RunMenuCommand マクロ アクション

Access デスクトップ データベースで RunMenuCommand マクロ アクションを使用すると、組み込みの Access コマンドを実行できます。

注: Access 2010 より、RunCommand マクロ アクションは RunMenuCommand に名前が変更されました。このマクロ アクションの引数の変更はありません。

設定

RunMenuCommand アクションの引数は次のとおりです。

アクションの引数

説明

コマンド

実行するコマンドの名前。 [コマンド] ボックスには、使用可能な組み込みの Access コマンドがアルファベット順に表示されます。 これは、必須の引数です。

解説

RunMenuCommand アクションを使って、カスタム メニュー バー、グローバル メニュー バー、カスタム ショートカット メニュー、またはグローバル ショートカット メニュー から、Access コマンドを実行できます。

マクロ内で条件式と共に RunMenuCommand アクションを使用して、一定の条件に従ってコマンドを実行できます。

Access の以前のバージョンの Access データベースを変換すると、一部のコマンドが利用できなくなることがあります。コマンドは、名前が変更されたり、別のメニューに移動されたり、廃止されたりすることがあります。利用できないコマンドを対象にした DoMenuItem アクションは RunMenuCommand アクションに変換できません。マクロを開くと、該当する RunMenuCommand アクションは Command 引数が空白になっています。その場合は、マクロを編集して有効なコマンド引数を入力するか、RunMenuCommand アクションを削除してください。

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールで RunMenuCommand アクションを実行するには、Application オブジェクトの RunCommand メソッドを使います (このメソッドは、DoCmd オブジェクトの RunCommand メソッドと同等です)。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×