Right 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

文字列の右端から指定された文字数を含むバリアント型 (内部処理形式 String の Variant) の値を返します。

構文

Right( string, length )

関数の書式には、次の引数があります。

引数

説明

string

必須。文字列式右端の文字が返されます。文字列に Null が含まれている場合は、 Nullが返されます。

length

必須。バリエーション(Long)。返す文字数を示す数式を指定します。0 の場合、長さ 0 の文字列 ("") が返されます。大きいまたは文字列の文字数に等しい場合は、文字列全体が返されます。


解説

引数 string の文字数を決定するときは、Len 関数を使用します。

注: 文字列をバイト データとして扱う場合は RightB 関数を使用します。length には文字数ではなくバイト数を指定します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、Right 関数を使用して、文字列の右端から指定された文字数を返します。

Dim AnyString, MyStr
AnyString = "Hello World" ' Define string.
MyStr = Right(AnyString, 1) ' Returns "d".
MyStr = Right(AnyString, 6) ' Returns " World".
MyStr = Right(AnyString, 20) ' Returns "Hello World".

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×