QUOTIENT 関数

ここでは、Microsoft Excel の QUOTIENT 関数の書式および使用法について説明します。

ヒント: 数値を除算する場合は、 Excel には DIVIDE 関数がないので、 "/" 演算子を使用します。 たとえば、5 を 2 で割る場合には、セル内に=5/2と入力すると、2.5 という結果が返されます。 これらの同じ数値に対応する QUOTIENT 関数=QUOTIENT(5,2)では、QUOTIENT では剰余が返されないため、2 を返します。 その他の方法で数値を除算する場合には、数値を乗算または除算するを参照してください。

説明

除算の商の整数部を返します。 商の余り (小数部) を切り捨てる場合に、この関数を使用します。

構文

QUOTIENT(分子, 分母)

QUOTIENT 関数の書式には、次の引数があります。

  • 分子    必ず指定します。 被除数 (割られる数) を指定します。

  • 分母    必ず指定します。 除数 (割る数) を指定します。

解説

引数に数値以外の値を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。

使用例

次の表のサンプル データをコピーして、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。 数式と結果の表示を切り替えるには、F2 キーを押します。 必要に応じて、すべてのデータが表示されるように列幅を調整します。

数式

説明

結果

=QUOTIENT(5, 2)

5 を 2 で割ったときの商の整数部を求めます

2

=QUOTIENT(4.5, 3.1)

4.5 を 3.1 で割ったときの商の整数部を求めます

1

=QUOTIENT(-10, 3)

10 を 3 で割ったときの商の整数部を求めます

-3

関連項目

PRODUCT 関数

Excel で数値を乗算および除算する

パーセンテージを計算する

クイック スタート: ワークシートで数値の表示形式を設定する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×