Publisher の [図の書式設定] ダイアログ ボックスについて

文書内の画像を圧縮したい場合は、画像の元の色を復元するか、トリミングや画像の色、明るさ、コントラストの制御のオプションを設定します。[図の書式設定] ダイアログの [] タブを使用できます。

注: [] タブは、選択したオブジェクトが図または図の塗りつぶしによる図形である場合に利用できます。オブジェクトが図形である場合、トリミング ツールは無効になりますが、[イメージコントロール] および [圧縮] は有効です。

[トリミング範囲]

[]、[]、[]、[] のボックスに、図のトリミング範囲のサイズを入力します。トリミング範囲の値として負の値を入力した場合は、図の余白が追加されて、枠が図よりも大きく拡張されます。図の塗りつぶしを適用している場合は、枠と図の間の領域が塗りつぶされます。それ以外の場合は、枠と図の間の領域が透明になります。

明るさとコントラスト

  • [明るさ]  [明るさ] ボックスで明るさのパーセンテージを入力するか、[明るさ] スライダーを使用して図の明るさを設定します。既定のレベルは 50% の明るさです。明るさを上げると図が明るくなります。明るさを下げると図が暗くなります。

  • [コントラスト]  [コントラスト] ボックスでコントラストのパーセンテージを入力するか、スライダーを使用して図のコントラストを設定します。コントラストを下げると影とハイライトの違いが小さくなり、 ぼやけた感じになります。コントラストを上げると、影とハイライトの違いが強調されてコントラストのはっきりした図になります。

色の変更​​

  • [] - 塗りつぶしの色をパレットから選ぶか、一覧から次のいずれかのオプションを選びます。

    • [配色パターンの色] - 文書の適用済み配色パターンから色を選択します。

    • [標準の色] - 赤から青の範囲の標準色から選択します。

    • [塗りつぶしなし] - 選んだセルや表に塗りつぶしを適用しない場合は、このオプションをオンにします。塗りつぶしなしのセルは背景が透明になります。

    • [その他の色] - [] ダイアログ ボックスが開きます。標準のカラー パレットから新しい色を選んだり、RGB、HSL、または CMYK のカラー モデルを使ったユーザー設定の色を選んだりすることができます。また、PANTONE® カラーを選ぶこともできます。

    • [濃淡] - [塗りつぶし効果] ダイアログ ボックスが開き、現在選択されている色の濃淡を適用できます。

  • [圧縮] - [図の圧縮] ダイアログ ボックスが表示され、図の圧縮方法を制御できます。

  • [色のリセット] - 元の色が復元されます。

  • [リセット] - 図に適用したトリミングとイメージ コントロールをリセットできます。リセットすると、[図の書式設定] ダイアログ ボックスの [] タブで選んだ図に適用した書式設定の変更に影響します。

  • [図形の効果] - [図形の書式設定] ダイアログが開き、[塗りつぶし]、[]、[反射]、[光彩]、[ぼかし]、[3-D 書式]、[3-D 回転] の効果を使用できます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×