SELECT ステートメント

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SELECT ステートメントのデータベースからレコード セットとして情報を取得するには、Microsoft Access データベース エンジンように指示します。

構文

SELECT [predicate] { * | table.* | [table.]field1 [AS alias1] [, [table.]field2 [AS alias2] [, ...]]}
FROM tableexpression [, ...] [IN externaldatabase]
[WHERE... ]
[GROUP BY... ]
[HAVING... ]
[ORDER BY... ]
[WITH OWNERACCESS OPTION]

SELECT ステートメントでは次の引数を使用します。

引数

説明

predicate

述語として、ALL、DISTINCT、DISTINCTROW、TOP のいずれかを使用します。 この述語により、返されるレコードの数を制限します。 指定しない場合の既定値は ALL です。

*

指定したテーブル (複数可) のすべてのフィールドを選択するよう指定します。

table

レコードを選択するフィールドを含んだテーブルの名前。

field1field2

取得するデータを含んだフィールドの名前。 複数のフィールドを含めた場合は、リストした順序で取得されます。

alias1alias2

table 内の元の列名の代わりに列見出しとして使用する名前。

tableexpression

取得するデータを含んだテーブル (複数可) の名前。

externaldatabase

tableexpression のテーブルが現在のデータベースにない場合に、それを含むデータベースの名前。

説明

この操作を実行するため、Microsoft Access データベース エンジンは指定されたテーブル (複数可) を検索して、選択した列を抽出し、条件に一致する行を選択して、結果行を指定の順序に並べ替えたり、グループ化したりします。

SELECT ステートメントはデータベース内のデータを変更することはありません。

選択は、通常、SQL ステートメントの最初の単語です。ほとんどの SQL ステートメントは、いずれかを選択または選択.ステートメントします。

SELECT ステートメントの最小限の構文は次のとおりです。

SELECT fields FROM table

アスタリスク (*) を使用して、テーブルのすべてのフィールドを選択できます。 次の例では、Employees テーブルのすべてのフィールドを選択しています。

SELECT * FROM Employees;

FROM 句で複数のテーブルに含まれるフィールドの場合は、その前にテーブル名と . (ドット) 演算子を付けます。 次の例では、Department フィールドが Employees テーブルと Supervisors テーブルの両方に含まれます。 この SQL ステートメントは、Employees テーブルから部署を選択し、Supervisors テーブルから監督者名を選択します。

SELECT Employees.Department, Supervisors.SupvName FROM Employees INNER JOIN Supervisors WHERE Employees.Department = Supervisors.Department;

Recordset オブジェクトが作成されると、Microsoft Access データベース エンジンはテーブルのフィールド名を Recordset オブジェクトの Field オブジェクトとして使用します。 異なるフィールド名を使う場合や、フィールドの作成に使用した式に含まれない名前を使う場合は、AS reserved wordを使用します。 次の例では、タイトルに Birth を使用して、結果の Recordset オブジェクトで返された Field オブジェクトに名前を付けています。

SELECT BirthDate AS Birth FROM Employees;

使用する集約関数やクエリで返される Field オブジェクト名があいまいな場合や重複する場合は、AS 句を使用して Field オブジェクトの代替名を指定する必要があります。 次の例では、タイトルに HeadCount を使用して、結果の Recordset オブジェクトで返された Field オブジェクトに名前を付けています。

SELECT COUNT(EmployeeID) AS HeadCount FROM Employees;

SELECT ステートメントではこの他にも、返されるデータを制限して整理する句を使用できます。 詳しくは、使用する句のヘルプ トピックをご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×