RSS フィードの設定を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

RSS フィードを追加した後、その他の設定を変更する必要はありません。ただし、 Microsoft Outlook 2010には、更新された RSS アイテムを受け取る頻度、RSS アイテムの保存場所、および添付ファイルをダウンロードするかどうかを含む、いくつかのカスタマイズ オプションが提供しています。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

どのくらいの頻度を変更を確認またはアイテムをダウンロード

RSS フィードの保存場所を変更します。

RSS フィードの表示名を変更します。

リンク先の記事を添付ファイルとしてダウンロードします。

添付ファイルを自動的にダウンロードします。

RSS アイテムをダウンロードする頻度を確認または変更する

Outlook では、RSS フィードを購読すると、更新された投稿があるかどうかが定期的にチェックされます。

RSS フィードのパブリッシャーには、新しい投稿の確認が発生する最大頻度を指定できます。このような制限は、サーバー上の要求の管理に役立ちます。たとえば、RSS フィードが 60 分のポーリング間隔、つまりをオンにしないで更新プログラムの 1 回以上 1 時間。

重要: 一部の発行元では、このような制限厳密に適用します。指定された制限より頻繁に更新を確認する場合、RSS フィードのパブリッシャーできます一時的または完全のアクセスをブロックします。Microsoft も Outlook できますのアクセスが中断または RSS フィードの発行者によって禁止されている場合。

RSS 発行者によって時間制限が指定されているかどうかを確認するには、次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

    backstage ビューの [アカウント設定]

  3. [RSS フィード] タブで、フィードをクリックし、[変更] をクリックします。

    [更新の制限] の [現在のプロバイダーの制限] に、現在のプロバイダーの制限時間が表示されます。

    [更新の制限] スクリーンショット

    [更新の制限] チェック ボックスはオフにしないことをお勧めします。更新チェックの頻度が高すぎると、発行者によって購読が取り消される場合がありますが、この設定をオンにしておくことによって、そのような事態を防ぐことができます。

購読している RSS フィードで値が指定されていない場合は、RSS フィードの [送受信] の設定が使用されます。この設定を確認または変更するには、次の操作を行います。

  1. [送受信] タブの [送受信] で [送受信グループ] をクリックします。

  2. [送受信グループの定義] をクリックします。

  3. [グループ名] で、RSS という名前のアカウントが含まれたグループを選択します。

    既定では、RSS は [すべてのアカウント] に含まれています。RSS アカウントが属しているグループがわからない場合は、グループ名を選択し、[編集] をクリックします。次の図のように、RSS が含まれているグループが見つかるまでこの操作を繰り返します。

    送受信設定

  4. グループ"すべてのアカウント設定]、[自動送受信間隔スケジュールのチェック ボックスをオンにします。

    送受信グループ

  5. テキスト ボックスに 1440 以下の値を入力します。

    注: 発行元によって設定された制限よりも頻繁に時間間隔を指定すると、Outlook は、発行元の設定を使用します。これは、制限を無視してが原因でコンテンツの発行元から禁止ユーザーを防ぐのに役立ちます。

  6. [閉じる] をクリックします。

ページの先頭へ

RSS フィードの保存場所を変更する

ほとんどの場合、RSS フィードの保存場所を変更する必要はありません。ただし、Microsoft Exchange Server アカウントを使用していて、組織のサーバーに保存できるデータ量が少ない場合は、保存場所の変更を検討することがあります。使用しているコンピューターの Outlook データ ファイル (.pst) に RSS フィードを保存すると、RSS フィードのコンテンツによってサーバーの割り当てられた領域が使用されることはありません。

RSS フィードを Outlook データ ファイル (.pst) に保存する場合は、そのファイルがあるコンピューター上の RSS アイテムにしかアクセスできません。

RSS フィードのアイテムを Exchange メールボックス内のフォルダーに保存する場合は、Outlook Anywhere または Outlook Web Access を使用して Exchange アカウントに接続する場合など、Outlook が Exchange アカウントに接続するすべてのコンピューターで RSS フィードを閲覧できます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

    backstage ビューの [アカウント設定]

  3. [RSS フィード] タブで、RSS フィードをクリックし、[フォルダーの変更] をクリックします。

  4. [フォルダーの選択] で、RSS フィードの新しい配信先を選択するか、[新しいフォルダー] をクリックしてフォルダーを作成します。

  5. [OK] をクリックして [アカウント設定] ダイアログ ボックスに戻ります。

ページの先頭へ

RSS フィードの表示名を変更する

RSS フィードの各 RSS 発行者によって指定された名前があります。ナビゲーション ウィンドウとアカウントの設定に表示される名前を変更することができます。

ナビゲーション ウィンドウに表示される RSS フィードの名前を変更する

  • フォルダーを右クリックし、[名前の変更] をポイントします。次に、新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

アカウントの設定] で、RSS フィードの名前を変更します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

    backstage ビューの [アカウント設定]

  3. [RSS フィード] タブで、[変更] をクリックします。

  4. [全般] の [フィードの名前] ボックスに新しい名前を入力します。

注: RSS フィードを他のユーザーと共有する機能を使用する場合、他のユーザーは、カスタマイズされたフィード名ではなく、RSS 発行者が指定した元のフィード名を受信します。

ページの先頭へ

リンク先の記事を添付ファイルとしてダウンロードする

多くの RSS フィードでは、メッセージや記事の要約とコンテンツ全体へのリンクを含む RSS メッセージが使用されます。Outlook では、リンク先のコンテンツを RSS メッセージの添付ファイルとして自動的にダウンロードするように構成できます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

    backstage ビューの [アカウント設定]

  3. [RSS フィード] タブで、[変更] をクリックします。

  4. [ダウンロード] の [記事全体を各アイテムの添付ファイル (html 形式) としてダウンロードする] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

添付ファイルを自動的にダウンロードする

RSS メッセージには、添付ファイルを含めることができます。既定では、それらの添付ファイルは Outlook によってダウンロードされません。添付ファイルを自動的にダウンロードする場合は、次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

    backstage ビューの [アカウント設定]

  3. [RSS フィード] タブで、[変更] をクリックします。

  4. [ダウンロード] の [このフィードの添付ファイルを自動的にダウンロードする] チェック ボックスをオンにします。

    注記: 

    • Outlook では、.bat、.exe、.vbs、.js など、ウイルスを含む可能性がある、必ずしも安全ではない添付ファイルを既定でブロックします。ブロックされた添付ファイルを表示したり、そのファイルにアクセスしたりすることはできません。受信トレイの [添付ファイル] 列には、メッセージに添付ファイルが含まれていることを示すペーパー クリップ アイコンが表示されます。また、メッセージの上部にある情報バーには、ブロックされた添付ファイルの一覧が表示されます。

    • 添付ファイルを開く前に、ウイルス対策プログラムを使用して添付ファイルのウイルスをスキャンすることをお勧めします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×