SELECT...INTO ステートメント

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

テーブル作成クエリを作成します。

構文

[フィールド1] を選びます。newtable [ externaldatabase]
ソースから

SELECT...INTO ステートメントでは次の引数を使用します。

引数

説明

field1field2

新しいテーブルにコピーするフィールドの名前です。

newtable

作成されるテーブルの名前です。 newtable が既存テーブルの名前と同じ場合、トラップできるエラーが発生します。

externaldatabase

外部データベースのパスです。 パスの説明については、IN 句を参照してください。

ソース

レコードの選択元になる既存テーブルの名前です。 このテーブルまたはクエリは 1 つでも複数でも構いません。

解説

テーブル作成クエリを使用し、レコードをアーカイブしたり、テーブルのバックアップ コピーを作成したり、別のデータベースにエクスポートするか、データを一定期間表示するレポートの基礎として利用するためのコピーを作成したりできます。 たとえば、同じテーブル作成クエリを毎月実行し、地域別の月間売上レポートを作成できます。

注: 

  • 新しいテーブルの主キーを定義すると便利な場合があります。 テーブルを作成するとき、新しいテーブルのフィールドはクエリの基礎テーブルの各フィールドのデータ型とフィールド サイズを継承しますが、その他のフィールドやテーブル プロパティは継承されません。

  • 既存テーブルにデータを追加するには、代わりに INSERT INTO ステートメントを使用して追加クエリを作成します。

  • テーブル作成クエリを実行する前に、選択されるレコードを見つけるには、同じ選択基準を使用する SELECT ステートメントの結果を先に調べます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×