SQL Server データベースの値を使用して、リスト ボックス、ドロップダウン リスト ボックス、またはコンボ ボックスにデータを代入する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

リスト ボックス、ドロップダウン リスト ボックス、またはコンボ ボックスに、Microsoft SQL Server データベースへのクエリ データ接続からのデータを代入することができます。

このトピックの内容

概要

始める前に

手順 1: クエリのデータ接続を追加します。

手順 2: コントロールを構成します。

概要

リスト ボックス、ドロップダウン リスト ボックス、またはコンボ ボックスには、ユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームに入力するときに選択できる項目が表示されます。これらのコントロールを、Microsoft SQL Server データベースへのセカンダリ データ接続からのデータを表示するように構成できます。セカンダリ データ接続は、このフォーム テンプレートに基づくフォームに入力するユーザーが Web サービスなどの外部データ ソースとの間でデータの取得または送信を行えるようにするためにフォーム テンプレートに追加する、外部データ ソースへの任意のデータ接続です。

データに対応するデータ フィールドおよびグループを第 2 データ ソースを Microsoft Office InfoPath フォーム テンプレートにデータのクエリが作成されるセカンダリ データ接続を追加する場合は、データベースに保存されます。クエリのデータ接続は、Web サービスからデータを取得し、フォームのセカンダリ データ ソースでデータを格納します。既定では、セカンダリ データ ソース内のデータがあるユーザーがネットワークに接続されている間だけです。フォームがネットワークに接続していないときは、データへのアクセスがあること、ユーザーのコンピューターで、クエリの結果を保存するセカンダリ データ接続を構成することができます。

セキュリティに関するお知らせ : セカンダリ データ接続を使用して外部データ ソースから機密データを取得している場合、この機能を無効にすると、コンピューターが紛失または盗難にあったときのデータの不正使用を防ぐのに役立ちます。この機能を無効にした場合は、ユーザーがネットワークに接続しているときにのみデータが使用可能になります。

セカンダリ データ ソースのデータ構造はデータベースにおけるデータの格納方法と一致している必要があるため、セカンダリ データ ソース内の既存のフィールドまたはグループを変更することはできません。データ接続およびデータ ソースの詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

ページの先頭へ

始める前に

SQL Server データベースの値を使用してフォーム テンプレートのコントロールにデータを代入するには、データベース管理者から次の情報を入手する必要があります。

  • このフォーム テンプレートで使用するデータベースが格納されているサーバーの名前。

  • このフォーム テンプレートで使用するデータベースの名前。

  • データベースで要求される認証。データベースでは、Microsoft Windows 認証または SQL Server 認証を使用して、ユーザーがデータベースにどのようにアクセスできるかを判断できます。

  • フォームに送信するデータが格納されているテーブルの名前。これは主テーブルです。データベース内の複数のテーブルを使用する場合は、それらの子テーブルの名前が必要です。また、主テーブルのフィールドとの間にリレーションシップが確立されている子テーブルのフィールドの名前も必要です。

  • クエリ結果をオフラインで使用できるようにユーザーのコンピュータに安全に格納できるかどうか。

ページの先頭へ

手順 1: クエリ データ接続を追加する

場合は、フォーム テンプレートに使用できる既存のクエリのデータ接続がない、以下のクエリのデータをフォーム テンプレートにセカンダリ データ接続を追加する手順を実行します。フォーム テンプレートを使用できるセカンダリ データ接続を既に持っている場合は、このセクションをスキップしてに移動する手順 2: コントロールを構成するします。

  1. [ツール] メニューの [データ接続] をクリックします。

  2. [データ接続] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードで、[新しいデータ接続先]、[データの受信]、[次へ] の順にクリックします。

  4. ウィザードの次のページで、[データベース (Microsoft SQL Server または Microsoft Office Access のみ)] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. ウィザードの次のページで、[データベースの選択] をクリックします。

  6. [データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、[新しいソース] をクリックします。

  7. ウィザードの次のページで、[接続するデータ ソースの種類を指定してください] ボックスの一覧で [Microsoft SQL Server] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  8. [サーバー名] ボックスに、SQL Server データベースを含むサーバーの名前を入力します。

  9. [ログイン時の証明] で、次のいずれかの操作を行います。

    • データベースで、Microsoft Windows ネットワークで使用される証明に基づいてアクセス権があるユーザーを確認する場合は、[Windows 認証を使用する] をクリックします。

