Section プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対象

BoundObjectFrame オブジェクト

Image オブジェクト

OptionGroup オブジェクト

TabControl コレクション

CheckBox オブジェクト

Label オブジェクト

Page オブジェクト

TextBox オブジェクト

ComboBox オブジェクト

Line オブジェクト

PageBreak オブジェクト

ToggleButton オブジェクト

CommandButton オブジェクト

ListBox オブジェクト

Rectangle オブジェクト

CustomControl オブジェクト

ObjectFrame オブジェクト

Report オブジェクト

Form オブジェクト

OptionButton オブジェクト

SubForm オブジェクト

セクション プロパティは、フォームまたはレポート上のコントロールに適用されます。

これらのコントロールが表示されたフォームまたはレポートのセクションにコントロールを識別できます。読み取り/書き込みの整数

expression.Section

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

解説

コントロールの場合、Section プロパティを使用して、コントロールが配置されているフォームまたはレポートのセクションを調べることができます。

セクション プロパティは、フォームとレポートのオブジェクトに適用されます。

Section プロパティを使用してフォームまたはレポートのセクションを特定し、そのセクションのプロパティにアクセスできます。値の取得のみ可能です。Section オブジェクト型の値を使用します。

expression.Section(Index)

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

インデックス   バリエーションが必要です。名前またはセクションの数。

解説

Section プロパティは特定のセクションに対応します。使用できる定数は次のとおりです。わかりやすいコードにするため、定数を使用することをお勧めします。

設定

定数

説明

0

acDetail

フォームの [詳細] セクションまたはレポートの 詳細セクション

"1"。

acHeader

フォーム ヘッダーまたはレポート ヘッダー

51

acFooter

フォーム フッターまたはレポート フッター

76

acPageHeader

フォームのページ ヘッダーまたはレポートのページ ヘッダー

1.8

acPageFooter

フォームのページ フッターまたはレポートのページ フッター

5

acGroupLevel1Header

グループ レベル 1 のヘッダー セクション (レポートのみ)

2.7

acGroupLevel1Footer

グループ レベル 1 のフッター セクション (レポートのみ)

7

acGroupLevel2Header

グループ レベル 2 のヘッダー セクション (レポートのみ)

3.6

acGroupLevel2Footer

グループ レベル 2 のフッター セクション (レポートのみ)


レポートにこれ以外のグループ レベルのセクションがある場合は、ヘッダー/フッターの組み合わせで 9 から順に番号が付けられます。

フォームおよびレポートの Section プロパティの設定値は、セクション番号で指定されたフォームまたはレポートのすべての既存のセクションの配列です。たとえば、Section(0) はフォームの詳細セクションを参照し、Section(3) はフォームのページ ヘッダー セクションを参照します。

セクションを名前で参照することもできます。次の 3 つのステートメントの内容は、いずれも [得意先] フォームの詳細セクションを参照します。

Forms!Customers.Section(acDetail).Visible

Forms!Customers.Section(0).Visible

Forms!Customers.Detail0.Visible

フォームおよびレポートでは、Section プロパティと、フォームまたはレポートのセクションに適用される他のプロパティを組み合わせて使用する必要があります。

使用例

フォームまたはレポート上のコントロールに適用します。

次の使用例は、Section プロパティを使用して、[得意先コード] コントロールがどのセクションにあるかを調べます。

Dim intSectionNumber As Integer
intSectionNumber = Forms!Customers!CustomerID.Section

フォームおよびレポートのオブジェクトに適用します。

次の使用例は、[得意先] フォームのページ ヘッダー セクションの "Visible/可視" プロパティを参照する方法を示します。

Forms!Customers.Section(acPageHeader).Visible

Forms!Customers.Section(3).Visible

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×