SelectObject マクロ アクション

"SelectObject/オブジェクトの選択" マクロ アクションを使って、Access デスクトップ データベースで指定したデータベース オブジェクトを選ぶことができます。

設定

"SelectObject/オブジェクトの選択" マクロ アクションには次の引数があります。

アクションの引数

説明

オブジェクトの種類

選択するデータベース オブジェクトの種類。マクロ デザイン ウィンドウの [アクションの引数] セクションの [オブジェクトの種類] ボックスで、[テーブル]、[クエリ]、[フォーム]、[レポート]、[マクロ]、[モジュール]、[データ アクセス ページ]、[サーバー ビュー]、[ダイアグラム]、[ストアド プロシージャ]、または [関数] をクリックします。これは必須の引数です。

オブジェクト名

選択するオブジェクトの名前。[オブジェクト名] ボックスには、データベース中に存在するオブジェクトのうちで "Object Type/オブジェクトの種類" 引数で選んだ種類のオブジェクトがすべて表示されます。これは、[ナビゲーション ウィンドウで] 引数を [はい] に設定していない場合は、必須の引数です。

注: [サーバー ビュー]、[ダイアグラム]、または [ストアド プロシージャ] オブジェクトのオブジェクト名は、Access プロジェクト (.adp) の [オブジェクト名] ボックスには表示されません。

ナビゲーション ウィンドウで

Access がナビゲーション ウィンドウでオブジェクトを選択するかどうかを指定します。[はい] (ナビゲーション ウィンドウでオブジェクトを選択する) または [いいえ] (ナビゲーション ウィンドウでオブジェクトを選択しない) をクリックします。既定値は [いいえ] です。

解説

"SelectObject/オブジェクトの選択" マクロ アクションは、フォーカスを受け取ることができる Access オブジェクトで動作します。このアクションは指定されたオブジェクトにフォーカスを設定し、オブジェクトが非表示の場合は表示します。オブジェクトがフォームの場合、"SelectObject/オブジェクトの選択" マクロ アクションはフォームの "Visible/可視" プロパティを "Yes/はい" に設定し、フォームをフォーム プロパティによって設定されるモードに戻します (たとえば、モーダルまたはポップアップ フォーム)。

オブジェクトが他の Access ウィンドウで開いていない場合、"In Navigation Pane/ナビゲーション ウィンドウで" 引数を "Yes/はい" に設定することにより、ナビゲーション ウィンドウで選択できます。"In Navigation Pane/ナビゲーション ウィンドウで" 引数を"No/いいえ" に設定した場合は、開いていないオブジェクトを選択しようとすると、エラー メッセージが表示されます。

多くの場合、追加アクションを実行するオブジェクトを選択するためにこのアクションを使います。たとえば、タブ付きドキュメントではなく重なったウィンドウを使うように構成されている Access がある場合、最小化されているオブジェクトを元に戻したり ("RestoreWindow/ウィンドウを元のサイズに戻す" マクロ アクションで)、作業するオブジェクトを含むウィンドウを最大化したり ("MaximizeWindow/ウィンドウの最大化" マクロ アクションで) することがあります。

フォームを選択する場合は、"GoToControl/コントロールの移動""GoToRecord/レコードの移動""GoToPage/ページの移動" の各マクロ アクションを使って、フォームの特定の領域に移動できます。"GoToRecord/レコードの移動" マクロ アクションは、データシートでも機能します。

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールで "SelectObject/オブジェクトの選択" アクションを実行するには、DoCmd オブジェクトの "SelectObject/オブジェクトの選択" メソッドを使います。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×