Publisher でページ罫線を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ページ罫線を使用すると、より洗練された、本格的な外観の文書を作成できます。 ページ罫線は、単一ページまたはすべてのページに追加できます。 すべてのページに罫線を追加する場合は、マスター ページに追加するだけですべてのページに表示されます。

マスター ページに境界線を追加する

文書のすべてのページに境界線を追加するには、マスター ページに境界線を追加します。

  1. [ページ デザイン]、[マスター ページ] の順にクリックします。

  2. マスター ページを選び、[マスター ページの編集] をクリックします。

    Publisher 2013 でマスター ページを編集します。

  3. [ホーム]、[図形] の順にクリックし、[基本図形] セクションで [四角形] ボタンの画像 をクリックします。

  4. ページ上をドラッグしてページ罫線を描画します。

    ヒント: 矩形の内側にだけ罫線を引くのではなく、内側と外側に均等に罫線を追加する場合は、[枠の内部に罫線を引く] チェック ボックスをオフにします。これにより、境界線が、矩形の内側にあるオブジェクトと重なり合うのを防ぐことができます。

  5. 罫線を右クリックし、[オートシェイプの書式設定] をクリックします。

    注: [図形の塗りつぶし] が [塗りつぶしなし]に設定されていることを確認してください。このように設定されていないと、ページ全体が塗りつぶしの色で塗りつぶされます。

  6. [色と線] タブをクリックし、線の色と種類を選びます。

  7. [マスター ページ] タブの [マスター ページを閉じる] をクリックします。

単一ページに罫線を追加する

  1. ページを選んだ状態で、[ホーム]、[図形] の順にクリックします。

  2. [基本図形] セクションで [四角形] ボタンの画像 をクリックして、ページ罫線を描画します。

    ヒント: 矩形の内側にだけ境界線を引くのではなく、内側と外側に均等に境界線を追加する場合は、[枠の内部に罫線を引く]チェック ボックスをオフにします。

    重要: 図やテキスト ボックスなど、ページに既に項目が含まれている場合は、矩形を選んで、[背面へ移動]、[最背面へ移動] の順にクリックし、矩形を背面に移動します。この操作を行うと、すべての項目が矩形の手前に表示されます。

  3. 罫線を右クリックし、[オートシェイプの書式設定] をクリックします。

    注: [図形の塗りつぶし] が [塗りつぶしなし]に設定されていることを確認してください。このように設定されていないと、ページ全体が塗りつぶしの色で塗りつぶされます。

  4. [色と線] タブをクリックし、線の色と種類を選びます。

ページにデザイン済みの境界線を追加する

  1. ページを選んだ状態で、[ホーム]、[図形] の順にクリックします。

  2. [基本図形] セクションで [四角形] ボタンの画像 をクリックして、ページ罫線を描画します。

  3. 罫線を右クリックし、[オートシェイプの書式設定] をクリックします。

  4. [色と線] タブをクリックし、[飾り枠] をクリックします。

  5. [飾り枠] ボックスの一覧で、目的の境界線をクリックします。

ユーザー設定の飾り枠を作成する

さらに、図ファイル、スキャナーで読み取った写真、または描画プログラムで作成した図を基にした飾り枠を追加することもできます。ユーザー設定した飾り枠は Publisher 内に保存されます。

注: ユーザー設定の飾り枠に使用する画像ファイルには、サイズが 64 KB 未満のものを使用する必要があります。

  1. [飾り枠] をクリックし、表示されるダイアログ ボックスで [ユーザー設定] をクリックします。

  2. [図の選択] をクリックします。

  3. [図の挿入] ダイアログ ボックスでは、自分のコンピューターまたは Bing イメージ検索で、使用する図を参照します。

  4. 挿入する図をクリックして、[挿入] をクリックします。

  5. [飾り枠名の設定] ダイアログ ボックスで、ユーザー設定の飾り枠に名前を付け、[OK] をクリックします。

    注: 画像が大きすぎる (64 KB を超える) 場合、または画像にテキストが含まれている場合は、エラー メッセージが表示されることがあります。その場合は小さい図を選んでください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×