School Data Sync のエラーとトラブルシューティング

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

エラーと修復

次の表には、School Data Sync の同期プロファイルの同期を有効にした後に発生する可能性がある一般的なエラーをまとめています。"修復手順" 列には、一覧にあるエラーを修復するための推奨手順があります。この記事の「属性のマッピングと値のトラブルシューティング」セクションにより詳しい属性検証手順があります。

エラー

エンティティ

操作

修復手順

AzureActiveDirectoryInvalidPropertyValue

セクション

追加

セクションに無効な mailNickname 値があるため、Azure で適切なターゲット オブジェクトを作成できません。セクションの値を見て、英数字だけが含まれており、空白がないことをご確認ください。この値は、Azure の O365 Group の smtpaddress を作成するときに使用されます。

UnsynchronizableChange

学生

追加

この教師に関して、ソース属性とターゲット属性が一致するかどうかを確認します。この記事にあるソースとターゲットを確認するための手順。また、同期プロファイルのドメイン サフィックス設定が正しいことを確認し、照合に必要であれば、ソース属性を追加するように設定します。

UnsynchronizableChange

教師

追加

この教師に関して、ソース属性とターゲット属性が一致するかどうかを確認します。この記事にあるソースとターゲットを確認するための手順。また、同期プロファイルのドメイン サフィックス設定が正しいことを確認し、照合に必要であれば、ソース属性を追加するように設定します。

DuplicateTargetEntries

学生

追加

ソース ディレクトリで SIS ID が同じユーザーが 2 人います。

InvalidLookupReference

SchoolStudents

更新

学生を学校に追加できませんでした。学生を同期できなかった、あるいはそもそも追加できなかった場合、その学生はその後、学校に追加できません。このエラーが発生した場合、SDS ポータルの組織タブで学生が同期されているかどうかを確認します。同期されていない場合、その学生の同期/追加エラーを修復します。また、その学生の School SIS ID が正しいことを確認し、学校が同期の対象に入っていることを確認します。

InvalidLookupReference

SchoolTeachers

更新

教師を学校に追加できませんでした。教師を同期できなかった、あるいはそもそも追加できなかった場合、その教師はその後、学校に追加できません。このエラーが発生した場合、SDS ポータルの組織タブで教師が同期されているかどうかを確認します。同期されていない場合、その教師の同期/追加エラーを修復します。また、その教師の School SIS ID が正しいことを確認し、学校が同期の対象に入っていることを確認します。

InvalidLookupReference

TeacherRoster

更新

教師をセクションに追加できませんでした。教師を同期できなかった、あるいはそもそも追加できなかった場合、その教師はその後、セクションに追加できません。このエラーが発生した場合、SDS ポータルの組織タブで教師が同期されているかどうかを確認します。同期されていない場合、その教師の同期/追加エラーを修復します。また、その教師の Section SIS ID が正しいことを確認し、セクションが同期の対象に入っていることを確認します。

InvalidLookupReference

StudentEnrollment

更新

学生をセクションに追加できませんでした。学生を同期できなかった、あるいはそもそも追加できなかった場合、その教師はその後、セクションに追加できません。このエラーが発生した場合、SDS ポータルの組織タブで学生が同期されているかどうかを確認します。同期されていない場合、その学生の同期/追加エラーを修復します。また、その学生の Section SIS ID が正しいことを確認し、セクションが同期の対象に入っていることを確認します。

なし

セクション

追加

レコードが重複するか、無効な文字が名前に含まれています。

なし

学生

追加

学生の DisplayName に無効な文字が含まれています。

UnSpecified

学生

更新

学生の SIS ID が無効であるか、正しく同期しなかった学生/ユーザーに関連付けられています。

AzureActiveDirectory
ObjectMissingDependantLicense
(1 つの文字列ですが、この表では読みやすくするために改行しています。)

学生
教師

追加
更新

このエラーは、SDS がユーザーにライセンスを割り当てようとしたものの、依存するライセンスがユーザーに割り当てられていないと発生する場合があります。たとえば、Classroom ライセンスでは、ユーザーが Exchange Online と SharePoint Online のライセンスを既に取得している必要があります。この問題を解決するには、依存するライセンスを割り当て、同期をもう一度実行します。

