Right 関数

文字列の右端から指定した文字数の文字列を、バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) で返します。

構文

Right( string, length )

Right 関数構文の引数は次のとおりです。

引数

説明

string

必須。返される右端の文字列の基になる 文字列式 です。string が Null の場合は、Null 値が返されます。

length

必須。バリアント型 (Long)。返す文字数を表す数式を指定します。0 を指定した場合は、長さ 0 の文字列 ("") を返します。string の文字数以上の場合は、文字列全体を返します。


解説

string 内の文字数を決定するには、Len 関数を使用します。

注: 文字列に含まれているバイト データには RightB 関数を使います。返す文字数を指定する代わりに、length はバイト数を指定します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、Right 関数を使って文字列の右端から指定した文字数の文字列を返します。

Dim AnyString, MyStr
AnyString = "Hello World" ' Define string.
MyStr = Right(AnyString, 1) ' Returns "d".
MyStr = Right(AnyString, 6) ' Returns " World".
MyStr = Right(AnyString, 20) ' Returns "Hello World".
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×