Ranking Model Tuning アプリを使用してカスタムのランク付けモデルを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint 2013 の標準のランク付けモデルが関連性の要件を満たさない場合は、カスタムのランク付けモデルを作成できます。 Ranking Model Tuning アプリを使用すると、以前よりもこの作業を簡単に行うことができます。 このアプリは、既存のランク付けモデルをコピーするためのユーザー インターフェイスを提供し、クエリ セットの結果を判定し、ランク機能を追加または削除し、これらの機能のウェイトを調整します。 最終的には、変化を評価して、結果に満足したら新しいランク付けモデルを発行することができます。

この記事の内容

カスタムのランク付けモデルを作成する理由

SharePoint Online 用のアプリを入手する

SharePoint Server 2013 用のアプリを入手する

カスタムのランク付けモデルを作成する - 主な手順

手順 1: 既存のランク付けモデルをコピーして名前を指定する

手順 2: 判定セットを追加する

手順 3: セットのクエリの結果を判定する

手順 4: ランク機能を追加してウェイトをチューニングする

手順 4a: ランク機能を追加する

手順 4b: ウェイトをチューニングする

手順 5: 変化を評価する

手順 6: ランク付けモデルを発行する

ランク付けとランク付けモデルの詳細情報

カスタムのランク付けモデルを作成する理由

多くの場合は、SharePoint Server 2013 と SharePoint Online のランク付けモデルで適切な検索結果のランク付けが得られますが、クエリ ルールを使用して検索結果のランク付けに影響を与えることもできます。 ただし、検索結果に関して、標準のランク付けモデルでは提供されない、関連性に関する特定のニーズがある場合は、カスタムのランク付けモデルを作成できます。

典型的な使用例は、次のとおりです。

  • サイト上の品目のランク付けに影響させる必要があると考えられる、具体的な改善プロパティを追加した。
    例: 食料品店が新しい管理プロパティ "グルテンフリー" を追加し、検索結果のランク付けの計算にこの管理プロパティを含めたい。

  • 標準のランク付けモデルにある 1 つ以上の管理プロパティに、既定よりも多くのランク付けウェイトを付与したい。
    例: 会計事務所で、Excel ブック (ファイルの種類) に、標準のランク付けモデルを使する場合よりも高いランク付けウェイトを割り当てたい。

    重要:  カスタムのランク付けモデルの作成はかなり複雑であり、この点を軽視しないでください。 適切な結果を得るには、相当数のクエリを判定するなどのタスクに時間がかかることが想定されます。

ランク付けとランク付けモデルの詳細については、次の記事を参照してください。

SharePoint Online 用のアプリを入手する

  • サイトにアプリを追加する」の手順に従ってアプリをインストールします。

  • [SharePoint ストアからアプリをダウンロードする] オプションを使用します。

  • アプリを使用するには、SharePoint Online の管理者である必要があります。

SharePoint Server 2013 用のアプリを入手する

重要:  2014 年 3 月に公開される SharePoint Server 2013 の累積的な更新プログラムをインストールすることをお勧めします。 カスタムのランク付けモデルのベース モデルとして 2 つの線形ステージを持つ検索ランク付けモデル (2013 年 8 月の累積的な更新プログラムで追加) を使用する場合は、ランク付けモデルを再チューニングしてカスタマイズする方が簡単になります。

  • アプリをインストールして、SharePoint Server 2013 のすべてのアプリの場合と同じ標準的なプロセスを使用して、アプリを許可するには、次のように SharePoint ファームを準備する:をインストールして、SharePoint 用アプリの管理します。

  • アプリを使用するには、Search Service Application の管理者である必要があります。

カスタムのランク付けモデルを作成する - 主な手順

  • アプリ アイコン Ranking Model Tuning アプリ をクリックして、アプリの開始ページに移動します。

以下の主要手順に従ってカスタムのランク付けモデルを作成します。 モデルの微調整では、さまざまな手順を試行錯誤することが想定されます。

  1. 既存のランク付けモデルをコピーして名前を指定する

  2. 判定セットを追加する

  3. セットのクエリの結果を判定する

  4. ランク機能を追加してウェイトをチューニングする

  5. 変化を評価する

  6. ランク付けモデルを発行する

手順 1: 既存のランク付けモデルをコピーして名前を指定する

アプリを起動すると、すべての利用可能なランク付けモデルのリストが表示されます。 最初に使用する時点では、これは SharePoint と共に提供される標準のランク付けモデルのセットです。 これらのランク付けモデルには [ベース モデル] というマークが付けられていて、使用できる操作は [コピー] のみです。 カスタムのランク付けモデルを作成するために、既存のモデルをコピーして、そのコピーを変更することができます。 アプリを使用して作成されたすべてのモデルには [非ベース モデル] というマークが付けられ、またこれらを [編集]、[発行] または [削除] することもできます。