AzureActiveDirectoryNoAvailableLicenses

学生
教師

追加
更新

このエラー コードは、有効期限が切れているか、(この種類の利用可能なライセンスがすべて割り当てられて) 残っていないライセンスを SDS が割り当てようとすると発生する場合があります。修正するには、この種類のライセンスを追加して、SDS から追加の割り当てができるようにします。

AzureActiveDirectoryInvalidLicense

学生
教師

追加
更新

このエラーは、テナント内に存在しないライセンスを SDS が割り当てようとすると発生する場合があります。たとえば、テナントに Classroom サブスクリプションとライセンスが含まれていない場合に、SDS が Classroom ライセンスを教師または学生に割り当てようとすると、このエラーが発生します。

AzureActiveDirectoryReplicaUnavailable

学校
セクション
学生
教師

追加
更新

このエラーが発生すると、AAD Graph レプリカ サーバーは使用できません。これらのエラーは一時的なものなので、ユーザーからのアクションは必要ありません。時間が経過すればこれらのエラーは解消されます。

AzureActiveDirectory
LastOwnerOfGroupCannotBeRemoved
(すべて 1 つの文字列が壊れたページに、次の表を読みやすくするため)。

クラス/グループには、少なくとも 1 つの教師が必要なために、教師をクラス/グループから削除されませんでした。

AzureActiveDirectory
RequestThrottledTemporarily
(すべて 1 つの文字列が壊れたページに、次の表を読みやすくするため)。

これは、大量のデータを処理するときの調整が原因で発生する可能性のあるある一時的なエラーです。操作は、ユーザーは必要ないと、後続の同期のサイクル自体エラーを修正する必要があります。

エラーをエクスポートし、修復に優先順位を付ける

School Data Sync でエラーが発生した場合、同期プロファイルをクリックすると、同期に関連するエラーが同期プロファイルの概要ページに表示されます。トップ エラーが最初に表示され、対応可能になります。最初にこれらのエラーに対応することをお勧めします。確認と修復のため、特定の同期プロファイルに関連付けられているすべての同期エラーを表示およびエクスポートすることもできます。

同期プロファイルのエラーをエクスポートする方法は以下のようになります。

  1. SDS ポータル (sds.microsoft.com) にログインします。

  2. エラーを確認する同期プロファイルをクリックします。

  3. [エラーの表示] ボタンをクリックして、特定の種類のトップ レベルのエラーを表示およびエクスポートします。これらのエラーは対応可能なため、すべてのエラー リストにある他のエラーを修復する前に対応する必要があります。同期プロファイルに関連付けられているすべての同期エラーを表示およびエクスポートするには、[エラーをすべて表示] ボタンをクリックします。

    同期エラーのスクリーン ショット。
  4. トップ レベルのエラー リストまたはすべてのエラー リストのいずれかを表示したら、[これらのエラーをダウンロード] ボタンをクリックして、エラーを CSV ファイルにエクスポートします。

    これらのエラー] ボタンをダウンロードします。
  5. ブラウザーの [更新] ボタンをクリックし、ダウンロードが完了したかどうかを確認します。

  6. ダウンロードが完了すると、ページの更新後に、[ダウンロード] ボタンの下に [ファイルをダウンロードする用意ができました] オプションが表示されます。

    [ダウンロード] ボタンのダウンロード オプションのファイルの準備完了
  7. 青いリンクをクリックすると、エラー レポートを開いたり、保存したりできます。

エラー修復に優先順位を付ける

School Data Sync のエラーを解決する場合、[すべてのエラー] ビューの他の種類のエラーを解決する前に、トップ エラーを最初に解決することが推奨されます。トップ エラーのインスタンスにより、同じ同期プロファイル内の各インスタンスに対してその後も数多くのエラーが発生するためです。多くの場合、トップ エラーを解決することで、プロファイル内のすべてのエラー リストに表示されている登録関連のエラーも解消されます。これは、エラーを最も効率的にまとめて解消する方法として推奨されています。

