Publisher にデータをインポートするのにデータ接続ウィザードを使用します。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Publisher プログラムがどのようにすればデータをインポートし、[セキュリティで保護するで使用できる Publisher プログラムの外部で世界中のデータがあるか。 回答が適切な接続を作成できます。

安全にデータをインポートする方法の詳細については、次を参照してくださいOffice データ接続の概要。

データ接続ウィザードを使用して外部データをインポートするには

Publisher では、差し込み印刷を使用して外部データをインポートします。 多数の内容がほぼ同じドキュメントを作成するが、製品のお知らせを上位 100 の顧客に送信するなど、固有の情報を含めるには、差し込み印刷を使用します。 接続ファイルを使用しないでテキスト ファイル、Excel ワークシートと Access のテーブルまたはクエリを直接もインポートできます。 詳細については、メールを作成するか Publisher の電子メールの宛名差し込みを参照してください。

カンマ区切り (CSV) テキスト ファイル (.csv) をインポートすることは簡単です。 テキスト ファイルが .csv ファイルをコンピューターで定義されている区切り記号を使用しない場合、またはテキスト ファイルが、.csv ファイルではない場合は、正しいファイル形式を指定するのに Schema.ini ファイルを使用することができます。

ファイルをインポートします。

  1. [差し込み文書]、[宛先の選択]、[既存のリストを使用] の順にクリックします。

  2. [データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 既存の .odc ファイルを使用するには、.odc ファイルをダブルクリックします。 データがインポートされると、およびが完了したらします。

    • 新しい .odc ファイルを作成するには、新しいソース] をクリックし、各手順の手順に従います。

      データ接続ウィザードが表示されます。

  3. [データ接続ウィザードへようこそ] ページで、その他/詳細] をクリックします。

    データ リンク プロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

    さまざまな] ダイアログ ボックスのさまざまなオプションについて詳しくは、[ヘルプ] をクリックします。

  4. プロバイダー ] タブでは、 Microsoft Jet 4.0 OLE DB プロバイダーを選択し、[次へ] をクリックします。

  5. [接続] タブで、データベース名を入力するか選びます] ボックスで、[テキスト ファイルが含まれているフォルダーに完全なパスを入力します。

    フォルダーを検索するために、ボックスの横にある [参照] ボタンをクリックします。

  6. [すべて] タブをクリックし、[拡張プロパティ] を選択し、[値の編集] をクリックします。

  7. プロパティ値] ボックスで、次のいずれかを入力します。

    • テキスト ファイルに列見出しがある場合は、のテキストを入力します。HDR = はいします。

    • テキスト ファイルには、列見出しがない、のテキストを入力してください。HDR = なしします。

  8. [OK] をクリックします。

  9. 正しい情報を入力することを確認、[接続] タブをクリックし、[接続のテスト] をクリックします。

  10. 次のいずれかの操作を行います。

    • エラー メッセージを受信する場合は、前の手順で入力した値を再確認します。

    • メッセージ「のテスト接続に成功したという」を受信する場合は、 [ok]をクリックします。

  11. [OK] をクリックします。

    データ接続ウィザードが表示されます。

  12. 選択データベースとテーブルのページで、[名前] 列、インポートするテキスト ファイルを選択し、[次へ] をクリックします。

  13. データ接続ファイルを保存して終了]ページは、ファイル名] ボックスに、.odc ファイルの名前を入力し、[完了] をクリックします。

    既定で自分のデータ ソース] フォルダーにすると、フォルダーの場所を変更するのには [参照] をクリックします。

  14. 必要に応じて、接続ファイルをやすくするために、説明表示名、および検索キーワードボックスにその他の情報を入力できます。

Schema.ini ファイルを使用して、別のリストの区切り記号の文字またはテキスト ファイル形式を指定します。

Schema.ini ファイルは、Windows レジストリに既定のテキスト ドライバーの設定を上書きするエントリを含むテキスト ファイルです。 一般に、Schema.ini ファイルを使用する、次の操作にする必要があります。

  • テキスト ファイルをインポートすると同じフォルダーに Schema.ini ファイルが格納されます。

  • Schema.iniファイルの名前を付けます。

  • Schema.ini ファイルの最初の行の角かっこで囲まれた、リンクしているテキスト ファイルの名前を入力します。

  • 別のテキスト ファイル形式を指定する追加情報を追加します。

次のセクションでは、Schema.ini ファイルを使用するための一般的な例を示します。

例: セミコロン (;) を指定します。区切り記号として

[Categories.txt] Format=Delimited(;)

例: 区切り記号としてタブ文字を指定します。

[Products.txt] Format=TabDelimited

例: 固定幅ファイルを指定します。

[Shippers.txt]Format=FixedLengthCol1=ShipperID Text Width 11Col2=CompanyName Text Width 40Col3=Phone Text Width 24

