SELECT...INTO ステートメント

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

make-table queryを作成します。

構文

SELECT field1[, field2[, ...]] INTO newtable [IN externaldatabase]
FROM source

SELECT...INTO ステートメントには、次の指定項目があります。

引数

説明

field1field2

新しいテーブルにコピーするフィールドの名前。

newtable

作成するテーブルの名前。 引数 newtable と同じ名前のテーブルが既にある場合は、トラップ可能なエラーになります。

externaldatabase

external databaseのパス。パスの記述方法については、「IN 句」を参照してください。

source

選択するレコードのある既存のテーブルの名前。単一のテーブル名、複数のテーブル名、またはクエリ名を指定できます。


解説

テーブル作成クエリは、レコードのアーカイブやテーブルのバックアップ コピーの作成に使用できます。また、別のデータベースへエクスポートするコピーを作成する場合や、一定期間のデータを表示するレポートを作成する場合などにも使用できます。たとえば、地域別月間売上レポートを作成する場合は、毎月同じテーブル作成クエリを実行します。

注: 

  • 新規テーブルにprimary keyを設定する場合があります。テーブル作成クエリで作成したテーブルのフィールドは、クエリの元になるテーブルのフィールドのdata typeとフィールド サイズを継承しますが、それ以外のフィールド プロパティやテーブル プロパティは継承しません。

  • 既存のテーブルにデータを追加するには、SELECT...INTO ステートメントではなく INSERT INTO ステートメントを使用してappend queryを作成してください。

  • どのレコードが選択されるかをあらかじめ確認する場合は、テーブル作成クエリを実行する前に、同じ選択条件を使用する SELECT ステートメントを実行してその結果を調べてください。



注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×