SharePoint と共に提供される標準のランク付けモデルの多くでは、線形ステージとニューラル ステージを使用します。 このアプリを使用すると、ランク付けモデルの線形ステージをカスタマイズできるだけでなく、線形ステージのチューニングとカスタマイズも容易になります。

カスタムのランク付けモデルの基盤としては、2 つの線形ステージを持つ検索ランク付けモデルを使用することをお勧めします。

  1. 既存のランク付けモデルのリストで、コピーするモデルを選びます。

  2. 右側の矢印をクリックして、[コピー] を選びます。

  3. [ランク付けモデルの編集] ページで、新しいランク付けモデルの名前を入力します。

  4. クエリをテストして照合する結果ソースを選びます。

手順 2: 判定セットを追加する

ランク付けモデルには 1 つまたは複数の判定セットを追加できます。 判定セットは、通常、頻繁に使用されるクエリ、ビジネスに重要であるクエリ、または現在のランク付けモデルでは十分適切に処理されないクエリから構成されています。 [ランク付けモデルの編集] ページの [クエリの判定] で、[判定セットの追加] を選びます。

  1. [判定セットの編集] ページで、以下のオプションを 1 つ以上選びます。

オプション

説明

判定済みクエリのインポート

クエリに対して返されているドキュメント用のクエリとラベルのセットが既にある場合は、それらをインポートできます。 アップロードするファイルを選んで、[クエリのインポート] をクリックします。

インポート ファイルは、次のスキーマが含まれる XML 型である必要があります。

<QuerySet Name="testRM - JudgementSet">
<Query QueryString="query1" >
<Judgements>
<Document Url="docUrl1" Label="Excellent" />
<Document Url="docUrl2" Label="Good" />
<Document Url="docUrl3" Label="Fair" />
<Document Url="docUrl4" Label="Bad" />
</Judgements>
</Query>
</QuerySet>

クエリに対して結果がどの程度の望ましいものであるかを示すには、"Excellent"、"Good"、"Fair"、"Bad" の 4 つのラベルを使用できます。

サンプリング済みクエリを追加する

サイト上で頻繁に検索が行われていた場合は、アプリに、既存のクエリ ログからクエリのランダム セットを選択させることができます。 アプリでは、より頻繁に使用されていたクエリが選択されます。

ボックスでサンプリングするクエリの数を指定し、[クエリの追加] をクリックします。

手動でクエリを追加する

1 行に 1 つずつ、アプリにクエリを直接入力し、[クエリの追加] をクリックします。

この方法ですべてのクエリを追加するか、既存のクエリ セットにクエリを手動で追加することができます。

  1. ラベルが含まれる判定済みクエリをインポートしたら、[完了] をクリックして判定セットを保存します。
    クエリ ログからクエリを追加したか、手動でクエリを追加した場合は、クエリの判定を開始できます。手順 3 を参照してください。

特定のサイトに対してランク付けモデルがどの程度適切であるかに関して、関連性のメトリックを信頼できるインジケーターにするには、次の点を確認します。

  • 判定セットに十分なクエリが存在すること。 クエリが多ければ、それらのクエリの上位 10 位に判定済みドキュメントが多くなり、信頼性が向上します。

  • 想定されるクエリの範囲からの、代表となる混合物が存在すること。

手順 3: セットのクエリの結果を判定する

この段階で、すべてのクエリを調査し、各クエリの結果を評価します。 インデックスの特定のドキュメントが、具体的なクエリの検索結果としてどの程度関連性があり、望ましいものであるかを判定します。 あるドキュメントで考えられる関連性または適性が高ければ高いほど、そのドキュメントはランク付けリストで高位であると想定されます。

注:  前の手順で既に判定されたクエリをインポートした場合、結果には既に評価が割り当てられているため、この手順をスキップできます。

  1. [判定セットの編集] ページでは、クエリごとに、クエリ テキストをクリックして [結果の判定] を選びます。

  2. [クエリの評価] ページでは、[ベース モデルでの結果] と [現在のモデルでの結果] の 2 つの結果セットが並べて表示されます。 新しいランク付けモデルに変更を加える前には、2 つの結果セットは同じになります。

