Publisher の [テキスト ボックスの書式設定] タブについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

テキスト ボックスで、または内部にテキストが含まれるオートシェイプでテキストを配置および調整するためのオプションを選ぶ場合は、Publisher の [テキスト ボックス] タブを使用できます。

注: [テキスト ボックス] タブは、選択したオブジェクトがテキスト ボックスまたはテキストを含むオートシェイプの場合にのみ利用可能です。

[垂直方向の配置]

テキスト ボックス内またはオートシェイプ内のテキストの配置場所を上、中、または下に設定します。

[テキスト ボックスの余白]

[] ボックスまたはオートシェイプの左端と内部のテキストとの間隔を入力します。

[] ボックスまたはオートシェイプの右端と内部のテキストとの間隔を入力します。

[] ボックスまたはオートシェイプの上端と内部のテキストとの間隔を入力します。

[] ボックスまたはオートシェイプの下端と内部のテキストとの間隔を入力します。

[テキストの自動調整]

[自動調整なし] ボックスまたはオートシェイプに設定したテキスト サイズと同じ値を維持します。

[はみ出す場合だけ自動調整する] オーバーフローがないようにテキスト ボックス内またはオートシェイプ内のテキストのポイント サイズを小さくします。

[枠に合わせて自動調整する] ボックスまたはオートシェイプのサイズを変更するときに、その内部に収まるようにテキストを縮小または拡大します。

[枠に合わせてテキスト ボックスを拡大する] テキストがはみ出さないようにテキスト ボックスまたはオートシェイプを拡大します。

注: このオプションがオンの場合、テキスト ボックスまたはオートシェイプがページからはみ出したり、他のオブジェクトに重なったりすることもあります。

[オートシェイプ内のテキストを 90 度回転する]  このチェック ボックスをオンにすると、テキストボックス内またはオートシェイプ内のテキストが右回りに 90 度回転します。

["次ページに続く" を含む] ボックスまたはオートシェイプに "<ページ番号> ページに続く" という注を含める場合は、このチェック ボックスをオンにします。

["前ページから続く" を含む] ボックスまたはオートシェイプに "<ページ番号> ページから続く" という注を含める場合は、このチェック ボックスをオンにします。

[段組み]  このボタンをクリックすると、[段組み] ダイアログ ボックスが表示され、段組みの数と間隔を選ぶことができます。

注: [はみ出す場合だけ自動調整する] または [枠に合わせて自動調整する] のオプションがオンの場合は、このオプションをオートシェイプに対して使用できません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×