RANK.AVG 関数

ここでは、Microsoft Excel の RANK.AVG 関数の書式および使用法について説明します。

説明

数値のリストの中で、指定した数値の順位を返します。返される順位は、範囲内の他の値との相対的な位置になります。複数の値が同じ順位にあるときは、平均の順位が返されます。

書式

RANK.AVG(数値,範囲,[順序])

RANK.AVG 関数の書式には、次の引数があります。

  • 数値    必ず指定します。 範囲内での順位 (位置) を調べる数値を指定します。

  • 範囲    必ず指定します。 数値の範囲の配列またはその範囲への参照を指定します。 範囲に含まれる数値以外の値は無視されます。

  • 順序    省略可能です。 範囲内の数値を並べる方法を指定します。

解説

  • 順序に 0 (ゼロ) を指定するか、順序を省略すると、範囲内の数値が...3、2、1 のように降順に並べ替えられます。

  • 順序に 0 以外の数値を指定すると、範囲内の数値が 1、2、3、... のように昇順で並べ替えられます。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

日付

温度 (F)

2011/7/1

89

2011/7/2

88

2011/7/3

92

2011/7/4

101

2011/7/5

94

2011/7/6

97

2011/7/7

95

数式

説明

結果

=RANK.AVG(94,B2:B8)

B2:B8 のセル範囲から値 94 の順位 (位置) を調べます。 この例では、気温 (華氏) が 94 に達した 2011 年 7 月 5 日は、一覧表示された日付の中で 4 番目に暑い日でした。

4

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×