    • それぞれの結果を評価し、1 つ星から 5 つ星までの星の数を選んで、結果に評価 (ラベル) を付与します。 1 つ星のオプション "破損リンク" は、アクセスできないドキュメントに使用できます。

      ランク付けモデルに第 1 ラウンドの変更を加えた後、このビューで 2 つの結果セットを並べて比較することができます。 現在のランク付けモデルを、ベース モデル、または新しいモデルの最後に保存したバージョンと比較します。 このようにすると、行ったさまざまなカスタマイズの影響を評価できます。

  3. クエリの結果を評価したら、[次のクエリ] をクリックして、判定セットの作業を進めます。

  4. [完了] をクリックして、セットを保存します。

判定セットのクエリの調査と評価が完了したら、そのセットの判定範囲が表示されます。 モデルに変更を行うと、異なる判定セットで、新しいランク付けモデルによりどの程度関連性が向上したかを確認できます。

以下の情報が示される

クエリ テキスト

判定セットのクエリ。

判定範囲

評価済みである現在の上位 10 位のドキュメント URL の割合。

注:  関連性のメトリックが信頼できるのは、判定範囲が十分である場合のみです。 範囲を広げるには、クエリの結果をさらに多く判定します。

関連性対 ベース ランク付け

ランク付けモデルに変更を行うと、ここの数値では、ベース モデルと比較して新しいランク付けモデルでクエリに対してどの程度関連性が向上したかを示します。 スコアが 0.00% である場合は、そのクエリに関して 2 つのモデルの間に差がありません。 スコアが負の値である場合は、関連性が低下しています。

対 保存済みモデル

ユーザーがランク付けモデルで作業している間、アプリではランク付けモデルの下書きバージョンを保持します。 現在の下書きバージョンを、新しいランク付けモデルの最終保存バージョンと比較することができます。

ここの数値では、最終保存バージョンと比較して、モデルの現在の下書きでどの程度関連性が向上または低下したかが示されます。

このアプリで使用される関連性のメトリックは、上位 5 位の結果に対して計算された "減損累積利得" です。

手順 4: ランク機能を追加してウェイトをチューニングする

既存のランク付けモデルをコピーする場合、新しいランク付けモデルには、ベース モデル内と同じランク機能とウェイトが含まれます。 追加のランク機能として管理プロパティを追加したり、既存の機能を削除したり、既存の機能のウェイトをチューニングしたりできます。

注:  選択できるのは、既に作成および構成されている管理プロパティのみです。 新しい管理プロパティを作成したり、管理プロパティを検索または並べ替えできるように設定したりするなど、管理プロパティの管理は、このアプリの対象範囲外です。

手順 4a: ランク機能を追加する

  1. [ランク付けモデルの編集] ページの [機能の追加およびチューニング] で、[カスタマイズする機能の追加] をクリックします。

  2. [カスタマイズするランク付け機能の追加] ページで、以下の種類のランク機能から選びます。

ランク付け機能の種類

説明

判定済みクエリに基づいて提案された機能

十分な数の判定済みドキュメントに対して特徴ベクトルが抽出されれば、このアプリで、追加する機能を提案できます。 提案は、自動チューニングにより提供される関連性の判定と強い相関関係 (正負を問わない) があるランク機能です。 このオプションが使用できるのは、このランク付けモデルに対して少なくとも 1 回は自動チューニングを実行した後のみです。 自動チューニングの詳細については、この記事の後半を参照してください。

検索可能なテキストの管理プロパティ

検索結果のランク付けの計算で使用する管理プロパティを選びます。

プロパティ値でクエリ用語の近接性が重要であると選択した場合は、後で機能に対して近接性のウェイトを入力できます。 このアプリでは、バリアント isExact=1 と isDiscounted=1 を使用します。

並べ替え可能な数値の管理プロパティ

静的ランク機能とも呼ばれます。

管理プロパティは整数型である必要があります。 このアプリでは、Rational 変換を使用します。

管理プロパティを選び、プロパティの既定値を入力します。 項目で値が明示的に設定されていない場合は、既定値が使用されます。

指定した値が含まれる並べ替え可能なプロパティ

バケット処理された静的ランク機能とも呼ばれます。 管理プロパティを選び、プロパティの既定値を入力します。

値を含む:この数値は、チューニングされている特定のバケットです。

ベース モデルからのランク付け機能

既存の機能のウェイトをチューニングするには、このオプションを使用します。 既存のランク機能から選びます。

  1. [機能の追加] をクリックします。 手順を繰り返して、カスタマイズする機能を追加します。 選択されているランク機能は、[ランク付けモデルの編集] ページに表示されます。

