RGB 関数

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

RGB カラーの値を示す Long を返します。

構文

RGB( red, green, blue )

RGB 関数の引数は次のとおりです。

引数

説明

red

必須。Variant (Integer)。色の赤成分を表す 0 ~ 255 の範囲の値です。

green

必須。Variant (Integer)。色の緑成分を表す 0 ~ 255 の範囲の値です。

blue

必須。Variant (Integer)。色の青成分を表す 0 ~ 255 の範囲の値です。


解説

色の指定を受け付けるアプリケーションのメソッドやプロパティは、RGB カラー値を表す数値で指定されることを想定します。RGB カラー値は、特定の色を表示する赤、緑、青の相対的な強度を指定します。

RGB のいずれかの引数の値が 255 を超えると、255 と見なされます。

次の表では、いくつかの標準的な色と、それに対する赤、緑、青の値を示します。

赤の値

緑の値

青の値

0

0

0

0

0

255

0

255

0

シアン

0

255

255

255

0

0

マゼンタ

255

0

255

255

255

0

255

255

255


この関数によって返される RGB カラー値は、Macintosh オペレーティング システムで使われるものと互換性がありません。Macintosh 用 Microsoft アプリケーションのコンテキストで使うことはできますが、Macintosh オペレーティング システムに直接色の変更を伝えるために使うことはできません。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、RGB 関数を使って、RGB カラー値を表す整数を返す方法を示します。これは、色の指定を受け付けるアプリケーションのメソッドおよびプロパティに使われます。MyObject オブジェクトとそのプロパティは、例示用にのみ使われています。MyObject が存在しない場合、または Color プロパティがない場合は、エラーになります。

Dim RED, I, RGBValue, MyObject
' Return the value for Red.
Red = RGB(255, 0, 0)
' Initialize offset.
I = 75
RGBValue = RGB(I, 64 + I, 128 + I)
' Same as RGB(75, 139, 203).
' Set the Color property of MyObject to Red.
MyObject.Color = RGB(255, 0, 0)
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×