Publisher で罫線を追加、変更または削除する

Publisher では、文書内のページ、テキスト ボックス、オートシェイプ、または図に対して、さまざまな色や幅の飾り枠、デザイン済みの飾り枠、またはユーザー設定の飾り枠を追加できます。ページ、テキスト ボックス、オートシェイプ、図、またはアイテムのグループに既に飾り枠がある場合は、飾り枠を変更または削除できます。

ページに罫線を追加する

重要: 飾り枠を追加する前に、飾り枠のすべての側面がプリンターの印刷範囲内に収まることを確認します。 一部のプリンターでは、ページの端まで印刷されません。 プリンターの印刷外領域を特定するには、[ファイル]、[印刷] の順にクリックして、使用するプリンターを選びます。 プリンターの情報アイコン (?) の上にマウス ポインターを置くと、余白値などのプリンターの状態に関する詳細情報が表示されます。

注: 文書のすべてのページに飾り枠を追加するには、マスター ページに飾り枠を追加して、そのマスター ページを文書内の各ページに適用します。

  1. 飾り枠を追加するページで、[ホーム]、[図形] の順にクリックします。

  2. [基本図形] セクションで [四角形] ボタン イメージ をクリックして、目的のサイズの矩形になるまでマウスをドラッグします。

  3. 矩形を右クリックし、[オートシェイプの書式設定] をクリックします。

  4. [色と線] をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

    • さまざまな色や幅の枠線を追加します ([] で目的の色と線を選びます)。

      注: [図形の塗りつぶし] が [塗りつぶしなし]に設定されていることを確認してください。このように設定されていないと、ページ全体が塗りつぶしの色で塗りつぶされます。

    • デザイン済みの模様入りの飾り枠を追加します ([飾り枠] をクリックして、[飾り枠] リストから飾り枠を選びます)。

    • 画像ファイル、スキャンした写真またはその他のビットマップ、描画プログラムで作成した画像から、ユーザー設定の飾り枠を追加します ([飾り枠]、[ユーザー設定]、[画像の選択] の順にクリックして、画像を検索したら指示に従います)。

      注: ユーザー設定の飾り枠に使用する画像ファイルには、サイズが 64 KB 未満で、テキストが含まれていないものを使用する必要があります。

    • クリップ アートの飾り枠を追加します ([挿入]、[クリップ アート] (Publisher 2010) または [オンライン画像] (Publisher 2013 または 2016) の順にクリックして、検索ボックスに「ページ罫線」と入力したら指示に従います)。

      オンラインでクリップ アートや画像を検索する場合は、Bing にリダイレクトされます。ユーザーの責任において著作権を遵守してください。また、使用する画像を選ぶときに、Bing のライセンス フィルターが役立ちます。

ページの先頭へ

テキスト ボックス、オートシェイプ、図、またはオブジェクトに罫線を追加する

  1. 罫線を追加するテキスト ボックス、オートシェイプ、図、またはオブジェクトを右クリックします。

  2. 適切な [<object>の書式設定] メニュー項目を選びます。

  3. [色と線] タブをクリックして、次のいずれかの操作を行います。

    • さまざまな色や幅の枠線を追加します ([] で目的の色と線のスタイルを選びます)。

    • デザイン済みの模様入りの飾り枠を追加します ([飾り枠] をクリックして、[飾り枠] リストから飾り枠を選びます)。

    • 画像ファイル、スキャンした写真またはその他のビットマップ、描画プログラムで作成した画像から、ユーザー設定の飾り枠を追加します ([飾り枠]、[ユーザー設定]、[画像の選択] の順にクリックして、画像を検索したら指示に従います)。

      注: ユーザー設定の飾り枠に使用する画像ファイルには、サイズが 64 KB 未満で、テキストが含まれていないものを使用する必要があります。

ページの先頭へ

オブジェクトのグループに罫線を追加する

オブジェクトのグループに罫線を追加するには、オブジェクトを囲むように矩形を描画し、目的の線やデザイン済みの罫線を追加します。

  1. 飾り枠を追加するページで、[ホーム]、[図形] の順にクリックします。

  2. [基本図形] セクションで [四角形] ボタン イメージ をクリックして、目的のサイズの矩形になるまでマウスをドラッグします。

  3. 矩形を右クリックして、[オートシェイプの書式設定] をクリックします。

  4. [色と線] タブをクリックして、次のいずれかの操作を行います。

    • さまざまな色や幅の枠線を追加します ([] で目的の色と線のスタイルを選びます)。

    • デザイン済みの模様入りの飾り枠を追加します ([飾り枠] をクリックして、[飾り枠] リストから飾り枠を選びます)。

    • 画像ファイル、スキャンした写真またはその他のビットマップ、描画プログラムで作成した画像から、ユーザー設定の飾り枠を追加します ([飾り枠]、[ユーザー設定]、[画像の選択] の順にクリックして、画像を検索したら指示に従います)。

      注: ユーザー設定の飾り枠に使用する画像ファイルには、サイズが 64 KB 未満で、テキストが含まれていないものを使用する必要があります。

ページの先頭へ

罫線を変更してコンテンツの重なり合いを最小限に抑える

Publisher では、テキスト ボックス、図枠、四角形の図形に飾り枠や罫線を追加することができます。そのため、飾り枠や罫線が太くなるほど、図やテキストのための領域が狭くなります。罫線がページのテキストやオブジェクトを覆い隠している場合は、次のいずれかの操作を試してみてください。

枠の内側ではなく枠の上に罫線を描画する

矩形の内側にだけ罫線を引くのではなく、内側と外側に均等に罫線を追加する場合は、[枠の内部に罫線を引く] チェック ボックスをオフにします。これにより、罫線が、矩形の内側にあるオブジェクトと重なり合うのを防ぐことができます。

  1. 矩形を右クリックし、[オートシェイプの書式設定] をクリックします。

  2. [色と線] タブをクリックし、[枠の内部に罫線を引く] チェック ボックスをオフにします。

ページに比例したサイズの飾り枠を適用する

ページ全体のサイズと比例するように飾り枠のサイズを変更するには、[常に既定サイズを適用する] チェック ボックスをオフにします。これにより、罫線が、矩形の内側にあるオブジェクトと重なり合うのを防ぐことができます。

  1. 矩形を右クリックし、[オートシェイプの書式設定] をクリックします。

  2. [色と線] タブをクリックし、[飾り枠] をクリックします。

  3. [飾り枠] ダイアログ ボックスの [常に既定サイズを適用する] チェック ボックスをオフにします。

罫線の幅を狭くする

  1. 変更する罫線が含まれる矩形を選択します。

  2. [描画ツール] の [書式] タブで、[図形の枠線] をクリックします。

  3. [太さ] ボタン イメージ を選びます。

  4. 目的の線幅をクリックします。他の線幅オプションを表示するには、[その他の線] をクリックし、[太さ] ボックスから必要な値を選択します。

矩形のサイズを大きくする

  1. 目的の矩形をクリックして選択します。

  2. いずれかのサイズ変更ハンドルをドラッグして、矩形のサイズを変更します。

注記: 

  • 矩形の中心を移動せずにサイズを変更するには、Ctrl キーを押しながらドラッグします。

  • 矩形の縦横比を維持するには、Shift キーを押しながら角のハンドルをドラッグします。

  • 中心を同じ位置に保ちながら、矩形の縦横比を変えずに大きさを変更するには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら角のハンドルをドラッグします。

  • ガイド (余白ガイドなど) に沿って矩形をドラッグするには、Alt キーを押しながらドラッグします。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×