モデルから機能を削除することもできます。

Rank 機能や集計SharePoint 2013 での関連性を向上させるためにカスタマイズのランク付けモデルの順位の機能の詳細について参照してください。

手順 4b: ウェイトをチューニングする

ベース モデルに由来する既存のランク機能を除き、最初の時点で、新しい機能にはゼロのウェイトが割り当てられています。 ランク機能に別のウェイトを付与するには、自動チューニングまたは手動チューニングを使用できます。

自動チューニング:

自動チューニングを使用すると、判定セットに用意されている判定が使用され、関連性を最大化する方法で機能のウェイトを自動的に設定します。 自動チューニング オプションが使用できるのは、クエリごとに最低でも 10 の判定が付属するクエリが最低でも 10 存在する場合のみです。 判定が増えれば増えるほど、自動チューニングの信頼性が高くなります。

  • [自動チューニング] タブで、[ウェイトの自動チューニング] ボタンをクリックします。

    注:  自動チューニング オプションではかなりの量の計算を行うため、10 クエリの 1 つの判定セットに約 5 分かかります。

手動チューニング:

手動チューニングを使用すると、個別のランク機能のウェイトを設定または変更できます。 正負を問わず、あまりに大きな値は避けてください。

  1. [手動チューニング] タブでは、[ウェイト] ボックスで値を入力または変更して、機能のウェイトを設定または変更します。

  2. [ウェイトの保存] をクリックし、このモデルと関連付けられているすべての判定セットに対して評価を実行します。

  3. 評価が変更されます。手順 5 を参照してください。

手順 5: 変化を評価する

このアプリでは、カスタムのランク付けモデルで関連性がどのように変更されたかを評価できます。 これは、であると考えられるクエリに特に有用です。

重要:  カスタムのランク付けモデルを作成する場合、そのランク付けモデルを使用するすべてのクエリに影響します。 多くのクエリに対して、カスタムのランク付けモデルの影響をテストします。

  • 特定のクエリの結果を確認するには、[手動チューニング] リストの下にある [サンプル クエリ] にクエリを入力します。 ベース モデルまたは最後に保存されたモデルの結果を左側と比較し、現在のモデルの結果を右側と比較することができます。 また、必要に応じて、このページから判定セットにクエリを追加することもできます。

  • さらに、判定セットに対して評価を実行すると、特定の設定の影響を評価することもできます。 [クエリの判定] の下にある判定セットのリストで、セットの右側の矢印をクリックし、メニューから [関連性の評価] を選びます。

注:  ランク機能のウェイトを変更すると、結果の並び順に影響し、適切であれば関連性が向上します。 並べ替えの再実行の結果として、まだ判定されていない新しいドキュメントがクエリの上位 10 位に入る可能性があります。 この場合は、ある判定セットに関して判定範囲の値が低下するため、追加の判定を提供する必要が生じることがあります。

  • 機能の追加、削除、およびチューニングが完了したら、変更を保存します。 新しいカスタムのランク付けモデルは、作業開始の場所である使用可能なランク付けモデルのリストに表示されます。 このモデルは、[非ベース モデル] としてマークされます。

手順 6: ランク付けモデルを発行する

アプリを追加したサイトでは、既定で、新しいランク付けモデルが使用できます。 より幅広くカスタムのランク付けモデルを使用する場合は、モデルを発行する必要があります。

  1. [ランク付けモデルの選択] リストで、右側の矢印をクリックし、メニューから [発行] を選びます。

  2. 次のいずれかのオプションを選びます。

    • 現在のサイト (既定で使用可能)

    • 現在のサイト コレクション

    • すべてのサイト コレクション
      (SharePoint Online ではテナント全体で、 オンプレミスでは Search Service Application 全体。)

  3. [発行] をクリックします。

ランク付けモデルを発行すると、ランク付けモデルを識別する GUID を取得します。 たとえば、検索結果 Web パーツを構成する場合や、クエリの RankingModelId プロパティをプログラムにより設定する場合に、検索で GUID を使用できます。

ランク付けとランク付けモデルの詳細情報

SharePoint Online:

SharePoint Server 2013:

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×