SUM 関数を使って範囲内の数値を合計する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

簡単な数式を使って範囲 (セルのグループ) 内の数値を合計できますが、扱う数値が多い場合は SUM 関数を使う方が簡単です。たとえば、「=SUM(A2:A6)」の方が「=A2+A3+A4+A5+A6」よりも入力ミスの可能性は低くなります。

2 つの範囲の数値に SUM 関数を使う

範囲 a2: a4 と C2:C3 で 2 つのセル範囲:: =SUM(A2:A4,C2:C3)合計の数値を使用する数式をご紹介します。Enter キーを押して 39787 の合計。

数式を作成するには、次の作業を実行します。

  1. = SUMかっこ(後に、セルに入力します。

  2. 数式の最初の範囲を入力します。これは引数 (数式を実行するために必要なデータの一部) と呼ばれ、この場合、「A2:A4」と入力します (または、セル A2 を選んでセル A6 までドラッグします)。

  3. 最初の引数と次の引数を区切るためにカンマ (,) を入力します。

  4. 2 番目の引数として、「C2:C3」と入力します (またはセルをドラッグして選びます)。

  5. 右かっこ「)」を入力し、Enter キーを押します。

各引数には、範囲、数値、または単一セル参照を、すべてをカンマで区切って指定します。

  • =SUM(A2:A4,2429,10482)

  • =SUM(4823,A3:A4,C2:C3)

  • =SUM(4823,12335,9718,C2:C3)

  • =SUM(A2,A3,A4,2429,10482)

ヒント: 隣接し合う列や行の数値を合計する必要がある場合は、オート SUM を使って数値を合計します

試してみましょう

サンプル データで試す場合、使用するデータがここにあります。

次の表をワークシートにコピーし、セル A1 に貼り付けると、SUM 関数がどのように機能するかを確認できます。

データ

-5

15

[エンタープライズ日付 30

'5

TRUE

数式

説明

結果

=SUM(3, 2)

3 と 2 を合計します。

5

=SUM("5", 15, TRUE)

5、15、1 を合計します。計算前に、文字列値 "5" は数値に、論理値 TRUE は数値 1 に変換されます。

21

=SUM(A2:A4)

セル A2 ~ A4 の値を合計します。

[エンタープライズ数値 40

=SUM(A2:A4, 15)

セル A2 ~ A4 の値を合計し、その計算結果に 15 を加算します。

55

=SUM(A5,A6, 2)

セル A5 ~ A6 の値を合計し、その計算結果に 2 を加算します。参照先にある数値以外の値は変換されない (セル A5 の値 ('5) およびセル A6 の値 (TRUE) は共に文字列として処理される) ため、これらのセルの値は無視されます。

2

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×