属性のマッピングと値のトラブルシューティング

学生または教師の同期を有効にする場合、ソース ディレクトリとターゲット ディレクトリの間で属性が一致することが必要になります。両方のディレクトリ間でユーザー オブジェクトが相互に関連付けられます。以下は、学生または教師のソース属性とターゲット属性を確認する方法です。詳細は、同期方法別にまとめてあります。

ソース ディレクトリの確認 - CSV ファイル

CSV ファイルをソース ディレクトリとして SDS 同期を構成するとき、Azure AD のユーザー オブジェクトの属性を照合するために、CSV で次の 3 つの属性を利用できます。

  • Username Username は学生または教師の csv ファイルのヘッダー フィールドであり、ターゲット ディレクトリ オプション (UserPrincipalName、mailNickname、Mail) に一致するように書式設定できます。この属性の値を確認するには、ユーザーが含まれる学生または教師 csv を確認します。

  • Student Number/Teacher Number Student Number は学生 csv ファイルのヘッダー フィールドであり、Teacher Number は教師 csv ファイルのヘッダー フィールドです。この属性の適切な書式設定は、英数字で構成され、空白のない単純な文字列です。Azure AD のユーザーの mailNickname 属性と直接照合できます。また、このソース属性にドメイン サフィックスを追加すると、Azure AD の UserPrincipalName または Mail 属性と照合できます。この属性の値を確認するには、ユーザーが含まれる学生または教師 csv を確認します。

  • Secondary Email Secondary Email は学生または教師 csv ファイルのヘッダー フィールドであり、Azure AD の UserPrincipalName または Mail 属性とだけ照合されるように書式設定できます。CSV ファイル内に含まれる値にドメイン サフィックスを追加する必要があります。この属性の値を確認するには、ユーザーが含まれる学生または教師 csv を確認します。

ソース ディレクトリの確認 - Clever

Clever をソース ディレクトリとして SDS 同期を構成するとき、Azure AD のユーザー オブジェクトの属性を照合するために、Clever で次の 3 つの属性を利用できます。

Username Clever では、この属性は Clever Username と呼ばれています。Clever で学生または教師のこの属性の値を確認するには、次の手順を実行します。

  1. District Admin として Clever にログインします。

  2. Clever ポータルの左ウィンドウで、[データ]、[参照] の順に移動します。

  3. [学生] または [教師] タブを選択し、ユーザーを検索します。

  4. 学生または教師をクリックすると、そのユーザーの詳細が表示されます。

  5. Clever Username 属性が先頭に表示されます。

Student Number/Teacher Number Clever では、この属性は、学生の場合は student_number と、教師の場合は teacher_number と呼ばれています。Clever で学生または教師のこの属性の値を確認するには、次の手順を実行します。

  1. District Admin として Clever にログインします。

  2. Clever ポータルの左ウィンドウで、[データ]、[参照] の順に移動します。

  3. [学生] または [教師] タブを選択し、ユーザーを検索します。

  4. 学生または教師をクリックすると、そのユーザーの詳細が表示されます。

  5. 最後に表示される属性の 1 つが student_username か teacher_username です。

Secondary Email Clever では、この属性は学生のメールまたは教師のメールと呼ばれています。Clever で学生または教師のこの属性の値を確認するには、次の手順を実行します。

  1. District Admin として Clever にログインします。

  2. Clever ポータルの左ウィンドウで、[データ]、[参照] の順に移動します。

  3. [学生] または [教師] タブを選択し、ユーザーを検索します。

  4. 学生または教師をクリックすると、そのユーザーの詳細が表示されます。

  5. メールは、学生または教師に対して最初に表示される属性の 1 つです。

ソース ディレクトリの確認 - PowerSchool

PowerSchool をソース ディレクトリとして SDS 同期を構成するとき、Azure AD のユーザー オブジェクトの属性を照合するために、PowerSchool で次の 3 つの属性を利用できます。

