Publisher ファイルを印刷業者に入稿する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

自分のデスクトップ プリンタにはない印刷オプションが必要な場合は、文書の内容をオフセット印刷機または高品質デジタル プリンタで再現できる印刷業者に文書を入稿します。

たとえば、大量に印刷したり、特殊な用紙 (羊皮紙や厚紙など) に印刷したり、特殊な綴じ、裁断、仕上げを使用したりすることが必要な場合があります。

何百枚、何千枚ものコピーが必要な場合、文書を印刷する手段としては印刷業者が最も経済的で効率的でしょう。

目的に合ったトピックをクリックしてください

まず、印刷業者に相談してください。

パックを使用し、[ウィザード

デザイン チェックを使用して、文書内で問題を検出するには

最初に印刷業者に相談する

印刷業者と作業する上で最も重要なのは、Microsoft Office Publisher ファイルを業者に入稿する前に打ち合わせを行うことです。プロジェクトを開始する前に、プロジェクトと目標を説明し、印刷業者の必要条件を調べます。後々の時間と費用を節約するために、デザイン プロセスの間も印刷業者と相談を続けます。

文書を作成する前に次の点について話し合ってください。

  • 印刷業者が Publisher ファイルを処理できるかどうかを問い合わせます。処理できる印刷業者を見つけられない場合は、文書を提出する他の手段について問い合わせます。ほとんどの印刷業者は、PostScript ファイルまたは PDF ファイルを処理することができ、元の文書からこれらのファイルを作成する方法を教えてくれます。

    注: アドインをインストールした場合にのみ、2007 Microsoft Office system プログラムから PDF または XPS ファイルとして保存できます。詳細については、「PDF や XPS など、その他のファイル形式のサポートを有効にする」を参照してください。

  • 量、品質、用紙原料、用紙サイズ、推奨カラー モデル、綴じ、折り、断裁、予算、ファイル サイズの制限、納期などの印刷要件を印刷業者に伝えます。必要な品目の在庫があるかどうかを必ず問い合わせます。

  • スキャンした画像を文書に含めるかどうか、含める場合は自分でスキャンするのか印刷業者やサービス ビューローでスキャンするのかどうかを印刷業者に知らせます。

  • トラッピングやページ配置など、印刷前の作業があるかどうかを問い合わせます。

  • 費用削減に役立つ注意事項について問い合わせます。

印刷業者が Publisher ファイルや PDF ファイルを希望する理由

Publisher ファイルを入稿すると、印刷業者側で文書の印刷方法を決定することができます。イメージ セッターに印刷する方法は、デスクトップ プリンタに印刷する方法よりも複雑で特殊です。印刷の質を確保しながら印刷ミスの量を減らすために、印刷業者は自社による印刷オプションの設定を行う傾向にあります。また、印刷業者は図へのリンクの再作成など、文書に対して必要なすべての修正を行うこともできます。

PDF ファイルを手の図は、印刷業者 Publisher を持っている必要はありませんが、プリンターが信頼できる必要がありますが正しく印刷オプションを設定、ファイルを保存するときにします。プリンターでは、PDF ファイルをダウンロードするには、出力機器のラスター イメージのプロセッサ (RIP) に、画像を抽出し、し必要に応じて変更を加えることがことができます。ただし、プリンターでは、他のいくつかの変更やファイルを修正をすることができます。たとえば、印刷業者できない変更を行うテキストまたはフォントします。

PDF ファイルと Publisher ファイルの両方を入稿すると、印刷業者はその印刷を完了するための最適な方法を見つけることができます。

ページの先頭へ

ドキュメント パック ウィザードを使用する

ドキュメント パック ウィザードを使用すると、印刷業者向けのファイルを準備する作業が大幅に簡略化されます。ドキュメント パック ウィザードは、印刷業者が必要とするすべての要素を含むパックされた Publisher ファイルを作成し、指定した場合は PDF ファイルも作成します。

ドキュメント パック ウィザードは、文書内にリンクされたグラフィックスや埋め込みフォントを作成するので、印刷業者は文書内のグラフィックスやフォントを利用できます。また、埋め込みができないフォントがあれば一覧に表示され、リンクされたグラフィックスに問題があれば報告されます。

ドキュメント パック ウィザードを使用して文書をパックする

  • [ファイル] メニューの [ドキュメント パック] をポイントし、[印刷業者へ入稿] をクリックします。

    パックとウィザードを実行梱包プロセスの各ステップします。ドキュメント パック ウィザードに関する詳細については、ドキュメント パック ウィザードにパックまたは印刷業者による印刷用の文書の展開を使用を参照してください。

    注: ファイルをパックした後に文書を変更した場合は、ドキュメント パック ウィザードを再度実行して、印刷業者に渡す文書に変更が反映されるようにします。

ページの先頭へ

デザイン チェックを使用して文書内の問題点を検出する

デザイン チェックは、ドキュメント パック ウィザードの一部として実行され、印刷業者へ入稿する文書のチェックだけを行うように設定されています。文書の作成中にデザイン チェックを実行することもできます。

デザイン チェックは、検出したすべての問題点を一覧表示します。問題点には、一部がページからはみ出した要素、ストーリー内のオーバーフロー テキスト、縦横比が不適切な図などがあります。これらの問題は、場合によってデザイン チェックにより自動的に修正されることがあります。それ以外の場合は、手動で修正する必要があります。

デザイン チェックは、チェック セットに従って問題点を一覧表示します。印刷業者へ入稿する文書のチェック セット、その他のいくつかのチェック セット、またはすべてのチェック セットを実行することを指定できます。

デザイン チェックは、いったん起動すると常駐します。修正された項目は問題点の一覧から消え、新たな問題点は自動的に一覧に表示されます。

デザイン チェックを実行して文書の問題点をチェックする

既定では、デザイン チェックは、設定されている文書の種類に従ってチェックを実行します。印刷業者入稿用の文書が準備できているかどうかをチェックする場合には、不要な既定のチェック項目もあります。

  1. [ツール] メニューの [デザイン チェック] をクリックします。

  2. デザイン チェックに印刷業者入稿用文書のチェックだけを行わせる場合は、[業者印刷用チェックを実行する] チェック ボックスをオンにし、その他のチェック ボックスをオフにします。

  3. [デザイン チェック] 作業ウィンドウの [修正する項目の選択] で、修正する項目の横にある矢印をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • [このアイテムへ移動する] を選択して、問題のある項目のページに移動します。

    • 自動修正候補を修正する項目の問題を自動的に修正する] を選びます。

      注: 自動修正は問題によって異なります。ほとんどの場合、自動修正は利用できません。

    • [今後、このチェックを実行しない] をクリックして、このチェックをオフにします。この設定は、すべての問題項目に反映されます。

    • [説明を表示] をクリックして、問題とその修正方法をより詳細に示すヘルプ トピックを表示します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×