Publisher の基本的な作業

Publisher は、多彩なデザインの本格的な文書を作成するのに適したアプリです。複雑なデスクトップ パブリッシング アプリケーションに多くの費用や時間を費やす必要はありません。

グリーティング カードやラベルのようなシンプルなものから、学年アルバム、カタログ、業務用メール ニュースレターのような複雑なプロジェクトまで作成できます。

文書を作成する

すべての文書は、テンプレートから作成を開始します。空白のテンプレートから開始することもできます。完成した文書のイメージに最も近いテンプレートを見つけてください。Publisher にはテンプレートが付属しています。

Publisher のスタート画面上のテンプレートのスクリーンショット。

  1. [ファイル]、[新規] の順にクリックして、次のいずれかを行います。

    • [お勧めのテンプレート] のテンプレートを 1 つ選び、[作成] をクリックします。

    • Publisher にインストールされているテンプレートを使うには、[組み込み] を選び、目的のカテゴリまでスクロールしてクリックして、テンプレートを選び、[作成] をクリックします。

    • Office.com でテンプレートを見つけるには、[オンライン テンプレートの検索] ボックスを使って検索します。たとえば「ニュースレター」と入力して、好みのテンプレートまでスクロールし、[作成] をクリックします。

文書の保存

文書を初めて保存するときは、次の手順に従ってください。

  1. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックします。

  2. [名前を付けて保存] で、文書を保存する場所を選びます。

    Publisher の [名前を付けて保存] オプションのスクリーンショット。

    • OneDrive は Microsoft の無料サービスです。パスワードで保護されたオンラインの場所にファイルを保存できます。

    • [その他の Web サービス] には、最近使った Web サイトが表示されます。また、[参照] を使って、アクセスできる Web サイトに文書を保存することができます。

    • [コンピューター] には、使用中のコンピューターのフォルダーが含まれます。

    • [場所の追加] をクリックすると、オンラインで文書を保存するための場所を追加できます。

  3. 文書の名前を入力して [保存] をクリックします。

一度文書を保存した後は、[ファイル]、[保存] の順にクリックするだけで文書を保存できます。

文書のファイル名または場所を変更する場合は、[ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックして、初めて保存するときと同じ方法で保存します。

文書に画像を追加する

  1. [ホーム] タブの [] をクリックします。

  2. [図の挿入] ダイアログ ボックスのオプションを使って、目的の図を選びます。

文書にテキストを追加する

文書にテキストを追加するには、初めにテキスト ボックスを挿入します。ほとんどのテンプレートには入力可能なテキスト ボックスがありますが、独自のテキスト ボックスを追加することもできます。

初めに: テキスト ボックスを追加する

  1. [ホーム] タブの [横書きテキスト ボックスの描画] をクリックし、十字形になったカーソルをドラッグして、テキスト ボックスを配置する場所にボックスを描画します。

    Publisher の [テキスト ボックスの描画] のスクリーンショット。

  2. テキスト ボックスにテキストを入力します。

    入力したテキストが長すぎてボックスに収まらない場合は、テキスト ボックスを大きくするか、別のテキスト ボックスにリンクさせます。

次に: テキスト ボックス同士をリンクさせる

テキスト ボックス同士をリンクさせると、あるボックスのテキストの続きを別のボックスに表示することができます。

  1. テキスト ボックスのテキストが長すぎる場合は、省略記号付きの小さなボックスがテキスト ボックスの右下に表示されます。

    Publisher でオーバーフローしたテキスト ボックスのスクリーンショット。

  2. 新しいテキスト ボックスを作成します。

  3. オーバーフロー インジケーターをクリックすると、カーソルがピッチャーに変わります。 テキスト ボックスのリンクに使用するテキスト ボックス リンク ピッチャー。

  4. 新しいテキスト ボックスに移動してクリックします。

    オーバーフローしたテキストが、新しいテキスト ボックスに表示されます。

これで、テキストを追加すると、テキストの続きが自動的に別のテキスト ボックスに表示されるようになりました。2 番目のボックスがいっぱいになってしまった場合は、別のテキスト ボックスにリンクさせると、3 つすべてのテキスト ボックスにテキストが続けて表示されるようになります。

文書に文書パーツを追加する

文書パーツとは、再利用可能なコンテンツです。たとえば、見出し、カレンダー、罫線、広告などがあります。Publisher には文書パーツが付属していますが、独自に作成することもできます。

  1. [ページ] ナビゲーション ウィンドウで、文書内のページを選びます。

  2. [挿入] タブの [文書パーツ] で、文書パーツ ギャラリーを選びます。

    Publsiher の [挿入] タブにある [文書パーツ] グループのスクリーンショット。

  3. スクロールして文書パーツを選ぶか、[その他の <ギャラリー名>] をクリックして、[文書パーツ ライブラリ] ダイアログ ボックスを開きます。

  4. 文書パーツをクリックします。

文書を印刷する

  1. [ファイル]、[印刷] の順にクリックします。

    Publisher の [印刷] オプションのスクリーンショット。

  2. [印刷] の下の [ジョブの印刷部数] ボックスに、印刷する部数を入力します。

  3. 正しいプリンターが選ばれていることを確認します。

    注: 既定のプリンターのプロパティが自動的に入力されます。

  4. [設定] の下で、次の操作を行います。

    • ページまたはセクションの範囲が正しく選ばれていることを確認します。

    • 印刷のレイアウト形式を選びます。

    • 用紙サイズを設定します。

    • 用紙の片面に印刷するか、両面に印刷するかを選びます。

    • カラー印刷できるプリンターの場合は、カラーで印刷するか、グレースケールで印刷するかを選びます。

    • 印刷の準備ができたら、[印刷] をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×