Username PowerSchool では、この属性は Student Username または Teacher Username と呼ばれています。PowerSchool で学生または教師のこの属性の値を確認するには、次の手順を実行します。

  1. 管理者として PowerSchool にログインします。

  2. PowerSchool ポータルで、学生の場合は [学生] タブを、教師の場合は [スタッフ] タブを選択します。

  3. ユーザーを検索します。見つかったら、そのユーザーをクリックします。

    • [学生] の場合、左ウィンドウの [情報] セクションで、[アクセス アカウント] を選択します。PowerSchool では、学生の Username は Student Username と呼ばれています。

    • [教師] の場合、左ウィンドウの [機能] セクションで、[セキュリティ設定] を選択します。PowerSchool では、教師の Username は Teacher Username と呼ばれています。

Student Number/Teacher Number PowerSchool では、この属性は、学生の場合は Student Number、教師の場合は ID と呼ばれています。PowerSchool で学生または教師のこの属性の値を確認するには、次の手順を実行します。

  1. 管理者として PowerSchool にログインします。

  2. PowerSchool ポータルで、学生の場合は [学生] タブを、教師の場合は [スタッフ] タブを選択します。

  3. ユーザーを検索します。見つかったら、そのユーザーをクリックします。

    • [学生] の場合、ユーザーをクリックする前に Student Number がメインの検索ページに表示されています。PowerSchool では、Student Number は Student Number と呼ばれています。

    • [教師] の場合、左ウィンドウの [機能] セクションで、[情報] を選択します。PowerSchool では、Teacher Number は ID と呼ばれています。

Secondary Email Clever では、この属性は学生のメールまたは教師のメールと呼ばれています。Clever で学生または教師のこの属性の値を確認するには、次の手順を実行します。

  1. 管理者として PowerSchool にログインします。

  2. PowerSchool ポータルで、学生の場合は [学生] タブを、教師の場合は [スタッフ] タブを選択します。

  3. ユーザーを検索します。見つかったら、そのユーザーをクリックします。

    • [学生] の場合、左ウィンドウの [情報] セクションで、[学生のメール] を選択します。PowerSchool では、学生の第 2 メールは電子メール アドレスと呼ばれています。

    • [教師] の場合、左ウィンドウの [機能] セクションで、[情報] を選択します。PowerSchool では、教師の第 2 メールは電子メール アドレスと呼ばれています。

ターゲット ディレクトリの確認 – Azure AD

SDS 同期を構成するとき、ターゲット ディレクトリは常に Azure Active Directory になります。ソース ディレクトリのユーザー オブジェクトの属性を照合するために、以下の 3 つの属性を利用できます。

UserPrincipalName

Office 365 管理センターからチェック UserPrincipalName

  1. プライベート ブラウザーで Internet Explorer を起動します。

  2. portal.office.com に移動します。

  3. グローバル管理者アカウントで Office 365 管理センターにログインします。

  4. [管理者] タイル、[ユーザー] タブ、[アクティブ ユーザー] の順に移動します。

  5. 確認するユーザーを探します。

  6. ユーザーをクリックします。

[見出し] フィールドに、UserPrincipalName が記載されているかを確認します。

PowerShell 経由でチェック UserPrincipalName

  1. 管理者として PowerShell を起動します。その際、Azure AD Module for PowerShell のインポートを指定します。

    Import-Module msonline
  2. 下のコマンドを実行し、Azure AD に接続します。グローバル管理者の資格情報を求められたら入力します。

    $Cred = Get-Credential
    Connect-MsolService -credential $cred
    
  3. 接続後、下のコマンドを実行し、1 人のユーザーの UserPrincipalName を確認します。例では、ユーザーの名前は Boyd Cowley です。

    Get-MsolUser –SearchString “<Display Name>” | FL UserPrincipalName
    
    Ex. Get-MsolUser –SearchString “Boyd Cowley” | FL UserPrincipalName

    注: 検索文字列パラメーターにより、探しているユーザーが検索されます。メール アドレスまたは表示明のあるユーザーだけが返されます。Get-MsolUser コマンドレットの詳細については、https://msdn.microsoft.com/en-us/library/dn194133.aspx を参照してください。

