SQL 関数の Calculating フィールド

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SQL 集計関数では、文字列式の引数を指定してフィールドの値に関する計算を実行できます。たとえば、フィールドの値に小数を掛けることにより、追加料金や消費税などのパーセンテージを求めることができます。

フィールドの計算の例を次の表に示します。この例では、サンプルの Northwind.mdb データベースにある [受注] テーブルと [受注明細] テーブルのフィールドに関する計算例を示しています。

計算値

使用例

フィールドに値を加える

Freight + 5

フィールドから値を引く

Freight - 5

フィールドに値を掛ける

UnitPrice * 2

フィールドを割る

Freight / 2

フィールドどうしを加える

UnitsInStock + UnitsOnOrder

フィールドからフィールドを引く

ReorderLevel - UnitsInStock


次の例では、Northwind.mdb データベースにあるすべての受注の平均割引額を計算します。この例では、"単価" フィールドと "割引" フィールドの値の積を計算して各受注の割引総額を計算してから、その平均値を求めています。この式は、Microsoft Visual Basic の SQL ステートメントで使用できます。

SELECT Avg(UnitPrice * Discount) AS [Average Discount] FROM [Order Details];



注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×