QBColor 関数

指定した色番号に対応する RGB 色コードを表す Long を返します。

構文

QBColor ( color )

必須の color引数 は 0 から 15 の整数です。

設定

color 引数には次の設定があります。

番号

番号

0

8

灰色

1

9

薄い青

2

10

薄い緑

3

シアン

11

薄いシアン

4

12

薄い赤

5

マゼンタ

13

薄いマゼンタ

6

14

薄い黄

7

15

輝く白


解説

color 引数は、旧バージョンの Basic (Microsoft Visual Basic for MS-DOS、Basic Compiler など) で使用されていた色の値を表します。返り値には、最下位バイトから順に赤、緑、青の値が示されます。これらの値は、Visual Basic for Applications で使用される RGB システムに適切な色を設定するために使用されます。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、QBColor 関数を使用して、MyForm として渡されるフォームの BackColor プロパティを ColorCode で示された色に変更します。QBColor には 0 から 15 の整数値を指定できます。

Sub ChangeBackColor (ColorCode As Integer, _
MyForm As Form)
MyForm.BackColor = QBColor(ColorCode)
End Sub
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×