メール (primarysmtpaddress)

Office 365 管理センターからメール (primarysmtpaddress) を確認します。

  1. プライベート ブラウザーで Internet Explorer を起動します。

  2. portal.office.com に移動します。

  3. グローバル管理者アカウントで Office 365 管理センターにログインします。

  4. [管理者] タイル、[ユーザー] タブ、[アクティブ ユーザー] の順に移動します。

  5. 確認するユーザーを探します。

  6. ユーザーをクリックします。

  7. [詳細設定] セクションの [Exchange のプロパティの編集] を選択します。

  8. メール アドレスを選択します。

メール属性の種類は大文字の SMTP になります。また、太字で表示されます。

PowerShell 経由でメール (primarysmtpaddress) を確認します。

  1. 管理者として PowerShell を起動します。その際、Azure AD Module for PowerShell のインポートを指定します。

    Import-Module msonline
  2. 下のコマンドを実行し、Azure AD に接続します。グローバル管理者の資格情報を求められたら入力します。

    $Cred = Get-Credential
    Connect-MsolService -credential $cred
    
  3. 接続後、下のコマンドを実行し、1 人のユーザーの Mail 属性を確認します。例では、ユーザーの名前は Boyd Cowley です。

    Get-MsolUser –SearchString “<Display Name>” | FL proxyaddresses
    
    Ex. Get-MsolUser –SearchString “Boyd Cowley” | FL proxyaddresses
  4. Proxyaddresses は複数値属性であり、複数のエントリを含めることができます。大文字の SMTP のアドレスはユーザーの primarysmtpaddress であり、Azure AD の Mail 属性です。

    注: 検索文字列パラメーターにより、探しているユーザーが検索されます。メール アドレスまたは表示明のあるユーザーだけが返されます。Get-MsolUser コマンドレットの詳細については、https://msdn.microsoft.com/en-us/library/dn194133.aspx を参照してください。

mailNickname (エイリアス)

Office 365 管理センターから mailNickname (エイリアス) を確認します。

  1. プライベート ブラウザーで Internet Explorer を起動します。

  2. portal.office.com に移動します。

  3. グローバル管理者アカウントで Office 365 管理センターにログインします。

  4. [管理者] タイル、[ユーザー] タブ、[アクティブ ユーザー] の順に移動します。

  5. 確認するユーザーを探します。

  6. ユーザーをクリックします。

  7. [詳細設定] セクションの [Exchange のプロパティの編集] を選択します。

  8. [全般] を選びます。

mailnickname (*エイリアス) 属性は表示名の下に表示されます。

PowerShell 経由で mailNickname (エイリアス) を確認します。

  1. 管理者として PowerShell を起動します。その際、Azure AD Module for PowerShell のインポートを指定します。

    Import-Module msonline
  2. 下のコマンドを実行し、Azure AD と Exchange Online に接続します。グローバル管理者の資格情報を求められたら入力します。

    $Cred = Get-Credential
    $Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.outlook.com/powershell/ -Credential $Cred -Authentication Basic -AllowRedirection
    Import-PSSession $Session
    Connect-MsolService -credential $cred
    
  3. 接続後、下のコマンドを実行し、1 人のユーザーの Mail 属性を確認します。

    Get-MsolUser –SearchString “<Display Name>” | FL proxyaddresses
  4. Proxyaddresses は複数値属性であり、複数のエントリを含めることができます。大文字の SMTP のアドレスはユーザーの primarysmtpaddress であり、Azure AD の Mail 属性です。

  5. 下のコマンドを実行し、ユーザーのエイリアス値を求めます。

    Get-Recipient <primarysmtpaddress> | FL Alias

    注: 検索文字列パラメーターにより、探しているユーザーが検索されます。メール アドレスまたは表示明のあるユーザーだけが返されます。Get-MsolUser コマンドレットの詳細については、https://msdn.microsoft.com/en-us/library/dn194133.aspx を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×