Salesforce のデータのリンクまたはインポート

Salesforce のデータをリンクまたはインポートすることができます。Salesforce は、顧客関係管理 (CRM) のクラウドベースのビジネス ソリューションです。詳細については、Salesforce.com を参照してください。

  • データにリンクする場合、Access は、Access と Salesforce のデータに対する変更を同期する双方向接続を作成します。

  • データをインポートする場合、Access は 1 回限りのデータのコピーを作成するため、Access または Salesforce のいずれかのデータに対する変更は同期されません。

Access から Salesforce への接続

注:    Salesforce のデータのリンク機能またはインポート機能は、次の Office 365 Enterprise プランでのみサポートされています。Office 365 Pro Plus、Office 365 Enterprise E3、および Office 365 Enterprise E5。詳細については、Office 365 Enterprise プランの比較を参照してください。

はじめに

円滑に進めるため、リンクまたはインポートする前に以下の準備を行います。

  • ユーザー名、パスワード、トークンなど、必要な接続情報を確認します。会社の信頼できる IP 範囲内にないインターネット プロトコル (IP) アドレスから Salesforce にアクセスするときに、セキュリティ トークンを入力する必要があります。セキュリティ トークンは、大文字と小文字が区別される英数字のコードです。詳細については、「セキュリティトークンのリセット」を参照してください。

  • Salesforce へのアクセスに使用する ODBC ドライバーには、Developer Edition、Professional Edition、Enterprise Edition、または Unlimited Edition に基づく Salesforce アカウントが必要です。このドライバーを使用するには、API アクセスを有効にする必要があります。詳細については、「Control Individual API Client Access to Your Salesforce Org」 (Salesforce 組織への個々の API クライアント アクセスを制御する) を参照してください。

  • リンクまたはインポートするテーブルを指定します。一度の操作で複数のテーブルをリンクまたはインポートすることができます。

  • 各テーブルの列数を考慮します。Access は 1 テーブルにつき 255 を超えるフィールドをサポートしていないため、Access は最初の 255 列のみをリンクまたはインポートします。

  • インポートするデータの総量を決定します。Access データベースの最大サイズは、2 GB からシステム オブジェクトに必要な領域を引いた大きさです。Salesforce に大きなテーブルが含まれている場合、すべてを 1 つの Access データベースにインポートすることはできません。この場合、インポートする代わりにデータへリンクすることを検討してください。

  • 信頼できる場所と Access データベース パスワードを使用して、Access データベースとそれに含まれる接続情報を保護します。詳細については、「データベースを信頼するかどうか決定する」と「データベース パスワードを使用してデータベースを暗号化する」を参照してください。

  • 追加のリレーションシップを作成することを計画します。Access は、Salesforce データ モデルで選択されたテーブルにリンクしたり、テーブルをインポートしたりしますが、関連するテーブルに対してはリンクもインポートも行いません。このデータ モデルの詳細については、「Data Model Overview」 (データ モデルの概要) を参照してください。

    Access は、これらの関連するテーブル間にリレーションシップを自動的に作成しません。[リレーションシップ] ウィンドウを使用して、新しいテーブルと既存のテーブル間のリレーションシップを手動で作成することはできます。詳細については、「リレーションシップ ウィンドウとは」と「リレーションシップを作成、編集、または削除する」を参照してください。

ステージ 1: はじめに

  1. [外部データ]、[新しいデータ ソース]、[オンライン サービスから]、[Salesforce から] の順に選びます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • インポートするには、[現在のデータベースの新しいテーブルにソース データをインポートする] を選びます。

    • リンクするには、[リンク テーブルを作成してソース データにリンクする] をクリックします。

  3. [OK] をクリックします。

ステージ 2:資格情報と接続文字列パラメーターを入力する

[Microsoft Access - Salesforce に接続] ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。

  1. [ユーザー名] と [パスワード] ボックスにユーザー名とパスワードを入力します。

  2. [セキュリティ トークン] ボックスにセキュリティ トークンを入力します。

  3. 必要に応じて、[追加の接続文字列パラメーター] ボックスに 1 つまたは複数の接続パラメーターを入力します。

    詳細については、「接続パラメーター」を参照してください。

ステージ 3: リンクまたはインポートするテーブルを選ぶ

  1. [テーブルのリンク] または [オブジェクトのインポート] ダイアログ ボックスの [テーブル] で、リンクまたはインポートする各テーブルを選び、[OK] をクリックします。

    リンクまたはインポートするテーブルのリスト
  2. リンク操作で、[パスワードを保存] を選択するかどうかを決定します。

    セキュリティ    このオプションを選択すると、Access を開いてデータにアクセスするたびに資格情報を入力する必要がなくなります。しかし、これは暗号化されていないパスワードを Access データベースに保存します。これは、ソース コンテンツにアクセスできるユーザーがユーザー名とパスワードを表示できることを意味しています。このオプションを選択する場合、信頼できる場所に Access データベースを保存し、Access データベース パスワードを作成することを強くお勧めします。詳細については、「データベースを信頼するかどうか決定する」と「データベース パスワードを使用してデータベースを暗号化する」を参照してください。

ステージ 4: 定義およびタスクを作成する (インポートのみ)

結果

リンク操作またはインポート操作が完了すると、ナビゲーション ウィンドウに Salesforce テーブルまたはビューと同じ名前のテーブルが表示されます。インポート操作時にその名前が既に使用されている場合は、新しいテーブル名に "1" が付加されますが、よりわかりやすいテーブル名に変更することもできます。

インポート操作では、Access はデータベースのテーブルを上書きすることはありません。Salesforce データを既存のテーブルに直接追加することはできませんが、同じようなテーブルからデータをインポートした後は追加クエリを作成してデータを追加することができます。

