RATE 関数

ここでは、Microsoft Excel の RATE 関数の書式および使用法について説明します。

説明

一定期間の投資に対する利率を返します。 RATE では反復計算によって値が算出されるため、結果は 0 個以上になります。 RATE で 20 回の反復計算を行い、連続する計算結果の収束値が 0.0000001 以下にならない場合は、エラー値 #NUM! が返されます。

構文

RATE(期間, 定期支払額, 現在価値, [将来価値], [支払期日], [推定値])

注: 引数である、期間、定期支払額、現在価値、将来価値、支払期日の詳細については、PV 関数を参照してください。

RATE 関数の書式には、次の引数があります。

  • 期間内支払回数    必ず指定します。投資期間全体での支払回数の合計を指定します。

  • 定期支払額    必ず指定します。 毎回の支払額を指定します。投資期間内に支払額を変更することはできません。 通常、定期支払額には元金と利息が含まれますが、その他の手数料や税金は含まれません。 定期支払額を省略した場合は、将来価値を必ず指定してください。

  • 現在価値    必ず指定します。現在価値とは、将来行われる一連の支払いを、現時点で一括払いした場合の合計金額をいいます。

  • 将来価値    省略可能です。投資の将来価値、つまり最後の支払いを行った後に残る現金の収支を指定します。将来価値を省略すると、0 を指定したと見なされます (たとえば、ローンなどの借入金の将来価値は 0 になります)。将来価値を省略した場合は、定期支払額を必ず指定してください。

  • 支払期日    省略可能です。 いつ支払いが行われるかを、数値の 0 または 1 で指定します。

支払期日

支払いが行われる時期

0 または省略

各期の期末

1

各期の期首

  • 推定値    省略可能です。 利率がおよそどれくらいになるかを推定した値を指定します。

    • 推定値を省略すると、10% として計算されます。

    • RATE 関数の結果が収束しない場合は、推定値の値を変えてみてください。 通常、推定値に 0 ~ 1 の範囲の値を指定すると、計算結果が収束します。

解説

推定値と期間を指定するときは、時間に関する単位を一致させる必要があります。 たとえば、年利 12% の 4 年ローンを月払いで返済する場合、推定値には 12%/12 = 1 (%) を、また期間には 4*12 = 48 (月) を指定します。 また、これと同じローンを年払いで返済する場合は、推定値に 12 (%)、期間に 4 (年) を指定します。

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

データ

説明

4

返済期間

-200

毎月の支払額

8000

借入額

数式

説明

結果

=RATE(A2*12, A3, A4)

A2:A4 に引数として入力した期間における、ローンの月利を求めます。

1%

=RATE(A2*12, A3, A4)*12

同期間のローンの年利を求めます。

9.24%

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×