ページの先頭へ セクションの先頭へ

ODBC ドライバーを使用してテキスト ファイルをインポートするが、少なくとも、2 つの手順です。 最初に、必要に応じて、odbc テキストには、コンピューター上のユーザー DSN を定義します。 次に、ユーザー DSN を使用して、テキスト ファイルをインポートします。 テキスト ファイルがカンマ区切り (CSV) ファイルをコンピューターで定義されている区切り記号を使用しない場合、またはテキスト ファイルが、.csv ファイルではない場合は、正しいファイル形式を指定するのに Schema.ini ファイルを使用することができます。

ユーザー DSN を定義します。

  1. コントロール パネルを開き、[システムとセキュリティの _gt管理ツール_gt ODBC データ ソース (32 ビット)またはODBC データ ソース (64 ビット)] をクリックします。

  2. ODBC データ ソースの管理] ダイアログ ボックスの [ユーザー DSN ] タブで、[追加] をクリックします。

  3. 新しいデータ ソースの作成] ダイアログ ボックスで、 Microsoft テキスト ドライバー (*.txt。 *.csv)] を選択し、[完了] をクリックします。

    [ ODBC テキスト セットアップ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. データ ソース名には、名前を入力します。

  5. 現在のディレクトリを使用する] チェック ボックスをオフにします。

  6. ディレクトリの選択] をクリックします。

  7. ディレクトリの選択] ダイアログ ボックスで、インポート、テキスト ファイルは、ファイル名] ボックスで、下の一覧に表示されているかどうかを確認するテキスト ファイルに含まれているフォルダーを見つけて、[ OK] をクリックします。

  8. [OK] を 2 回クリックします。

さまざまな] ダイアログ ボックスのさまざまなオプションについて詳しくは、[ヘルプ] をクリックします。

ファイルをインポートします。

  1. [差し込み文書]、[宛先の選択]、[既存のリストを使用] の順にクリックします。

  2. [データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 既存の .odc ファイルを使用するには、.odc ファイルをダブルクリックします。 データのインポートが完了したらする.

    • 新しい .odc ファイルを作成するには、新しいソース] をクリックし、各手順の手順に従います。

      データ接続ウィザードが表示されます。

  3. データ接続ウィザードへようこそ] ページでは、 ODBC DSNをクリックします。

  4. ODBC データ ソースに接続する] ページでは、作成したユーザー DSN を選択し、[次へ] をクリックします。

  5. 選択のデータベースとテーブルのページで、[名前] 列で、テキスト ファイルを選択し、[次へ] をクリックします。

  6. データ接続ファイルを保存して終了]ページは、ファイル名] ボックスに、.odc ファイルの名前を入力し、[完了] をクリックします。

    既定で自分のデータ ソース] フォルダーにすると、フォルダーの場所を変更するのには [参照] をクリックします。

  7. 必要に応じて、接続ファイルをやすくするために、説明表示名、および検索キーワードボックスにその他の情報を入力できます。

Schema.ini ファイルを使用して、別のリストの区切り記号の文字またはテキスト ファイル形式を指定します。

Schema.ini ファイルは、Windows レジストリに既定のテキスト ドライバーの設定を上書きするエントリを含むテキスト ファイルです。 一般に、Schema.ini ファイルを使用する、次の操作にする必要があります。

  • テキスト ファイルをインポートすると同じフォルダーに Schema.ini ファイルが格納されます。

  • Schema.iniファイルの名前を付けます。

  • Schema.ini ファイルの最初の行の角かっこで囲まれた、リンクしているテキスト ファイルの名前を入力します。

  • 別のテキスト ファイル形式を指定する追加情報を追加します。

次のセクションでは、Schema.ini ファイルを使用するための一般的な例を示します。

例: 列の見出しを指定します。

[Categories.txt] ColNameHeader=True

例: セミコロン (;) を指定します。区切り記号として

[Categories.txt] Format=Delimited(;)

例: 区切り記号としてタブ文字を指定します。

[Products.txt] Format=TabDelimited

例: 固定幅ファイルを指定します。

[Shippers.txt]Format=FixedLengthCol1=ShipperID Text Width 11Col2=CompanyName Text Width 40Col3=Phone Text Width 24

ページの先頭へ セクションの先頭へ

  1. [差し込み文書]、[宛先の選択]、[既存のリストを使用] の順にクリックします。

  2. [データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 既存の .odc ファイルを使用するには、.odc ファイルをダブルクリックします。 データのインポートが完了したらする.

