RestoreWindow マクロ アクション

Access デスクトップ データベースで RestoreWindow マクロ アクションを使用すると、最大化または最小化されたウィンドウを元のサイズに戻すことができます。

注: Access 2010 より、Restore マクロ アクションは RestoreWindow に名前が変更されました。

注: このマクロ アクションは、Visual Basic エディターのコード ウィンドウには適用できません。コード ウィンドウを変更する方法については、WindowState プロパティのトピックをご覧ください。

設定

RestoreWindow マクロ アクションに引数はありません。

解説

このマクロ アクションは、選択したオブジェクトで動作します。オブジェクトが最小化されている場合は、まず、SelectObject マクロ アクションを使用してオブジェクトを選択し、次に、RestoreWindow マクロ アクションを使用してそのオブジェクトを元のサイズに戻します。

MoveAndSizeWindow マクロ アクションを使用すると、復元したウィンドウを移動またはサイズ変更することができます。

RestoreWindow マクロ アクションには、ウィンドウの右上隅の [元に戻す​​] ボタンまたはウィンドウの [コントロール] メニューの [元に戻す​​] コマンドをクリックしたときと同じ効果があります。

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールで RestoreWindow アクションを実行するには、DoCmd オブジェクトの Restore メソッドを使います。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×