Publisher で文書パーツを使用して簡単に文書を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

文書パーツは、勤務先情報、見出し、カレンダー、罫線、広告など、ギャラリーに保存されている再利用可能なコンテンツの一部です。文書パーツは、いつでもアクセスして再利用できます。文書パーツは独自に作成して保存し、分類し、説明を記述することができるほか、キーワードでタグ付けして見つけやすくすることもできます。このようなカスタムの文書パーツは、グラフィックやテキストを組み合わせて作成できます (他の文書パーツを組み合わせることもできます)。

文書パーツ ギャラリー

5 つある文書パーツ ギャラリーのうち、4 つは [挿入] タブの [文書パーツ] にあり、もう 1 つの [勤務先情報] は、[テキスト] にあります。

Publisher 2010 の [文書パーツ]

5 つのギャラリーの内容は以下のとおりです。

  • [ページ パーツ]: 見出し、見出し一覧、ストーリーなど、文書に使用できる、書式設定済みの構成要素が用意されています。

  • [カレンダー]: 書式設定済みの月間カレンダーが用意されています。ギャラリーから今月や翌月のカレンダーを選んだり、[文書パーツ ライブラリ] のギャラリーから月や年のカレンダーを選んだりすることができます。

  • [飾り枠とアクセント]: 飾り枠、傍点、レイアウト枠などのグラフィック要素です。

  • [広告]: このギャラリーには、割引券など、広告に使用できる書式設定済みの要素が用意されています。

  • [勤務先情報]: 勤務先情報のセットです。

ギャラリーから文書パーツを挿入する

  1. [ページの移動] ウィンドウで、文書内の、文書パーツを挿入するページを選択します。

  2. [挿入] をクリックしてから、使用する文書パーツ ギャラリーをクリックします。

  3. スクロールして文書パーツを選ぶか、[その他の <ギャラリー名>] をクリックして、[文書パーツ ライブラリ] ダイアログ ボックスを開きます。

  4. 文書パーツをクリックして挿入し、必要に応じて移動したり、大きさを変更したりします。

文書パーツを作成する

画像や飾り枠など、独自の文書パーツを作成できます。

  1. 文書パーツとして保存する要素を右クリックして、[文書パーツとして保存] を選びます。

  2. [新しい文書パーツの作成] ダイアログに、文書パーツに関する次の情報を入力します。

    • [タイトル]: 文書パーツの名前を作成します。

    • [説明]: 文書パーツの使用目的の説明を追加します (省略可能)。

    • [ギャラリー]: 5 つのギャラリーから、作成する文書パーツを入れるギャラリーを選びます。

    • [ギャラリーに表示]: このチェック ボックスをオンにすると、ギャラリーに文書パーツが表示されます。

    • [カテゴリ]: あらかじめ用意されたギャラリーのカテゴリから選ぶことも、新しいカテゴリ名を入力することもできます。

    • [キーワード]: 文書パーツの検索を簡単にするには、独自のキーワードを入力します。

ヒント: カスタムの文書パーツは、\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Publisher Building Blocks に PBB ファイルとして保存されます。AppData フォルダーは、既定では隠しフォルダーです。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×