    • 新しい .odc ファイルを作成するには、新しいソース] をクリックし、各手順の手順に従います。

      データ接続ウィザードが表示されます。

  3. データ接続ウィザードへようこそ] ページで、[ Microsoft SQL Server] をクリックします。

  4. データベース サーバーに接続する] ページで、次の操作を行います。

    • [サーバー名] ボックスで、データベース サーバーの名前を入力します。

      お使いのコンピューターにデータベースがある場合は、 (ローカル)を入力します。

    • ログオン資格情報の下には、次のいずれかの操作を行います。

      • 使用するには、Windows のユーザー名とパスワードを使用して、Windows 認証] をクリックします。

      • データベースのユーザー名とパスワードを使用するのには、次のユーザー名とパスワードを使用するにはをクリックしを適切なボックスで、データベースのユーザー名とパスワードを入力します。

  5. [次へ] をクリックします。

  6. [データベースとテーブルのページで、データベース] ボックスで、データベースを選択、テーブル、ビュー、または [名前] 列で、ユーザー定義関数を選択し、[次へ] をクリックします。

  7. データ接続ファイルを保存して終了]ページは、ファイル名] ボックスに、.odc ファイルの名前を入力し、[完了] をクリックします。

    既定で自分のデータ ソース] フォルダーにすると、フォルダーの場所を変更するのには [参照] をクリックします。

  8. 必要に応じて、接続ファイルをやすくするために、説明表示名、および検索キーワードボックスにその他の情報を入力できます。

ページの先頭へ セクションの先頭へ

2 つの手順は、ODBC ドライバーを使用して、SQL Server データベースからデータをインポートします。 最初に、必要に応じて、ODBC ドライバーには、コンピューター上のユーザー DSN を定義します。 次に、SQL Server データベースからデータをインポートします。

ユーザー DSN を定義します。

  1. コントロール パネルを開き、[システムとセキュリティの _gt管理ツール_gt ODBC データ ソース (32 ビット)またはODBC データ ソース (64 ビット)] をクリックします。

  2. ODBC データ ソースの管理] ダイアログ ボックスで、ユーザー DSN ] タブを選択し、[追加] をクリックします。

  3. 新しいデータ ソースの作成] ダイアログ ボックスで、 SQL Server] を選択し、[完了] をクリックします。

    SQL Server に新しいデータ ソースの作成] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. [名前] ボックスで、データ ソース名を入力します。

  5. 必要に応じて、 [説明] ボックスで、データ ソースの説明を入力します。

  6. [サーバー ] ボックスで、データベース サーバー名を入力します。

    お使いのコンピューターにデータベースがある場合は、 (ローカル)を入力します。

  7. [次へ] をクリックします。

  8. 必要がある SQL Server を確認するログイン ID の信頼性ですか?、次のいずれかの操作します。

    • Windows のユーザー名とパスワードを使用するには、 Windows NT の認証ネットワーク ログイン ID を使用してをクリックします。

    • データベースのユーザー名とパスワードを使用するのには、ログイン ID とパスワードがユーザーによって入力される SQL Server 認証を使用してをクリックしを適切なボックスで、データベースのログイン ID とパスワードを入力します。

  9. 2 回では、[次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。

  10. 正しい情報を入力することを確認、データ ソースのテスト] をクリックします。

  11. 次のいずれかの操作を行います。

    • エラー メッセージを受信する場合は、前の手順で入力した値を再確認します。

    • 場合は、メッセージ「のテストが正常に完了!」が表示されたら、[ OK] をクリックします。

  12. [OK] を 2 回クリックします。

さまざまな] ダイアログ ボックスのさまざまなオプションについて詳しくは、[ヘルプ] をクリックします。

SQL Server データベースからデータをインポートします。

  1. [差し込み文書]、[宛先の選択]、[既存のリストを使用] の順にクリックします。

  2. [データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 既存の .odc ファイルを使用するには、.odc ファイルをダブルクリックします。 データのインポートが完了したらする.

    • 新しい .odc ファイルを作成するには、新しいソース] をクリックし、各手順の手順に従います。

      データ接続ウィザードが表示されます。

  3. データ接続ウィザードへようこそ] ページでは、 ODBC DSNをクリックします。

  4. ODBC データ ソースに接続する] ページでは、前のセクションで定義したデータ ソースの名前を選択し、[次へ] をクリックします。

  5. [データベースとテーブルのページで、データベース] ボックスで、データベースを選択、テーブル、ビュー、または [名前] 列で関数を選択し、[次へ] をクリックします。

  6. データ接続ファイルを保存して終了]ページは、ファイル名] ボックスに、.odc ファイルの名前を入力し、[完了] をクリックします。

    既定で自分のデータ ソース] フォルダーにすると、フォルダーの場所を変更するのには [参照] をクリックします。

  7. 必要に応じて、接続ファイルをやすくするために、説明表示名、および検索キーワードボックスにその他の情報を入力できます。

ページの先頭へ セクションの先頭へ

ページの先頭へ

関連項目

Office データ接続の概要

データ接続ウィザードを使用して Word にデータをインポートするには

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×