SEARCH 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SEARCH 関数は、開始位置を先頭にして、指定された文字列 (検索文字列) を他の文字列 (対象) の中で検索し、その文字列が最初に現れる位置の文字番号を返します。SEARCH 関数を使用すると、ある文字列に含まれる特定の文字列の位置を調べることができ、さらに MID 関数や REPLACE 関数と組み合わせて、その文字列を置き換えることができます。

書式

SEARCH(検索文字列,対象,開始位置)

検索文字列     検索する文字列を指定します。半角の疑問符 (?) または半角のアスタリスク (*) をワイルドカード文字として検索文字列内で使用できます。ワイルドカード文字の疑問符は任意の 1 文字を表し、アスタリスクは 1 文字以上の任意の文字列を表します。ワイルドカード文字ではなく、通常の文字として疑問符やアスタリスクを検索する場合は、その文字の前に半角のティルダ (~) を付けます。

対象      文字列を指定します。この中から検索文字列が検索されます。

開始位置     検索対象の文字列における文字番号を指定します。この番号から検索が開始されます。開始位置を指定すると、指定した文字の数だけ検索をスキップできます。たとえば、文字列 "AYF0093.YoungMensApparel" を検索の対象とします。このとき、文字列のシリアル番号部分をスキップし、説明部分に含まれる最初の "Y" が現れる位置を検索するには、開始位置を 8 に設定します。検索は 8 文字目から開始され、検索文字列がその次の位置に見つかるので、SEARCH 関数は 9 を返します。開始位置が 1 より大きい場合、指定された数だけ文字列がスキップされますが、SEARCH 関数では常に、対象の先頭文字からの位置を返します。

解説

  • SEARCH 関数では、文字列を検索するとき、英字の大文字と小文字は区別されません。

  • SEARCH 関数には FIND 関数と同様な機能がありますが、FIND 関数では、英字の大文字と小文字が区別されます。

  • 検索文字列が見つからないと、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • 開始位置を省略すると、1 を指定したと見なされます。

  • 開始位置に 0 以下の整数を指定した場合、または開始位置が対象の文字数よりも大きい場合は、エラー値 #VALUE! が返されます。

使用例

列 1

列 2

列 3

数式

説明 (結果)

Statements

Profit Margin

margin

=SEARCH("e",[Col1],6)

Col1 に含まれる文字列を対象として、6 番目の文字以降に現れる最初の "e" の位置を返します (7)

Statements

Profit Margin

margin

=SEARCH([Col3],[Col2])

"Profit Margin" という文字列を対象として、"margin" の位置を返します (8)

Statements

Profit Margin

margin

=REPLACE([Col2],SEARCH([Col3],[Col2]),6,"Amount")

"Margin" という文字列を "Amount" に置き換えます (Profit Amount)

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×