リンク操作では、Salesforce テーブルで列が読み取り専用の場合、Access でも読み取り専用になります。

ヒント    接続文字列を表示するには、Access のナビゲーション ウィンドウのテーブルの上にマウス ポインターを置きます。

リンクされたテーブルのデザインを更新する

リンクされたテーブルでは、列を追加、削除、または変更したり、データ型を変更したりすることができません。デザインを変更する場合は、Salesforce で行います。Access でデザイン変更を確認するには、リンクしたテーブルを更新します。

  1. [外部データ]、[リンク テーブル マネージャー] の順に選択します。

  2. 更新するリンクされた各テーブルを選択し、[OK] を選択して、[閉じる] を選択します。

接続パラメーター

次の表は、[Microsoft Access - Salesforce に接続] ダイアログ ボックスの [追加の接続文字列パラメーター] ボックスに入力できる接続パラメーターを説明した一覧です。

複数のパラメーターがある場合はセミコロンで区切ります。ガイドとして、次の構文例を参照してください。

UID=myaccount;BulkBatchSize=9000;UseNumeric=1;

キーの名前

説明

既定値

必須

PWD

[ユーザー名] フィールド (UID キー) に指定したユーザー名に対応するパスワード。

なし

UID

Salesforce アカウントのユーザー名。

なし

AutoLogout

このオプションが有効な場合 (1)、ドライバーが接続を閉じるときに Salesforce 接続はログアウトされます。

このオプションが無効な場合 (0)、ドライバーが接続を閉じるときに Salesforce 接続はログアウトされません。

1

×

BulkBatchSize

DML を実行するときに、1 つの一括 API の呼び出しに含まれる最大行数。最大値は 10000 です。

5000

×

CERTSPATH

サーバーを確認するために使用される、信頼できる CA 証明書を含む PEM ファイルのフル パス。このオプションが設定されていない場合、ドライバーの既定で、ドライバーによってインストールされた信頼できる CA 証明書の PEM ファイルが使用されます。

ドライバーのインストール ディレクトリ内にある \lib サブフォルダーの cacerts.pem ファイル。

×

METADATALEVEL

このオプションが有効な場合 (キーが 1 または LIGHT に設定されている場合)、ドライバーは、すべてのデータではなく、少数のデータのサンプリングに基づいて、メタデータを推測します。

このオプションが無効な場合 (キーが 0 または FULL に設定されている場合)、ドライバーは、すべてのデータに基づいてメタデータを推測します。

クリア (0 または FULL)

×

PARSEMETHOD

ドライバーがクエリの解析に使用するクエリ言語。次の設定のいずれかを選ぶか、キーをかっこ内のいずれかの値に設定します。

  • Attempt to Parse Queries as SOQL Only (0 or SOQL_ONLY)

  • Attempt to Parse Queries as SQL Only (1 or SQL_ONLY)

  • Attempt to Parse Queries as SOQL First, Then SQL (2 or SOQL_FIRST)

  • Attempt to Parse Queries in SQL First, Then SOQL (3 or SQL_FIRST)

Attempt to Parse Queries as SOQL First, Then SQL (2 or SOQL_ FIRST)

×

PROXYHOST

接続を経由するプロキシ サーバーのホスト名または IP アドレス。

なし

○ (プロキシ サーバー経由で接続する場合)

PROXYPORT

プロキシ サーバーがクライアント接続をリッスンするときに使用するポートの番号。

なし

○ (プロキシ サーバー経由で接続する場合)

PROXYPWD

プロキシ サーバーへのアクセスに使用するパスワード。

なし

○ (認証が必要なプロキシ サーバーに接続する場合)

PROXYUID

プロキシ サーバーへのアクセスに使用するユーザー名。

なし

○ (認証が必要なプロキシ サーバーに接続する場合)

QueryAll

このオプションを有効にすると (1)、パラメーター isDeleted=true を含めることで、Salesforce ユーザーは削除されたレコードの検索を実行できるようになります。

このオプションを無効にすると (0)、ユーザーは削除されたレコードを検索できなくなります。

0

×

SANITIZECATALOGNAME

このオプションが有効な場合 (1)、ドライバーはすべての無効な SQL-92 識別子文字を削除し、すべてのスペースをアンダースコアで置き換えることで、カタログ名を変更します。

このオプションが無効な場合 (0)、ドライバーはカタログ名を変更しません。

クリア (0)

×

URL

Salesforce サンド ボックスに接続する URL。

なし

×

UseAnalyticAPI

このオプションが有効な場合 (1)、ドライバーは Analytics API を使用してレポートを実行します。

このオプションが無効な場合 (0)、ドライバーは URL 経由でレポートを実行します。

選択 (1)

×

USELABEL

このオプションが有効な場合 (1)、ドライバーは、返されるデータの名前とラベルとして、それぞれ Salesforce のフィールド名とラベルを使用します。

このオプションが無効な場合 (0)、ドライバーは、返されるデータの名前とラベルの両方として、Salesforce のフィールド名を使用します。

クリア (0)

×

UseNumeric

このオプションが有効な場合 (1)、ドライバーは SQL_DOUBLE データではなく、SQL_NUMERIC データとしてデータを返します。

このオプションが無効な場合 (0)、ドライバーは SQL_DOUBLE データとしてデータを返します。

クリア (0)

×

UseWVarChar

このオプションは、データ型を SQL にマップする方法を指定します。このオプションが有効な場合 (1)、ドライバーは SQL_VARCHAR データではなく、SQL_WVARCHAR データとしてデータを返します。

このオプションが有効な場合 (0)、ドライバーは SQL_VARCHAR データとしてデータを返します。

クリア (0)

なし

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×