SUMPRODUCT を使って 1 つ以上の配列に含まれる値の積を集計する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Sumproduct 関数は、引数 (、数式の要素に動作するための) として、セル範囲 (配列) を使用します。配列内の項目を乗算し、[結果を合計します。

次の例は、一方の配列に品目ごとの価格の一覧を含み、他方の配列にそれらの品目の購入数量を含んでいる買い物メモです。

買い物の品目リストを含む列 A。列 B (配列 1) は、単位当たりの価格です。列 C (配列 2) は、購入数量です。

  1. 数式を作成するには、 =SUMPRODUCT(B3:B6,C3:C6)を入力し、Enter キーを押します。

列 B の各セルと、列 C で同じ行に含まれる、対応するセルとが掛け合わされ、結果が合計されます。買い物の合計金額は、¥2,160 です。

  1. 長い数式の作成をでは結果は同じ型= B3 * C3 + B4 * C4 + B5 * C5 + B6 * C6 Enter キーを押します。

Enter キーを押すと、¥2,160 という同じ結果が表示されます。セル B3 と C3 とが掛け合わされ、その結果が、セル B4 と C4 とが掛け合わされた結果に加算される、といった具合になります。行数が数百、数千ある場合を想像してみてください。そのような場合、SUMPRODUCT を使うことでいかに作業が簡単になるかがわかると思います。

注: 

  • 列または行 (配列) は同じ長さにしてください。

  • セルの中に数値の代わりにテキストが入っている場合は、そのテキストはゼロと見なされます。

使用例

SUMPRODUCT配列をいろいろと試しする場合は、ここで使われているさまざまなデータを含むExcel Onlineブックを以外では、この記事。

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

A

B

D

E

3

4

2

7

8

6

6

7

1

9

5

3

数式

結果

'=SUMPRODUCT(A2:B4,D2:E4)

=SUMPRODUCT(A2:B4,D2:E4)

3*2 + 4*7 + 8*6 + 6*7 + 1*5 + 9*3 のように、2 つの配列 (A2:B4 と D2:E4) の対応する要素どうしの積を求め、それらの和を計算します (156)。

完全なエクスペリエンスを Excel でこのブックを開くこともできます。ブックの Excel Web App の Excel アイコン の右下隅にある Excel アイコンをクリックして、お使いのコンピューター上の適切な場所にファイルを保存し、開きます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×