刷します。

サービス データベース テンプレートには、4 つのレポート (顧客リストおよび 3 つの売上レポート (月間、四半期、年間))が含まれています。

サービス データベース テンプレートの [レポート センター] タブ

レポートをプレビューするには:

  • [レポート センター] タブをクリックし、[レポートの選択] で、表示するレポートをクリックします。
    プレビュー ウィンドウにレポートが表示されます。

プレビュー ウィンドウの上部に表示されるオプションを使用して、プレビューをカスタマイズできます。表示されるオプションは、プレビューするレポートによって異なります。

レポートを印刷するには:

  1. 印刷するレポートをプレビューします。

  2. [レポートセンター] タブの [新しいタブで開く] をクリックし、Ctrl キーを押しながら P キーを押します。

詳細設定]: サービス、製品、社員、および顧客を管理します。

[詳細] タブには、次の一覧を管理するための便利な機能が用意されています。

  • 顧客

  • 社員

  • 製品

  • サービス

各一覧はデータシートとして表示されるので、不整合の発見やデータの一括変更を容易に行うことができます。

サービス データベース テンプレートの [詳細設定] タブ

次のステップ

サービス データベースを業務の管理に使用し始めると、データのクエリやフィルターに新しい方法を使用したいと思われることでしょう。また、ニーズに合わせてデータベースを変更したいという要求が持ち上がってくる場合もあるかもしれません。このセクションのリンクでは、典型的な作業や実施できる変更に関する詳細情報が得られます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×