SUMPRODUCT 関数

ここでは、Microsoft Excel の SUMPRODUCT 関数の書式および使用法について説明します。

説明

指定した配列の対応する要素による単純な算術演算を実行し、それらの計算の合計を返します。 既定では、演算は乗算ですが、加算、減算、除算も可能です。

構文

既定の操作 (乗算) を使用するには

SUMPRODUCT(配列 1, [配列 2], [配列 3], ...)

SUMPRODUCT 関数の書式には、次の引数があります。

  • 配列 1     必ず指定します。 計算の対象となる要素を含む最初の配列引数を指定します。

  • 配列 2, 配列 3,...     省略可能です。 計算の対象となる要素を含む、2 から 255 個までの配列引数を指定します。

その他の算術演算を実行するには

通常どおり SUMPRODUCT を使用しますが、コンマは、配列引数と目的の算術演算子 (*, +,%,-) で区切ります。 すべての操作が実行されると、結果は通常どおり合計されます。

注: 算術演算子を使用する場合は、数式の引数をかっこで囲むことと、算術演算の順序を制御するためにかっこを使って配列引数をグループ化することを検討してください。

解説

  • 引数となる配列は、行数と列数が等しい配列である必要があります。 行数と列数が等しくない場合は、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • 数値以外の配列要素は、0 であると見なされます。

使用例

SUMPRODUCT の使い方を示す食料品の例

サンプルの食料品リスト (上の画像) を使って数式を作成するには、「= SUMPRODUCT (B2: B5, C2: C5)」と入力して、Enter キーを押します。 列 B の各セルに、列 C の同じ行の対応するセルが乗算され、結果が追加されます。 食料品買い物の合計金額は $21.60 です。

同じ結果が得られる長い数式を作成するには、「= B2 * C2 + B3 * C3 + B4 * C4 + B5 * C5」と入力して、enter キーを押します。 Enter キーを押すと、結果は同じ: $21.60 になります。 セル B2 に C2 が乗算され、その結果がセル B3 のセル C3 などの結果に追加されます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×