RSS フィードをサイトに追加する

RSS (Really Simple Syndication) は、インターネットおよびイントラネットで情報を転送するために広く使用されているテクノロジです。多くの Web サイトで、購読できる RSS フィードが提供されており、ソースから自動的に最新情報を取得できます。

ライブラリ、リストなどの要素から RSS フィードを購読することもできるため、他のユーザーがドキュメントの追加やリスト項目の変更を行ったときにそれを知ることができます。

RSS ビューアー Web パーツを使用して、サイトで RSS フィードを表示できます。RSS フィードと RSS ビューアー Web パーツは、単一のページで多数のソースの情報を表示できる便利な機能です。たとえば、RSS ビューアー Web パーツをページに追加すると、ニュースや天気予報などの情報を提供する外部サイトの RSS フィードを参照できます。また、他のサイトのライブラリ、予定表、およびリストへの変更を追跡することもできます。

この記事では、RSS ビューアー Web パーツをページに追加して構成する方法について説明します。

RSS ビューアー Web パーツの追加および構成を行うには、次の 2 つの手順を実行する必要があります。

  1. RSS フィードの URL を取得する

  2. RSS ビューアー Web パーツを追加および構成する

手順 1: RSS フィードの URL を取得する

RSS フィードの URL を取得する手順は、URL の取得元となるサイトによって異なる可能性があります。

  1. RSS フィードを追加する Web サイト、ページ、リスト、またはライブラリに移動します。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • サイトにリボンが表示される場合は、[ページ] タブ、[ライブラリ] タブ、または [リスト] タブ (作業中のサイトの部分によって異なります) をクリックし、[RSS フィード] をクリックすると、RSS フィードが表示されます。

    • そのページ上または Internet Explorer ツールバーで、RSS ロゴをクリックします。RSS フィードがブラウザーに表示されます。

  3. このフィードを購読するリンクを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    RSS フィードのプロパティ ダイアログ ボックス

  4. アドレス (URL) をコピーします。必ずアドレスの全体をコピーしてください。

    ヒント: このアドレスをメモ帳や空のドキュメントなどに貼り付けておき、RSS ビューアー Web パーツを構成するときに、そのアドレスをすぐに使えるようにします。

手順 2: RSS ビューアー Web パーツを追加し構成する

  1. RSS ビューアー Web パーツを追加する Web パーツのページまたはサイトに移動します。

  2. リボンの [編集] をクリックしてページを編集します。

    注: [編集] コマンドが表示されていない場合は、Web パーツをページに追加するために必要な権限を持っていない可能性があります。

  3. リボンの [挿入] タブをクリックし、[ Web パーツボタンをクリックします。

  4. [カテゴリ] で [お勧めのコンテンツ] をクリックし、[RSS ビューアー] をクリックします。[RSS ビューアー] Web パーツをクリックし、[追加] をクリックします。これにより、既定で RSS ビューアー Web パーツが最上位の Web パーツ領域に追加されます。この位置は後で変更できます。

  5. RSS ビューアー Web パーツで、[ツール ウィンドウを開く] をクリックします。

  6. [RSS ビューアー] ツール ウィンドウで、RSS フィードの URL を [RSS フィードの URL] ボックスに貼り付けます。

    RSS ビューアー ツール ウィンドウ

  7. [フィード制限] ボックスで、ビューアーで一度に表示する項目数を指定します。

  8. 必要に応じて、他の Web パーツ プロパティを変更します。

  9. 終了したら、[OK] をクリックします。RSS フィードが Web パーツに表示されます。

RSS とでは、「参照」セクションの RSS フィードの使用に関する詳細情報へリンクを検索します。

ページの先頭へ

注: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×