    • データベースで、データベース管理者から入手する指定のユーザー名とパスワードに基づいてアクセス権があるユーザーを確認する場合は、[以下のユーザー名とパスワードを使用する] をクリックし、[ユーザー名] ボックスと [パスワード] ボックスにユーザー名とパスワードを入力します。

  10. [次へ] をクリックします。

  11. [使用するデータが含まれているデータベースを選択] ボックスの一覧で、使用するデータベースの名前をクリックします。次に、[指定したテーブルに接続] をクリックし、主テーブルの名前をクリックして、[次へ] をクリックします。

  12. ウィザードの次のページで、[ファイル名] ボックスにデータ接続情報を保存するファイル名を入力して、[完了] をクリックしてこれらの設定を保存します。

    クエリ データ接続で他のテーブルを使用する予定がある場合は、ウィザードのこのページで他のテーブルを追加できます。

    他のテーブルを追加します。

    1. [追加] をクリックします。

    2. 追加のテーブルまたはクエリ] ダイアログ ボックスで、子のテーブルの名前をクリックし、[次へ] をクリックします。InfoPath では、両方のテーブルのフィールド名と一致する、リレーションシップを設定を試みます。お勧めのリレーションシップを使用しない場合は、リレーションシップを選択し、[リレーションシップの削除] をクリックします。リレーションシップを追加するには、リレーションシップの追加] をクリックします。リレーションシップの追加] ダイアログ ボックスでは、[それぞれの列では、関連する各フィールドの名前をクリックし、[ OK] をクリックします。

    3. [完了] をクリックします。

    4. 子テーブルを追加するには、これらの手順を繰り返してください。

  13. [次へ] をクリックします。

  14. クエリの結果をフォーム テンプレートに保存する場合は、[フォーム テンプレートのデータのコピーを保存する] チェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスをオンにすると、クエリ結果がフォーム テンプレートに保存されます。データがフォーム テンプレートに保存されるため、コンピュータがネットワークに接続されていない場合でも、入力するフォーム内でデータを使用できます。

    セキュリティに関するお知らせ : このチェック ボックスをオンにすると、クエリ結果がフォーム テンプレートに保存されます。データがフォーム テンプレートに保存されるため、コンピュータがネットワークに接続されていない場合でも、ユーザーが入力するフォーム内でデータを使用できます。このデータ接続から機密データを取得している場合は、コンピューターの紛失や盗難に備えて、この機能を無効にすることができます。

  15. [次へ] をクリックします。

  16. ウィザードの次のページで、このセカンダリ データ接続のわかりやすい名前を入力します。フォームを開いたときにデータを自動的に受信するようにするには、[フォームを開くとき自動的にデータを取得する] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

手順 2: コントロールを構成する

  1. 複数のビューを持つフォーム テンプレートの場合、[表示] メニューの [ビュー名] をクリックして、セカンダリ データ ソースのデータを表示するコントロールがあるビューに移動します。

  2. データを代入するリスト ボックス コントロール、ドロップダウン リスト ボックス コントロール、またはコンボ ボックス コントロールをダブルクリックします。

  3. [データ] タブをクリックします。

  4. [リスト ボックス項目] で、[外部データ ソースの値を参照する] をクリックします。

  5. [データ ソース] の一覧で、使用するデータ ソースをクリックします。

  6. [項目] ボックスの横の [XPath の選択] [データ ソース] ボタン をクリックします。

  7. [フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行い、ユーザーに表示するデータと、外部データ ソースに送信するデータを指定します。

    ユーザーに表示されるが、ユーザーが送信、同じデータを指定します。

    • フィールドをクリックし、[OK] をクリックします。

    ユーザーに表示されるデータは、ユーザーが送信されるデータを異なることを指定します。

    注: この場合、ユーザーに表示されるデータはグループ内のいずれかのフィールドのものであり、ユーザーが送信するデータは同じグループの別のフィールドのものです。

    1. グループをクリックし、[OK] をクリックします。

    2. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[] ボックスの横にある[XPath の選択 [データ ソース] ボタン ] をクリックします。

    3. [フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、ユーザーが外部データ ソースに送信するデータを含むフィールドをクリックし、[OK] をクリックします。

    4. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、表示名] ボックスの横にある[XPath の選択 [データ ソース] ボタン ] をクリックします。

    5. [フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、コントロールに表示されるデータを含むフィールドをクリックし、[OK] をクリックします。

  8. [表示名] ボックスのフィールドに同じような表示名の値が含まれていて、一意の名前だけを表示したい場合は、[一意の表示名を持つ項目のみ表示する] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×