Replace 関数

指定されたサブ文字列を別のサブ文字列に指定回数だけ置き換えた String を返します。

構文

Replace( expression, find, replace [, start ] [, count ] [, compare ] )

Replace 関数構文の引数は次のとおりです。

引数

説明

expression

必須。 置き換える前のサブ文字列が含まれる文字列式です。

find

必須。 検索対象のサブ文字列です。

replace

必須。 置き換えるサブ文字列です。

start

省略可能。 expression 内でサブ文字列の検索を始める位置です。 省略すると、1 と見なされます。

count

省略可能。 実行するサブ文字列置換の回数です。 省略した場合の既定値は -1 で、可能な置換をすべて行います。

compare

省略可能。 サブ文字列を評価するときに使う比較の種類を示す数値です。 値については、「設定」セクションをご覧ください。

設定

compare 引数には、次の値を指定できます。

定数

説明

vbUseCompareOption

–1

Option Compare ステートメントの設定を使用して、比較を実行します。

vbBinaryCompare

0

バイナリの比較を実行します。

vbTextCompare

1

テキストの比較を実行します。

vbDatabaseCompare

2

Microsoft Office Access 2007 のみ。 データベース内の情報に基づいて比較を実行します。

戻り値

Replace は次の値を返します。

状況

Replace が返す値

expression の長さが 0

長さゼロの文字列 ("")

expression Null

エラー。

find の長さが 0

expression のコピー。

replace の長さが 0

expression のコピーから、出現するすべての find を削除したもの。

start > Len(expression)

長さ 0 の文字列。 文字列の置換は、 startで示されている位置から始まります。

count が 0

expression のコピー。

解説

Replace関数の戻り値は、置換された文字列です。これは、 startで指定した位置から始まり、最後には文字列の末尾にあります。 開始から終了までの元の文字列のコピーではありません。

結果

ProductID、Replace (ProductID、"PRO"、"Product") を、ProductSales の後継の Edid として選択します。

"商品コード" を返し、"ProductID" で "PRO" を検索して、"Product" に置き換え、結果を列交換 Edid に表示します。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×