REVOKE ステートメント

既存のユーザーまたはグループから特定の特権を取り消します。

構文

REVOKE {privilege[, privilege, …]} ON
{TABLE table |
OBJECT object|

CONTAINTER container}
FROM {authorizationname[, authorizationname, …]}

REVOKE ステートメントでは次の引数を使用します。

引数

説明

privilege

取り消し対象となる特権です。特権は次のキーワードで指定されます。

SELECT、DELETE、INSERT、UPDATE、DROP、SELECTSECURITY、UPDATESECURITY、DBPASSWORD、UPDATEIDENTITY、CREATE、SELECTSCHEMA、SCHEMA、UPDATEOWNER。

table

有効なテーブル名です。

object

これにはテーブル以外のオブジェクトが含まれます。たとえば、ストアド クエリ (ビューまたは手続き) です。

container

有効なコンテナーの名前です。

authorizationname

ユーザーまたはグループの名前です。



スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×