RunSQL マクロ アクション

"RunSQL/SQLの実行" マクロ アクションを利用し、Access デスクトップ データベースでアクション クエリを実行できます。その際、対応する SQL ステートメントを利用します。データ定義クエリを実行することもできます。

注: このアクションは、データベースが信頼されていない場合は許可されません。

設定

"RunSQL/SQLの実行" マクロ アクションには次の引数があります。

アクションの引数

説明

SQL ステートメント

実行するアクション クエリまたはデータ定義クエリの SQL ステートメント。このステートメントの最大文字数は、255 文字です。これは必須の引数です。

トランザクションの使用

[はい] を選択すると、このクエリがトランザクションに追加されます。トランザクションを使用しない場合、[いいえ] を選択します。既定値は [はい] です。この引数に [いいえ] を選択した場合、クエリの実行が速くなることがあります。

解説

アクション クエリを使用し、レコードを追加、削除、更新したり、クエリの結果セットを新しいテーブルとして保存したりできます。データ定義クエリを使用し、テーブルを作成、変更、削除したり、インデックスを作成または削除したりできます。"RunSQL/SQLの実行" マクロ アクションを利用すれば、ストアド クエリを利用しなくても、以上の操作をマクロから直接実行できます。

255 文字より長い SQL ステートメントを入力しなければならない場合、代わりに Visual Basic for Applications (VBA) モジュールの DoCmd オブジェクトの "RunSQL/SQLの実行" メソッドを使用してください。VBA では、最大 32,768 文字の SQL ステートメントを入力できます。

Access クエリは実際、クエリ ウィンドウ でデザイン グリッドを利用してクエリを設計するときに作成される SQL ステートメントです。次の表は、Access アクション クエリ、データ定義クエリ、対応する SQL ステートメントをまとめたものです。

クエリの種類

SQL ステートメント

アクション

追加

INSERT INTO

削除

DELETE

表作成

SELECT...INTO

更新

UPDATE

データ定義 (SQL 固有)

テーブルを作成する

CREATE TABLE

テーブル変更

ALTER TABLE

表を削除する

DROP TABLE

インデックスを作成する

CREATE INDEX

インデックスを削除する

DROP INDEX

以上のステートメントと共に IN 句を使用すると、別のデータベースのデータを変更することもできます。

注: マクロから 選択クエリ または クロス集計クエリ を実行するには、"OpenQuery/クエリを開く" マクロ アクションの "View/ビュー" 引数を使用し、データシート ビュー ビューで既存の選択クエリまたはクロス集計クエリを開きます。既存のアクション クエリと SQL 固有のクエリは同じように実行できます。

ヒント

Access クエリに相当する SQL を表示するには、(Access ステータス バーの) [ビュー] メニューの [SQL ビュー] をクリックします。一覧にある SQL ステートメントをモデルとして使用してクエリを作成し、"RunSQL/SQLの実行" モデル アクションで実行できます。"RunSQL/SQLの実行" マクロ アクションのために "SQL Statement/SQL ステートメント” 引数で SQL ステートメントを複製すると、クエリ ウィンドウでこの Access クエリを実行することと同じ結果が得られます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×