Publisher 2010 で廃止、変更される機能

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office Publisher 2007または以前のバージョンの Microsoft Publisher の場合は、次のリストは廃止またはMicrosoft Publisher 2010で変更された機能について説明します。

Web 発行

新しい web サイトと web 用の文書の作成は機能として廃止される予定です。Publisher 2010では、以前のバージョンの Publisher で作成した古い Web 用の文書を編集する権限を保持します。開く場合は、新しいWeb ツール] タブの [既存の Web 文書は水ドキュメント ツールで利用可能なになります。あるもしなくなる Web テンプレート利用可能なテンプレート ギャラリーにします。

[オプション]

[ツール] の [オプション] にあった機能の一部が、廃止または別の UI に移動されました。

[カラー パレットに基本色を表示する]

[ツール] の [オプション] の [全般] タブにあったこのオプションは、Publisher 2010 のカラー ピッカーでは不要となりました。

  • [ヒントを表示する] と [ヒントのリセット]

これらのオプションは、[ツール] の [オプション] の [アシスタント] タブにありました。ヒント ページは製品から削除されたため、これらのオプションも廃止されました。

[差し込みフィールドと勤務先情報フィールドに下線を表示する]

この機能そのものは製品に残されていますが、ユーザー インターフェイスが [表示] タブに移動されました。

書式の自動同期

ツール]のオプションアシスタント] タブでこの機能が見つかった、製品から削除されました

[ウィザードを使用して白紙の文書を作成する]

ツール]のオプションアシスタント] タブで、この機能が見つかりました。Publisher 2010 の場合を空白のページ サイズを起動する Publisher 2010 常に使用できるが白紙の文書をウィザードを使用せずにします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×