RSS フィードを管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

RSS (Really Simple Syndication) は、ニュース、ブログ、および Web サイト上のその他のコンテンツを購読者が利用できるようにする方法です。

目的に合ったトピックをクリックしてください

概要

概要

サイト所有者は、次の RSS サポートを管理できます。

  • サイト コレクション

  • トップレベル サイトおよびサブサイト

  • Web アプリケーション

  • リスト

RSS サポートは、Web アプリケーション レベルのサーバーの全体管理で有効にします。このレベルで RSS サポートを有効にすると、サイト コレクション レベルでも既定で有効になりますが、トップレベル サイトの所有者はサイト コレクション レベルで RSS サポートを無効にすることができます。RSS が有効なサイト コレクションで作成されたすべての新しいサイトでも、RSS が有効になります。

作成するサブサイトの任意のリストの RSS が既定で有効になるかどうかは、サイト、サブサイト、またはワークスペースで RSS を有効にするか、または無効にするかで異なります。

ページの先頭へ

サイト コレクションの RSS フィードを管理する

サーバーの全体管理で RSS サポートを有効にすると、既定によりサイト コレクション レベルで自動的にこのサポートが有効になります。ただし、トップレベル サイトの所有者は、サイト コレクション レベルで RSS サポートを無効にするか、もう一度有効にすることができます。

次の手順を開始する前に、サイト コレクションのトップレベル サイトに移動します。

  1. [サイトの操作] メニュー [サイトの操作] メニュー をクリックして、[サイトの設定] をクリックします。

  2. [サイトの設定] ページの [サイトの管理] で [RSS] をクリックします。

    注: サーバーの全体管理で RSS サポートが有効になっていない場合、[サイトの設定] ページに RSS のリンクは表示されません。

  3. [RSS] ページの [サイト コレクションの RSS] セクションで、[このサイト コレクションで RSS フィードを利用できるようにする] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

    注: [サイト コレクションの RSS] セクションは、サイト コレクション管理者がトップレベル サイトで操作する場合にのみ利用できます。

  4. [RSS の有効化] セクションで、[このサイトで RSS フィードを利用できるようにする] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  5. [著作権] ボックスに、RSS フィードに表示する著作権情報のテキストを入力します。RSS フィードの閲覧に使用する RSS リーダーの種類によっては、著作権情報が RSS フィードの一番下に表示されない場合があります。

  6. [編集管理者] ボックスに、RSS コンテンツの編集管理者の名前を入力します。編集管理者の名前は、RSS フィードの一番下に表示されます。

  7. [Web 管理者] ボックスに、RSS コンテンツの Web 管理者の名前を入力します。Web 管理者の名前は、RSS フィードの一番下に表示されます。

  8. [有効時間 (分)] ボックスに、RSS フィードの更新がチェックされる間隔 (分) を入力します。この分数は、RSS フィードの一番下に表示されます。

  9. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

リストまたはライブラリの RSS フィードを管理する

サーバーの全体管理からサイト コレクション レベルの RSS サポートを有効にする場合は、サイト上のリストまたはライブラリの RSS サポートを管理することができます。

注: この手順でクリックするタブとボタンの名前は、RSS フィードの作成対象となるリストまたはライブラリの種類によって異なります。たとえば、予定表リストの場合、[予定表] タブと [予定表の設定] になります。この例では、単純にするため "ライブラリ" を使用しています。

  1. RSS フィードの管理対象のリストまたはライブラリで、リボンの [リスト] タブまたは [ライブラリ] タブをクリックします。

  2. [設定] で [ライブラリの設定] をクリックします。

  3. [ライブラリの設定] ページの [通信] で、[RSS 設定] をクリックします。

    注: サーバーの全体管理およびサイト コレクション レベルの両方で RSS サポートが有効になっていない場合、[RSS 設定] リンクは使用できません。

  4. [リストの RSS] セクションで、リストの RSS を有効にするか、または無効にするかを選択します。

  5. [RSS のチャンネル情報] セクションで、複数行のフィールドを 256 文字で切り捨てるかどうかを選択します。RSS フィードのチャンネル要素のタイトル、説明、およびイメージの URL を入力できます。

  6. [] セクションで、RSS の説明の列に対応するチェック ボックスをオンにして、列の表示と非表示を設定できます。列名の横に、ビュー内の列の順序を表す数を入力します。

    注: フィードに 1 行だけ含める場合、その列の値のみがフィード内のアイテムの本文に表示されます。フィードに複数の行を含める場合、アイテムの本文は、各列の名前とその値で構成されます。

  7. [アイテムの制限] セクションで、RSS フィードに含めるアイテムの数と日数を制限できます。

  8. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

リストまたはライブラリのビューの RSS フィードを構成する

サーバーの全体管理からサイト コレクション レベルの RSS サポートを有効にする場合は、リストまたはライブラリのビューに対する RSS サポートを管理することができます。

[アイテムの制限] セクションで、指定した期間に返されるアイテムの合計数の制限] を選択した場合、追加のプロパティにタグ付け<treatas レジストリ> リスト </treatas レジストリ>が RSS フィードを追加します。このタグには、RSS リーダーでは、フィードを扱いますコンテンツ全体を含むが、フィード内に存在する] ボックスの一覧ではなくのみ最近追加または変更されたアイテムを含むフィードとしてことを示します。RSS のリストの拡張機能の詳細については、 MSDN の XML デベロッパー センターを参照してください。

重要: パブリック ビューの場合、ユーザーには [ビューの編集] ページが表示されません。サイトの所有者が RSS フィードへのリンクを公開する必要があります。この点は、サイトの所有者が明示的に RSS 対応のビューを作成する場合に重要となります。

  1. 購読するリストまたはライブラリで、リボンの [ライブラリ] タブまたは [リスト] タブをクリックします。

    注: このタブの名前は、通知の作成対象となるリストまたはライブラリの種類によって異なります。たとえば、予定表リストの場合は、[予定表] タブになります。

  2. リボンの [ビューの管理] でドロップダウン リストからビューを選択して、購読するビューを開きます。

    ヒント: Web ブラウザーがビューの購読に対応していれば、この時点で RSS ツールバー ボタンが使用可能になることがあります。その場合は、このボタンをクリックして、ビューを直接購読することができます。この機能がブラウザーにない場合は、以下の手順に従ってください。

  3. [ビューの変更] をクリックして、編集するビューを開きます。

    注: ビューを編集する権限がない場合は [このビューの変更] が [表示] メニューに表示されないため、この方法でビューの RSS フィードを購読することはできません。

  4. このビューの RSS フィードの購読ページを表示するには、[名前] セクションの rss イメージ (RSS ボタン) をクリックします。

  5. ビューの RSS フィード購読ページの URL をコピーします。次に、サイトの投稿者が RSS フィードを表示し、購読できるように、この URL をサイトに投稿します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×