Publisher 2010 を使ってみる

Office 2010 の使用を開始する Microsoft Office Publisher 2007 に習熟している場合、それ以前のバージョンの Publisher を使用していた場合、または Publisher を一度も使ったことがない場合、以下のリソースを調べて最新バージョンの使用方法について学習してください。

目的

参照先

Publisher 2007 に習熟している場合

最新バージョンの Publisher 2010 の新機能について調べます。

はじめに - Publisher 2010 の新機能

メニューの場所がよくわからない場合

アニメーション表示のガイドを使用して、Publisher 2007 のメニュー、ツール バー、コマンドと Publisher 2010 のメニュー、ツール バー、コマンドの対応関係を把握します。

Office 2010 でのメニューやツール バー コマンドの場所

Publisher を一度も使ったことがない場合

Publisher 2010 で一般的な作業を実行する方法について学習します。

Publisher 2010 の基本的な作業

他の Microsoft Office 製品の使用方法の詳細については、「Office 2010 を使う」を参照してください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

この記事の内容

Publisher 2010 の新機能

文書を作成する

文書を印刷する

文書を郵便または電子メールで送る

Publisher 2010 の新機能

最大の変更点は、リボンおよび Backstage ビュー ユーザー インターフェイスの採用です。その他の変更点としては、印刷機能の改良による印刷の効率性の向上、新しいオブジェクト配置テクノロジ、新しい写真の配置および操作ツール、コンテンツの文書パーツ、および正確な小型英大文字、合字、スタイル代替字形などの高度な文字体裁オプションがあります。詳細については、「はじめに - Publisher 2010 の新機能」の記事を参照してください。

文書を作成する

プロフェッショナルなデザインの Publisher テンプレートを使用して独自の文書を作成したり、必要に応じてテンプレートをカスタマイズしたりできます。同じ業務で複数の文書を作成する必要があるとします。その場合は、同じ配色と勤務先情報のセットなどの同じオプションおよび情報を使用する、異なる種類の文書を作成できます。文書を作成する段階的な手順については、「開始 - パブリケーションの作成」の記事を参照してください。

文書を印刷する

Publisher 2010 の長所の 1 つは、高品質な印刷文書を作成できることです。これらの文書は、デスクトップ プリンターで印刷することも、コピー ショップや印刷業者に送ることもできます。「開始 - パブリケーションの作成」の記事に従って作成した文書を印刷する段階的な手順については、「開始 - パブリケーションの印刷」の記事を参照してください。

文書を郵便または電子メールで送る

文書を作成したら、顧客に郵送することも、電子メール メッセージとして送信することもできます。受け取り手の名前と住所および受け取り手ごとに設定されたあいさつ文が含まれるように、個人用に設定することもできます。宛名の差し込みの作成の詳細については、「差し込み印刷または電子メールの宛名差し込みを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×